/n software 社による Red Carpet 2022 Vol. 2 リリースのお知らせ

.NET Async、FIPS Compliance、SSL Toolkit、Delphi FMX など

Red Carpet 年間サブスクリプション 2022 Vol.2

Red Carpet 年間サブスクリプションの最新版は、セキュリティ、パフォーマンス、クロスプラットフォーム開発に焦点を当てた新しいコンポーネントと既存のツールキットの拡張を特徴としています。主な内容は以下の通りです。詳細は Version 2022 Updates ページをご確認ください。

Red Carpet 年間サブスクリプションの詳細はこちらをご覧ください。

IPWorks 2022 のリリース

IPWorks 2022 完全版を全プラットフォームで提供を開始しました。開発用ライブラリの最新版は、パフォーマンスとセキュリティに重点を置いて更新および改善されています。新しい .NET Async バージョン、HTTP/3 のサポート、プラットフォーム間での証明書処理の改善などの機能があります。

より高度なセキュリティが要求される環境向けに、IPWorks SSL ツールキットを再導入しました。IPWorks SSL は、IPWorks コンポーネントのサブセットで、SSL/TLS による安全な通信を実施するためにリファクタリングされています。FIPS 140-2 Compliance は、一部のプラットフォームや環境向けの追加機能です。

Cloud Storage、Cloud Mail、Cloud Keys

OAuth エクスペリエンスは、すべてのクラウド コンポーネントで改善および効率化され、選択するプロバイダーと統合することが容易になりました。クラウド ストレージ コンポーネントはすべて 1 つの Cloud Storage ツールキットに統合され、コンポーネント API はプロバイダー間で標準化されました。秘密鍵や Bring-your-own-key を管理している場合、Cloud Keys は Amazon、Azure、Google での作業を大幅に削減します。

Cloud Mail は、Microsoft 365 サービスのための最新の Microsoft 要件をサポートし、新しい CloudMailer コンポーネントは、「one API, any provider」 設計により、すべての主要プロバイダーでのメッセージングを簡素化します。

EDI Translator

EDI Translator は、IPWorks EDI のサブセットで、Reader、Writer、Validator、Translator コンポーネントのみを必要とするユーザー向けです。X12、EDIFACT、HL7、VDA など、すべてのコンポーネントが 1 つのツールキットに統合されました。すべての規格を 1 つの価格で、そしてロイヤリティフリーの配布権付きで取得できるようになりました。 EDI Translator ツールキットのすべてのコンポーネントは、XML と JSON の処理も改善されています。

SecureBlackbox 2022 のリリース

SecureBlackbox 2022 の最新バージョンでは、Okta、OneLogin、Azure AD、その他の SPID プロバイダーの設定と互換性が大幅に改善された SAML コンポーネントを搭載しています。HTTPClient がアップデートされ、Kerberos と NTLM がサポートされました。SSH、PGP、TLS、DTLS コンポーネントにおいて、ECDSA、RSA/SHA256、およびEdDSA のサポートが追加されました。DCAuth コンポーネントは、柔軟性と証明書の取り扱いを改善するために再設計され、PDF コンポーネントは、PDF ウィジェット フォーマットへのサポートが強化されています。

Delphi FMX Cross-Platform

RAD Studio FireMonkey を使用した Windows、Linux、macOS でのクロスプラットフォーム開発は、すべての Delphi エディションでサポートされています (モバイル対応は近日中を予定)。API は変更されず、従来と同じようにコンポーネントを使用するため、インプレース アップデートとすることができます。

その他のリリース

多くの改良と機能が全面的に追加されました。以下は、このリリースで利用可能な追加アップデートの一部です。

  • TLS 1.3 のフルサポート
  • V3 キーの PPK サポートを更新
  • PGP で最新のキーリング形式をサポート
  • AS2 および SMIME が AES-GCM をサポートするように更新
  • インストール時の操作性を向上

2020 と 2022 バージョンの違い

すべてのツールキットがバージョン 2022 に更新されました。特定のツールキットのバージョンの違いを確認するには、Version 2022 Updates ページの API Changes セクションを参照してください。

Red Carpet の最新情報は、こちらのリリース ノートをご覧ください。
その他 /n software 社の製品の詳細は、こちら をご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする