BreezoMeter CEO から新年のご挨拶

2021年も多くの人にとって試練の年となりました。COVID-19 が長引き、記録的な山火事や季節外れの冬の竜巻など、前例のない災害により何千人もの命が奪われました。 

しかし、この様な危機から新しい機会が生まれます。2022年は BreezoMeter にとってより過ごしやすい年になり、より多くの皆さんと直接お会いできるようになること、そして BreezoMeter が現在のような力強い軌道をたどれることを願っています。

2021年の振り返りとこれから

1年を振り返り、その成果と課題を整理し、次の 1年を計画することは重要だと考えています。

2021年を振り返って、2つの重要なことを結論づけました。

  • 健康と気候がすべての人にとって最優先事項である今、すべての消費者体験、すべての製品、すべてのビジネス プロセスが気候を意識したものでなければなりません。BreezoMeter は 「健康」 に焦点をあてた環境インテリジェンスによって、世界中の人々が気候変動に強く、より健康的な市民となれるようにするというビジョンを掲げ、2022年の指針とします。
  • BreezoMeterは、素晴らしいメンバーのお陰で存在しています。Breezo メンバーの一人ひとりが、2021年の事業の成功と成長にそれぞれ貢献し、このチームの示す決意と情熱をこれ以上ないほど誇りに思っています。

BreezoMeter の 2021年のハイライト

BreezoMeterの 2021年のハイライトをご紹介します。皆さんと共有できることを嬉しく思います。

新たな資金、新たな成長

シリーズ C を 3,000万ドルで締めくくり、現在および新規の環境健康予測インサイト製品の強化・開発と成長の加速を可能にしました。2021年を通して、BreezoMeter ファミリーは大きく成長し、米国にも進出しました。

また、有名な元ウェザー カンパニー幹部の Paul Walsh を Head of Growth として正式に任命しました。

新しいパートナーシップと発表

今年は、昨年経験した企業としての成長を示すような、エキサイティングな新しいパートナーシップの取り組みや発表を数多く行いました。

  • ベーリンガーインゲルハイムは BreezoMeter と提携し、患者ケアの向上と製薬会社と医師の関係のデジタル化を支援 – 詳細はこちらをご覧ください。
  • BreezoMeter、Yahoo Weather アプリで世界中の大気質データの提供開始 – 詳細はこちらをご覧ください。
  • 電動自転車メーカーの Cowboy、BreezoMeter と提携。よりクリーンな自転車ルートを提案。 – 詳細はこちらをご覧ください。
  • L’Oréal と BreezoMeter は、気候テックとスキンヘルスの新しいフロンティアを開始 – 詳細はこちらをご覧ください。
  • イスラエルの全国メディア ニュース放送局が、BreezoMeter の新しい 「Weather Metrics」 を生放送に導入 – 詳細はこちらをご覧ください。
  • ボルボ・カーズ、BreezoMeter からの大気汚染情報を使って、車内の空気環境を改善 – 詳細はこちらをご覧ください。

進化する環境インサイト ソリューション スイート

  • 山火事トラッカーを正式にリリースし、主要な企業、政府、個人による、移動する山火事の周辺のリアルタイムでの視覚化 – 詳細はこちらをご覧ください。
  • PM 2.5 のみのヒートマップを追加し、大気質のビジュアライゼーションをさらに発展 – 詳細はこちらをご覧ください。
  • 専用の環境インテリジェンス専用の SaaS プラットフォームを提供し、カスタマイズされた環境通知をユーザーに即座に配信することで、環境データを意味のあるアクションに迅速に変換 – 詳細はこちらをご覧ください。

2022年の計画

これらは、BreezoMeter がこの 1年間に取り組んできたことの一部に過ぎません。BreezoMeter では、これからさらに多くの新製品の発売、機能、パートナーシップの発表をしていきます。

これまでに、世界中の何十億もの人々の健康を改善するという BreezoMeter の使命に参加してくれたすべての人に感謝します。

皆さまの 2022年の目標は何でしょうか?気候を意識し、気候に強くなるための対策を始めませんか?

BreezoMeter が提供する API についてはこちら

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。

記事参照:
© 2022 BreezoMeter
2022 年 1 月 5 日

Happy New Year from BreezoMeter’s CEO