BreezoMeter の高度な花粉予測技術を支えるサイエンス

この記事では、BreezoMeter の花粉モニタリングの背景にあるサイエンスと、多くの医療機関が季節性アレルギー管理ソリューションの開発に BreezoMeter の洞察力を利用している理由について説明します。

季節性アレルギーにかかる高額な費用

花粉症は毎年、健康や経済に大きな影響を与えています。英国では、花粉の多い日が続くと、喘息関連の入院が最大で 46% 増加するという研究結果も出ており、CDC の推計によると、米国における花粉関連の年間医療費は 30億ドル以上に達すると推定しています。

花粉予報をパーソナライズする必要がある理由

毎年の花粉シーズンはますます強くなり、予測が難しくなっています。これは、気候変動の影響もあります。花粉の影響は人それぞれであるため、花粉症患者が花粉を管理する際には、画一的な解決策は有効ではありません。

従来の花粉測定方法は時代遅れ

従来の花粉測定方法は、手作業で時間がかかり、測定結果も遅れがちでした。また、個人が敏感に反応する特定のアレルギー誘因に基づいて、個別に健康リスクを評価することもできません。

パーソナライズされた情報を求める声に応えるために構築した花粉予測アプローチ

BreezoMeter では、花粉監視ステーションのデータだけではなく、ステーションの情報を土地被覆データ、季節要因、衛星画像、気象・気候情報と組み合わせています。そして、複雑な AI と機械学習アルゴリズムを導入し、ハイパーローカルでデータに基づいた花粉に関する洞察を生成します。

この独自のアプローチにより、1km の解像度でハイパーローカルな花粉情報を提供することができ、また、花粉の種類や植物種ごとに分類された詳細なレポートを提供することができます。

詳細については、こちらのガイド (英語) をお読みください。

BreezoMeter が提供する API についてはこちら

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。

記事参照:
© 2021 BreezoMeter
2021 年 9 月 14 日

The Science Behind BreezoMeter’s Advanced Pollen Forecasting Technology