花粉データからわかる 8 つのこと

気候の変化に伴い、花粉の飛散はより強く、より長くなり、アレルギーを持つ方への影響もこれまで以上に大きくなっています。幸いなことに、高度なモデリングとビッグデータによる新しい手法によって、花粉モニタリングが進歩し、花粉追跡の大きな進歩が実現しました。

この記事では、アレルギー関連企業やサービス プロバイダーが、新しい形式の花粉データをどのように活用し、これまでにない方法でサービスを強化し、パーソナライズできるのかを探ってみましょう。

花粉データを定義してみましょう

データの話をする前に、まず「花粉とは何か」について考えてみましょう。

植物は生殖メカニズムの一環として、黄色い小さな粉のような花粉の粒を放出します。花粉の粒は、風によって運ばれたり、昆虫によって拡散されたりします。残念ながら、花粉の粒は非常に小さいため、人間の気道に入り込み、健康に影響を与える可能性があります。季節性アレルギーをお持ちの方は、皮膚に炎症を起こすこともあります。

花粉はどのように測定されているのですか?

従来の花粉モニタリングでは、手動の花粉トラップ (粘着性のあるフィルム片に熱風を吹き付け、空気中に浮遊する花粉の粒を捕集する仕組み) が使用されていました。フィルム片は後で取り外して顕微鏡で検査し、粒を数えてレポートを作成します。

無料の花粉データベースは何を提供していますか?

無料の花粉データベースは、European Pollen Records のようにオンラインである程度は提供されています。ここでは、生物地理学や生態系保全の研究のために、化石や現代の花粉の記録を集めたデータベースを見つけることができます。便利ではありますが、これらの無料の花粉データベースは信頼性の高い、詳細な、またはリアルタイム情報を提供するものではないため、積極的な意思決定を行う場合にはその価値は限定的であると言えます。

従来の花粉モニタリング VS ビッグデータによる花粉レポート

従来の花粉追跡は手作業が非常に多いため、多くの花粉データソースが制限されています。報告にしばしば遅れが生じ、花粉観測所は観測装置の物理的位置に応じてしか報告できないため、対象範囲の点で大きなギャップが存在しています。また、従来の花粉モニタリング手法では、過去の報告しかできないため、変化を予測することが困難です。(従来の花粉追跡法の制限について詳しくはこちら)

BreezoMeter は、手作業による花粉測定にとどまらない、より現代的な花粉測定のアプローチを採用しています。正確でタイムリーな花粉情報を提供するために、観測所情報や地域モデルを超えて、より多くの種類のデータソースを取り込み、高度なモデリングを適用しています。従来の花粉観測所の情報に加え、花粉の飛散状況、植生の土地被覆、気象条件などの情報を重ね、花粉の予測モデルの精度を高めています。

BreezoMeter は、健康に焦点を当てたグローバルな花粉インデックスを使用し、毎日の花粉予報情報と、個々の感性グループにパーソナライズできるロケーションベースのインサイトを提供します。 (詳しくは、花粉モニタリング技術ガイドをご覧ください。)

タイムリーな花粉データの活用例

正確な花粉飛散予測情報を活用することで、アレルギー患者が薬を最適なタイミングで使用したり、屋外での活動に最適な時間や清潔なルートを選択したり、屋内をできるだけ花粉のない状態に保つことができ、アレルギー反応を抑えることができるようになります。アレルギー関連サービスを提供する企業にとっては、パーソナライズされた花粉情報によって、供給管理や需要計画の改善が可能になり、市場分析、消費者動向の把握、マーケティング キャンペーンのメッセージや広告の効果的な運用に活用することができます。

位置情報に基づくインサイト: 1km 毎の正確な花粉飛散数レポート

最新の花粉データは、これまで以上にきめ細かい予測を可能にします。企業は、このダイナミックで高度にローカライズされた花粉情報を活用してパーソナライズ戦略を推進し、特定の地理的位置に基づいて実用的な花粉に関するインサイトを提供することができます。

アラートを配信する組織や企業は、近隣の特定の植物花粉に敏感な人だけに通知するよう選択することができます。このようにターゲティングを改善することで、特定の価値を示し、個人を不必要に混乱させないことで信頼を築くことができます。

花粉の種類は樹木? 雑草? それとも芝?

植物の種類によって花粉の季節は異なり、また植物の種類によって生育する地域環境や地形も異なります。

花粉データを 3 つの植物タイプに分類することで、樹木、雑草、芝の花粉の季節とその影響を受ける地域を一年を通して継続的にカバーすることができます。

特定の植物種に対する感受性のマッピング

花粉の影響は皆同じではありません。同じ花粉の粒でも、アレルギーを持つ人によっては様々な影響を受け、植物の種類によって反応も変わってきます。

BreezoMeter は、オーク、ヘーゼル、エルム、ブタクサなど、15 種類の植物の花粉データを分類しています。空気中の特定の花粉の種を詳細に調べることで、アレルギーのソリューションを提供する企業はユーザーのアレルギーに沿ってマップ化し、最も影響を受ける地域で最も適切な時間に個人の感受性に基づいたインサイトをパーソナライズすることができます。

