エンタープライズ・メディア・アプリケーションの開発を支援

インテル®
Media Server Studio 2017

インテル® Media Server Studio は、インテル® Xeon® プロセッサーとインテル® Core™ プロセッサー向けエンタープライズ・メディア・ソリューションを開発、デバッグ、展開するためのライブラリーと分析ツールを提供します。

エンコーダーやデコーダー、そしてリアルタイム・ストリーミング、テレビ会議、ビデオ解析のためのトランスコーダーのような Linux および Windows オペレーティング・システム向けの最適化されたメディア・アプリケーションを迅速かつ容易に開発できます。

関連情報
[お知らせ一覧]

ハイパフォーマンスで高品質なエンタープライズ・ グレードの メディア・ソリューション開発を支援

ソフトウェア・ベースのメディア・ソリューションの開発サイクルを合理化し、パフォーマンスと品質の向上、コストの軽減、最新のフォーマットと配布インフラストラクチャーへの対応を支援します。

インターネット・トラフィックにおいてビデオが急増する中、ビデオ・ソリューション・プロバイダーは、高品質なトランスコードによりインフラストラクチャーとサポートのコストを軽減する必要性に迫られています。競争力を保ちつつ、顧客のコンテンツ要求を満たすには、HEVC/4K 超高解像度 (UHD) への対応が不可欠です。

インテル® Media Server Studio と最新のインテル® プロセッサーを利用することで、市販のサーバーでメディア処理ソリューションおよびアプリケーションを高速化できます。インテルベースのシステムは、カスタム・ハードウェア・アーキテクチャーよりもハイパフォーマンスかつ低コストで、進化し続ける標準規格に簡単に適合できます。

詳細・新機能 技術情報

製品紹介資料

製品概要、新機能、各エディションの違いやコンポーネント、パフォーマンス、お客様の声などをご紹介しています。

PDF

ライセンス

特定ユーザーライセンスのみ提供されています。
ライセンス規定の詳細はライセンスページを参照ください。

特定ユーザーライセンス

特定の一個人に製品を使用する許可を与えます。

ライセンス詳細

エディション

お客様の用途に応じて、3 種類の製品からお選びいただけます。

  • 無料版として、Community Edition が提供されています。
    機能面は Essentials Edition と同等ですが、インテル® プレミアサポートは利用できません。
    ダウンロードはこちらから可能です。

Essentials Edition

最適化された組込み/データセンター向けメディア・ソリューションの開発に向いています。

Professional Edition

HEVC および4K/UHD への迅速な移行、パフォーマンス・ボトルネックの特定など、より高度なソリューションの開発に向いています。

Professional Edition Unlimited

Professional Edition の機能に加え、ソケット数、再配布数の制限がありません。

製品一覧

製品 エディション ライセンス
インテル® Media Server Studio Essentials Edition
Professional Edition
Professional Edition Unlimited
  • 特: 特定ユーザーライセンス

バージョン 2017 新機能

主に以下の変更・機能が追加されました。
詳細は、リリースノートおよびインテル社公開の情報を参照ください。

  • インテル® Xeon® プロセッサー E3-1200/E3-1500 v5 製品ファミリーをサポート

  • 第 6 世代インテル® Core™ プロセッサーをサポート

  • CentOS * 7.2 をサポート

  • インテル® Media SDK 新機能

    • ハードウェアアクセラレーション HEVCデコード/エンコード、MJPEGエンコード
    • ハングアップした GPU のレポート/リカバリー
  • インテル® SDK for OpenCL™ Applications の OpenCL™ 2.0 API のサポート

  • GPU メディア・アプリケーションの解析機能 (Professional Edition のみ)

インテル® Media Server Studio

Essentials
Edition
Professional
Edition
Professional
Edition
Unlimited
Linux および Windows Server 向けインテル® Media SDK
グラフィック・ドライバー
コードサンプル
インテル® SDK for OpenCL™ Applications
メトリックモニター (Linux のみ)
HEVC デコーダー、エンコーダー (ソフトウェア & CPU アクセラレーション)
オーディオデコーダー、エンコーダー
Video Quality Caliper (ビデオ品質測定ツール)
インテル® VTune™ Amplifier XE
パフォーマンス分析ツール
プレミアム・テレシネ・インターレース・リザーバー
ライセンス形態 特定ユーザーライセンス 特定ユーザーライセンス

制限事項:
HEVC エンコーダーでは 40 ソケットまで。
開発ソフトウェアの再配布数の制限あり。

特定ユーザーライセンス

HEVC エンコーダーのソケット制限なし。
開発ソフトウェアの再配布数の制限なし。

» 一覧を別ウィンドウで表示

概要

Linux* および Windows Server® 向け ソフトウェア開発キット(SDK) とメディア/グラフィック・ドライバーを提供する、基本エディションです。

以下のような特長があります。

  • クロスプラットフォーム・サポート

    • 単一の SDK で、Linux と Windows の両方に対応
    • SDK はインテル® グラフィックスと CPU の両方に対して利用可能 - 高密度なインテル® Xeon® プロセッサー上で容易に展開可能
  • サーバーのリソースを最大化

    • SDK の API を使用して、インテル® Iris™ Pro またはインテル® HD グラフィックスのハードウェア・アクセラレーション機能を最大限に活用
    • API を使用することでメディア・アプリケーションの開発が容易になるほか、全体的なパフォーマンスの向上を実現

さらに向上したパフォーマンス

インテル® Media Server Studio は高密度・高品質・高速度のビデオ処理ソリューション開発を支援します。 新バージョンでは、インテル® Xeon® プロセッサー Ed-1500 v5 上で、1080p 30 FPS で 18 AVC ストリーム、8 HEVC ストリームまでのハードウェア・アクセラレーションのエンコード/デコードが可能です。3840 x 2160 30 FPS の場合は、2 HEVC ストリームが可能です。

基本構成
  1. Number of real time threads transcoded simultaneously: 18 on both E3-1285Lv4 and E3-1585Lv5 using 1080p30 20Mbps streams and Intel MediaSDK (Target Usage 7). Note: for AVC, performance is the same as E3-1285v4 - Benchmark platform configuration: Processor: Intel® Xeon® processor E3-1585Lv5 @ 3.0GHz, Ring @ 3.0GHz and GT @1.15GHz; primary BIOS Version: SKLSE2R1.R00.B104.B01.1511110114; driver: 20.19.15.4377. platform: RVP11 halo fab 2; OS: Windows* 8.1x64 Enterprise, 16 GB memory, 2 DIMMS 2133 MHz, one socket, four cores, Intel®Iris™ Pro Graphics P580, Intel® Hyper-threading Technology enabled, Intel® Virtualization technology enabled.
  2. Rack density based on the HP Moonshot with 45 cartridges. Each cartridge contains 1 Intel® Xeon® E3-1585L v5 for a total of 45 E3-1500 v5 processors per 4.3U chassis. Assuming 2U for top of rack switches, 9 4.3U chassis could fit in each rack, giving 9*45=405 sockets in a 42u rack. E3-1585Lv5 AVC streams=405*18=7290, E3-1585Lv5 HEVC streams=405*2=810

インテル® Media SDK

高速なビデオ再生、エンコード、および処理を可能とする、Linux* および Windows Server* 向け SDK です。

インテル® HD グラフィックス、インテル® Iris™ グラフィックスおよび Iris™ Pro グラフィックスを搭載するインテル® プロセッサー上で、インテル® クイック・シンク・ビデオ・テクノロジーを使用してデコードとエンコードをハードウェアでアクセラレートします。

詳細 (iSUS)

コードサンプル

“サンプル” アプリケーションは、インテル® Media Server Studio で提供されるメディアの概念、新しいおよび重要な機能を紹介するコード例です。

“チュートリアル” アプリケーションは、基本的なメディア機能を紹介する初心者向けの簡単なコード例を提供します。

コードサンプルは、Intel 社の Web から入手可能です。

詳細 (英語)

インテル® SDK for OpenCL™ Applications

OpenCL* (Open Computing Language) は、ヘテロジニアス・システムでの汎用並列プログラミング向けのオープン標準として開発されたフレームワークです。OpenCL* は、CPU、GPU、およびそのほかの並列プロセッサーやアクセラレーター上で、アプリケーションの速度と応答性を向上するため、完全にオープンでロイヤリティー・フリーのソリューションを提供します。開発者は、OpenCL* テクノロジーを使用してクライアント・システム、ハイパフォーマンス・サーバー、およびハンドヘルド・デバイス向けのコードを記述できます。

インテル® SDK for OpenCL™ Applications は、Windows*、Linux* および Android* 向けのコードをビルド、解析そしてデバッグするためのツールを含みます。

詳細 (iSUS)

メトリックモニター (Linux のみ)

GPU の負荷メトリックスだけでなく、GPU 内部のハードウェア・アクセラレーターと実行ユニットの利用統計情報を可視化できます。

概要

HEVC および4K/UHD への迅速な移行、パフォーマンス・ボトルネックの特定など、より高度なソリューションの開発に向いています。

Essentials Edition の機能に加えて、エンタープライズ品質の HEVC およびオーディオコーデック、エキスパート・グレードのパフォーマンスおよび品質アナライザー (インテル® VTune™ Amplifier XE、Video Quality Caliper)、オーディオコーデック、プレミアム・テレシネ・インターレース・リザーバー (PTIR)などが含まれます。

サーバー・ソフトウェアは "ビルド" したら終わりではない

メディア・ソフトウェア開発は、ライブラリーをリンクして「ビルド」するだけではないことをインテルは良く理解しています。ビジュアルの品質とパフォーマンスは、コンテンツを作成する際に重要であり、インテル® VTune™ Amplifier のようなツールは、モニターに不可欠であり、パフォーマンスと時にやりがいのあるハードウェアとソフトウェア間のパイプラインのオーバーラップのような取り組みを提唱します。

エンタープライズ品質のビデオコーデックとデータセンターや
組込み用途の処理ツール

Professional Edition のビデオエンコーダーは、さまざまな使用モデルで高品質を提供できるように、500 時間を超える品質テストを行っています。6 万項目以上の品質テストは、インテルの AVC、MPEG-2、そしてビデオ前処理と後処理フィルターによって提供される多くの制御で必要とされます。

図は、インテル® Media Server Studio 2017 Professional Edition とバージョン 2016 の比較で、HEVC エンコーダーが 25% パフォーマンス向上していることを示します。トランスコーディング・ソリューション・プロバイダーは、ブロードキャスト品質でリアルタイム 4K HEVC エンコードを達成することが可能です。インテル® Xeon® E5 プロセッサー上でリアルタイム 4K30 エンコードが可能であることに加え、最新バージョンでは前世代のインテル® Core™ i7、インテル® Xeon® E3 プラットフォーム上でのリアルタイム 1080p60 エンコードも可能です (基本構成も参照ください)。4:2:0、 8 ビット 1080p コンテンツの HEVC ソフトウェア/GPU アクセラレーション・エンコードの品質とパフォーマンスの相関。品質データは、ISO HM14 ("0 %") ベースラインで、Y-PSNR BDRATE 曲線を用いて計算。パフォーマンスは低ビットレート (平均 3.8Mbps) から高ビットレート (平均 25 Mbps) までの 4 つのビットレートの平均から算出。詳細な情報は Enabling HEVC whitepaper (PDF、英語)を参照ください。

**基本構成: Microsoft® Windows Server® 2012 R2 上で動作するインテル® Media Server Studio 2017 R1 vs. 2016 R1。インテル® Core-i7 5850HQ (47W, 4C,2.7GHz, Intel® Iris™ Pro グラフィックス 6200) ベースのカスタマー・リファレンス・プラットフォーム (CRP)。16GB (4x4GB DDR3-1600MHz UDIMM)、ターボブーストおよび HT 有効。出典: 2016 年 8 月、インテル社内での計測。

サーバー・プラットフォームのリソースを最大限に活用

Professional Edition は、同時に複数のストリームを処理するのに優れています。ビルトインのスケジューラーと非同期パイプラインは、ボトルネックを回避し、CPU とインテル® グラフィックスをフルに活用することを可能にします。予測ビットレート制御モードはエンコード品質を最適化し、テレビ会議用のエンコーダー拡張はクラウドゲームとテレビ会議のワークロードにおいて数ミリ秒の短縮を実現できるように支援します。

デコーダー、エンコーダー

  • HEVC デコーダー
    H.265 (HEVC)、H.264 (AVC)、MPEG-2、VC- 1、MVC、MJPEG 向けのデコーダーを同梱します。
  • HEVC エンコーダー
    H.265 (HEVC)、H.264 (AVC)、MPEG-2、MVC (Windows Server* のみ)、MJPEG (ソフトウェア) 向けのエンコーダーを同梱します。
  • オーディオデコーダー、エンコーダー
    AAC LC、HE AAC V1 デコード AAC LTP、AAC PS、HE-AAC V2、MPEG-Audio (MP3 を含む) 向けのデコーダーおよびエンコーダーを同梱します。

Video Quality Caliper (ビデオ品質測定ツール)

エンコード、デコードされたビデオストリームの品質をシーケンスレベルでチェックするビデオ品質測定ツールです。

このツールは、対話型のグラフィカル・インターフェイスによって主観的な調査を行う機能に加え、PSNR や SSIM のような客観的なメトリックスを提供します。

インテル® VTune™ Amplifier

インテル® VTune™ Amplifier は開発者向けのパフォーマンス/スレッド・プロファイラーです。

CPU および GPU コンカレンシー解析、ハードウェア・メトリックによる GPU 使用状況解析、GPU アーキテクチャー・ダイアグラムなどを利用して、開発者は簡単にOpenCL* およびインテル® Media SDK により最適化されたアプリケーションのグラフィックス・プロセッサーの使用状況を理解することができます。

詳細

プレミアム・テレシネ・インターレース・リザーバー (PTIR)

