PDFTron 2022 年秋リリースのラインナップをご紹介!

PDFTron の 2022 年秋のリリースは、ドキュメント ワークフロー、コンプライアンス、コラボレーションにおける重要な革新的技術を提供する大きなマイルストーンとなります。真のインライン PDF 編集、新しい署名ソリューション、全く新しい BIM 3D ソリューションなど、1 回の投稿ではカバーしきれないほど多くの内容があります。

本記事では、PDFTron プラットフォームへの統合製品アップデートをご紹介します。

2022 年秋のリリースは、PDFTron のコア サービスをさらに革新し、強化しています。WebViewer は、あらゆる Web アプリケーションに高度なドキュメントやデジタル コンテンツの表示、注釈、編集、コラボレーションを追加するための JavaScript SDK で、新しい強化、ソリューション、機能が満載されています。

主な追加機能は以下の通りです。

簡単な操作で編集:

  • デスクトップレベルの PDF 編集を Web アプリケーションで実現
  • 同じ UI で動画と音声トラックの再編集が可能

ワークフローの最適化:

  • 2つの PDF、MS Office、画像ファイルを比較するための新しいモード
  • アノテーションの改善によるレビューと承認の効率化
  • 直感的な署名ウォークスルーなど、カスタム署名のプロセスを円滑化

新しい AEC ソリューション:

  • 近日公開予定: WebViewer BIM 3D

Web アプリでコンテンツをさらに活用する新しい方法

PDFTron の 2022 年秋のリリースでは、WebViewer SDK プラットフォームの強力なコラボレーション基盤を拡張し、PDF、MS Office、画像、動画、HTML、CAD の機能をサポートしています。PDFTron は何百もの変更をプロダクション ビルドに加え、パフォーマンスとセキュリティのために過去数ヶ月にわたって厳格なテストを行いました。UX に磨きをかけるだけでなく、ワークフローを合理化するためにお客様から要望のあった機能を多数追加し、開発者とそのユーザーがより短時間でより多くのことを達成できるよう、それぞれの変更に対応しています。また、既存の機能の信頼性を継続的に向上させ、革新的な商用製品やコスト効率の高いデジタルエンタープライズソリューションを構築するための最も安定した基盤を提供しています。

以下では、編集、ワークフロー、AEC のための最新の大規模でユニークな追加機能をご紹介します。

最高のインブラウザ PDF エディターをさらに強化

今年初めに最先端の PDF エディター エンジンを発表して以来、最新の WebViewer バージョン 8.9 では、UX の大幅な改良を加えています。

新しい JS 機能は、インライン PDF エディター コンポーネントの大幅なアップグレードを意味し、ユーザーは、プロフェッショナルなデスクトップ PDF エディターと同じように、Web アプリケーションを離れることなく、PDF  テキストや画像をシームレスに編集することが可能です。

エディターの改良には、新しいブックマーク機能、新しい目次 (ToC) エディターとクリエイターも含まれています。

新しい PDF エディターのアップデートについては、こちらの記事エディターのデモをご覧ください。

動画と音声トラックのリダリダクションでプライバシーを保護

次に、法律、プライバシー、コンプライアンス、セキュリティなどの理由から、組織がより迅速にリダクションを行えるようにしたいと考えました。そこで、より多くの種類のデジタル コンテンツで再編集プロセスを高速化する機能を統合しました。

WebViewer は、Web アプリケーションのクライアントで動画と音声の両方の再編集を直接提供する唯一のソリューションとなりました。

ユーザーは、フレーム全体、フレーム内の領域、音声トラックの一部を、開発者が使いやすい React UI で簡単に再編集できるようになりました。

さらに、このソリューションはクライアントサイド レンダリングのみで動作するため、開発チームはクライアントサイドのみの処理による他の利点を活用しながら、安全な機能をより迅速にリリースすることができます。

こちらから、音声と動画のリダクションのデモをご覧いただけます。

違いを見抜く – 新しい表示と比較の組み合わせ

WebViewer v8.9 で導入された 2 つの強力な表示モードにより、同じアプリケーション内でのPDF、Office ファイル、画像の比較はより柔軟に行えるようになりました。

新しい横並びモードでは、2 つのドキュメントや画像の任意の組み合わせを簡単に比較することができます。新しいマルチタブ モードでは、1 つの WebViewer で複数のドキュメントを複数のタブで同時に読み込むことができます。

より多くのコンテンツを簡単にレビュー、比較、参照できるようにするための方法をお試しください。

より多くのドキュメントをより短時間で承認

アノテーションやコメントを含むドキュメントのレビューに多くの時間を費やしているお客様の声を、PDFTron ははっきりと受け止めています。v8.9 で追加された機能により、その作業がより簡単になりました。

WebViewer の完全なアノテーション ツールセットには、改良された複数選択オプションと一括アクション、より優れたアノテーション添付、アノテーションのグループ化の新しい方法が含まれています。その結果、チームはアノテーションをよりよく整理し、より少ないクリックであらゆる種類のレビュー関連タスクを実行することができます。

カスタムサインを簡単に

PDFTron は、すでに電子署名とその安全な対応物であるデジタル署名を強力にサポートしています。今月は、組織がカスタム署名ソリューションを社内のワークフローや商用製品に簡単に導入できるよう、さらなる改良を加えました。

電子署名のプロセスをよりスムーズにするために、WebViewer の署名とイニシャルを改良し、その他の変更も加えました。最もエキサイティングなのは、紙のフォームや契約書に貼られた付箋やラベルにヒントを得た署名のウォークスルーです。これは、紙の書類や契約書に貼られている付箋のようなもので、新しい署名のウォークスルーを使えば、より速く署名できるように書類を準備するのが簡単になります。

WebViewer BIM – AEC 業界のプロジェクトを効率化

WebViewer はすでに、2D の PDF、MS Office ファイル、画像、動画、Web サイトでのコラボレーションを容易にしています。そして、新しい WebViewer BIM ソリューションの発売により、ユーザーエクスペリエンスにさらにエキサイティングな新次元を提供します。

新しい WebViewer BIM は今年 10月に発売される予定で、これにより建築、エンジニアリング、建設プロジェクトはより合理化されるでしょう。WebViewer の豊富なマークアップとコメント ツールをサポートする使い慣れた UI で、チームはインタラクティブな 3D 設計で共同作業を行うことができます。保存されたビューポイント (モデルの共有視点) は、設計上の問題解決をスピードアップし、建築情報の検索も簡単になりました。ユーザーは、カスタマイズ可能なオブジェクトのプロパティパネルを訪れることで、膨大なプロジェクトドキュメントを検索せずに、重要なメタデータを見つけることができます。

新しい BIM コラボレーション機能は、AEC 業界のお客様から要望が多く、WebViewer を搭載したアプリケーションに 3D ワークフロー機能を統合することが求められました。

PDFTron は、ドキュメントやデジタル コンテンツの活用方法を変えるというミッションのもと、次のリリースに向けて多くのエキサイティングな追加機能を計画しています。これまでと同様、PDFTron は、開発者、そのユーザー、そして組織が時間を節約できるような、お客様にとって重要な新機能を提供することに専念しています。

本製品に関するご質問、ご不明な点はエクセルソフトまでお気軽にお問い合わせください。

PDFTron 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。

記事参照:
© 2022 PDFTron
Our Biggest Release Yet: Introducing PDFTron’s Fall 2022 Lineup