例えば、アリゾナ州やニューメキシコ州の花粉症患者は、以下の画像ではピーク時となっており、ジュニパーがその地域の最大のアレルゲンであることは明らかです。

2022/3/28 花粉ヒートマップ – 米国アリゾナ/ニューメキシコ地域

パーソナライズされた花粉に関するインサイトと推奨事項

地理的位置情報と個人のアレルギー記録を花粉データと組み合わせて活用することで、企業はアレルギー患者一人ひとりのニーズと環境に応じて、健康に焦点を当てた警告の提案を行うことができます。例えば、特定の花粉が増える前に薬を飲むように警告したり、アレルギーのリスクが低いときに屋外活動を楽しめるように通知したりできます。

グローバルで活躍する製薬会社である ALK は、BreezoMeter の花粉データを使用し、アレルギー対応アプリのエンゲージメントを大幅に向上させました。タイムリーな花粉のインサイトとアプリ内の教育センターでユーザー エンゲージメントを向上させた結果、アプリの解約率を50% 削減することに成功しました。(ケーススタディの全文はこちら)

相関調査のための花粉飛散履歴データ

過去の花粉データの傾向から、特定の地域や時間における花粉飛散指数の変化を、購買パターンや投薬需要などの消費者動向と関連付けることができます。アレルギー企業は、このような発見されたパターンを、需要計画戦略への情報提供や、最も関連性の高い、影響を受けた人々に製品やメッセージを集中させるなど、さまざまな方法で利用することができます。

また、過去の花粉データを患者データと関連付けることで、どのような花粉の種類や気候条件が、最も多くの症状や入院、通院をもたらすかを特定することができます。医療機関は、影響を受けやすい地域の患者に適切なタイミングで個人的なリスクを伝えることで、医師の診察率を下げ、コストを削減することができます。

また、アレルギー治療会社は、パーソナライズされた過去の花粉データを使って、消費者の個々の感受性を明らかにし、新しい治療法や健康法を彼らの特定のニーズに合わせて提案することができます。 (詳しくは、History Plus製品をご覧ください)

花粉データのデイリー予測で、情報に基づいた旅行が可能に

正確な日々の花粉予報を利用することで、アレルギー対応アプリの提供を強化し、ユーザーにより長期的な価値を提供し、健康的な生活習慣を身につけ、休日や旅行、あるいは仕事上の目的で、毎日または毎週の旅行計画を改善することが可能になります。BreezoMeter は現在、世界 65 カ国以上における 5 日間の花粉飛散予測を提供しています。

フィットネスと旅行のパイオニアである AllTrails は、BreezoMeter の花粉データをアプリに統合し、欧米地域の地図上に毎日の花粉予報を表示する新機能を作成することで、ハイキングをより身近なものにしました。

AllTrails アプリの大気質オーバーレイ (参照: alltrails.com)

気候プロキシとしての花粉データ

花粉の生産量は気候に大きく依存し、毎年の花粉成長サイクルに影響を与えています。そこで、長期にわたる詳細かつタイムリーな花粉データは、気候変動の影響を研究するために使用することができます。気候変動と花粉の傾向の関係を長期にわたって調査することで、研究者はインサイトを導き出し、予測モデルにより良い情報を提供することができます。

個人の症状とローカル ソースのマッピング

企業は、花粉のデータと実際に経験した症状を関連付けて個人のリスク指標を作成し、製品の価値を高めるとともに、どの種類の花粉がより悪い反応を引き起こすかについてアレルギー患者を教育することができます。また、花粉のデータから入院のピークを詳細に調査し、地域環境との相関関係から健康状態の傾向を特定することも可能です。

デジタルヘルスと治療法のリーダーである Propeller Health は、喘息と COPD 患者の生活を改善し、入院を 57% 減らし、吸入器の使用を 84% 減らし、無症状日数を増加させています。Propeller Health は、花粉のデータを吸入器アプリに統合し、個人的な誘因に関するインサイトを得ることでこれを実現しています。(ケーススタディの全文はこちら)

花粉症について考えてみませんか?

CDC は、気候変動の影響の拡大により、より多くの人々が花粉による健康被害を受ける可能性があると警告しています。北米だけでも、気候変動により、花粉の季節は数十年前よりおよそ20日長くなり、21% 強くなっています。

新しい研究によると、気温の上昇により、米国の春のアレルギーシーズンはさらに早く始まり、CO2 レベルの上昇により、今世紀中に花粉の排出量は最大 200% 増加する可能性があると予測されています。

花粉のデータやインサイトは、アレルギーの治療や管理業界にとって極めて重要なものとなっており、この分野の企業は、健康におけるパーソナライゼーションの需要に応え、変化し続ける市場において競争力を維持し、メッセージやターゲットを明確にするために利用できます。

BreezoMeter が提供する API についてはこちら

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。

記事参照:
© 2022 BreezoMeter
2022 年 3 月 29 日

8 Amazing Things Pollen Data Can Tell You