最先端のコンバーターであり、テレシネ処理および冗長性と加工物を排除することで、インターレース・ビデオをプログレッシブ形式に変換します。

テレシネ化されたコンテンツを検出してテレシネパターンを反転させ、インターレースされたコンテンツの高品質なデインターレースを行い、その結果効果的にプログレッシブ形式のビデオに圧縮するような処理を自動的に行います。

PTIR は、Professional Edition へのプラグインとして実装されます。

概要

Professional Edition の機能に加え、HEVC エンコーダーでのソケット数やインテル® Media Server Studio で開発したソフトウェアの配布数が無制限となっています。

比較表

Professional Edition Professional Edition Unlimited
HEVC エンコーダーでのソケット数 最大 40 無制限
開発したソフトウェアの再配布数 最大 100 無制限
製品紹介 (NAB Show 2016 in ラスベガス)

製品セミナーや関連イベントをご紹介。

お客様から寄せられたご意見・ご感想をご紹介。

米インテル社の製品情報を日本語に翻訳して公開中。

デコードプロセス全体の視覚的な調査、統計の取得、デバッグなどを行うことができる、HEVC、VP9、AVC、MPEG-2 ビデオコーデック向けの高度なビデオ解析ツール

HEVC / VP9 / AVS 2.0 デコーダー、トランスコーダー、プレーヤー、ストリーミング・ソリューションを利用するエンタープライズ・グレードのメディア製品の検証およびデバッグを行うことができるツール

ハードウェア要件
  • インテル® Xeon® プロセッサー E3-1200 v4 製品ファミリー
    (インテル® C226 チップセット)
  • インテル® Xeon® プロセッサー E3-1200/E3-1500 v5 製品ファミリー
    (インテル® C236 チップセット)
  • 第 5 世代インテル® Core™ プロセッサー
  • 第 6 世代インテル® Core™ プロセッサー

インテル® Xeon® プロセッサー E5 v4/v5 ファミリーでは、HEVC デコード/エンコード (ソフトウェアのみ (CPU) サポート)、特定のビデオ前処理 (CSC、スケーリング、DI)、仮想化 (KVM, Xen*) を利用できます。

オペレーティング・システム
  • Linux

    • CentOS* 7.2

      CentOS* が推奨 Linux* OS です。サポートされるバージョンとカーネルは、リリースごとに異なります。各リリースでサポートされるカーネルは、リリースノートを参照してください。

    • 汎用 OS モデルのその他の Linux* ディストリビューション (インテル® Media Server Studio は、一般にこれらの OS で動作しますが、 Gold OS 以外ではサ ポートが提供されません)
  • Windows®
    • Microsoft® Windows Server® 2012 および 2012 R2
    • Windows® 8 64 ビット (開発のみ)
OEM/ODM プラットフォーム
  • インテル® Visual Compute Accelerator
  • HPE ProLiant* m710p/m710x Server Cartridges
  • Super Micro* マイクロサーバー 1U またはミニタワー MBD/System (X11SSV-M4F/M4)
  • Kontron SYMKLOUD* MS2900 Media
  • Artesyn* SharpStreamer*
  • Adlink* MCS-2080 メディア・クラウド・サーバー
  • ASRock* Rack C236 WSI4
言語
  • C++
  • OpenCL* 1.2 以上
  • 最新の情報は、製品または評価版に同梱されているリリースノートを参照ください。

お知らせ

2016年 9月 2日、インテル ® Media Server Studio Essentials Edition のバージョン 2017 を販売開始しました。
過去に製品をご購入いただき、現在有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、最新バージョンを無償でダウンロードしてご利用いただけます。旧バージョンも引き続きご利用いただけます。

インテル® Media Server Studio 2017 Professional Edition リリースのお知らせ
2016年 11月 4日、インテル® Media Server Studio 2017 の Essentials Edition に続き、 リリースが延期されていた Professional Edition / Professional Edition Unlimited のバージョン 2017 がリリースされました。

2016年 2月 19日、インテル ® Media Server Studio のバージョン 2016 を販売開始しました。

FAQ

本製品のフローティング・ライセンスおよびアカデミック製品は、インテル社が取り扱っておりません。
商用版の特定ユーザーライセンスをお買い求めください。

インテル社の方針により、インテル® Media Server Studio Community Edition、インテル® Media SDK Audio Pack には年間の技術サポート サービスは含まれておりません。

お問い合わせはインテル社のサポートフォーラムをご利用ください。

インテル® レジストレーション・センターで操作します。
操作手順やよくあるご質問、トラブルシューティングは、インテル® レジストレーション・センター操作マニュアルを参照ください。

»マニュアルはこちらから

インテル® レジストレーション・センターで操作します。
操作手順やよくあるご質問、トラブルシューティングは、インテル® レジストレーション・センター操作マニュアルを参照ください。

»マニュアルはこちらから

購入

技術情報

サポート