エクセルソフト 30年のあゆみ

エクセルソフト30年のあゆみ

1987年に米国カリフォルニア州にて弊社の前身である XLsoft International を設立してから、様々なソフトウェアの販売を行ってきました。

この30年を振り返る意味も込めて、創立から現在に至るまでの特徴的な出来事をご紹介いたします。

≫ 30周年記念サイトはこちら

米国アーバインについてご存知ですか???

XLsoft Corporation のオフィスは、米国カリフォルニア州オレンジ郡アーバイン市 (Irvine) にあります。

さて、みなさんアーバインという場所はご存知でしょうか。ロサンゼルスから車で 40 分程、南東に走ったところにある、南カリフォルニアの中堅都市です。

全米で最も安全な都市に何度かランクインしたこともあり、治安が良く、緑豊かでとてもきれいに整備された都市です。人気海外ドラマ「The O.C.」の舞台の高級住宅街であるニューポート・ビーチにも近く、少し車で走れば、海もあり、山もありのとても良いところです。

ハイテク企業も集まっており、「第二のシリコンバレー」とも呼ばれているそうです。タコベルや In-N-Out Burger の本社もあるんですよ。ロサンゼルスからのアクセスが良いこともあり、日系企業も多く進出しており、JBA と JETRO による『南カリフォルニア日系企業実態調査 2014』によると、アーバインには日系企業が 54 社 あるそうです。

今は発展しているアーバイン市ですが、XLsoft International が設立された 1987 年は、まだところどころにオレンジ畑が広がるのどかな土地でした。この 30年の間に、アーバインの発展と共に、XLsoft も発展してまいりました!!

CEO は全米柔道選手権チャンピオン!

XLsoft Corporation の CEO の渡辺は、「1968 年全米柔道選手権」優勝という異色の経歴の持ち主です。

大学卒業式の前日に、単身でサンフランシスコに渡米。渡米後すぐに、サクラメントで開催された全米柔道選手権に参加し、並み居る強豪を倒し、優勝を勝ち取りました。

現役時代には、なんとあの新日本プロレスのヒール役で有名な “バッドニュース・アレン” とも戦い、勝利をおさめたことも!

優勝後は、サンフランシスコ市内に道場を開き、たくさんの教え子を育成しました。またサンフランシスコ警察や大学などでも柔道を教えていました。

そんな CEO の影響か、弊社では余暇の時間でスポーツにのめりこむ社員の姿がみられます。

1987年: XLsoft 誕生!

弊社 CEO 渡辺は全米柔道選手権チャンピオンのタイトルを獲得後、自身の道場で教え子を育成するかたわら、サンフランシスコ市立大学に入学し、英語とプログラミングをみっちり学びました。

卒業後はプログラマーとして現地の会社に就職。PC で動作する最初の本格的英語ワープロ WordStar の開発、様々な PC への移植、日本語化にも携わりました。

そこで培ったソフトウェア開発に関する知識、良いソフトウェアを見つける眼を糧に、40 歳で念願の独立!

抜群の気候、治安も良く緑にあふれたパーフェクトな環境であるカリフォルニア州オレンジ郡アーバイン市を永住の地として選び、1987 年、XLsoft を設立しました。

上記の写真は現在の XLsoft オフィスの外観です。

1988年: NEC PC-98 シリーズの米国での拡販に貢献

パーソナル・コンピューターのベストセラー製品として人気を誇った「NEC PC-98 シリーズ」を覚えていらっしゃいますか?

XLsoft では設立後、なんと本製品のテクニカル・マニュアルの英訳の仕事を受注!

当時はまだマニュアル類も紙媒体での配布が当たり前の時代で、数百ページと量も多く、図の処理に苦労したのが、今では懐かしい思い出です。その後、米国の企業や開発者向けセミナーを実施。米国での普及に貢献できたと自負しています。

なお、初代「PC-9801」は社団法人情報処理学会から、2008年度(第1回)「情報処理技術遺産」の一つに認定されているそうです。

PC-9801はPC-9800シリーズの初代機であり,1982年10月に日本電気(NEC)が発表した卓上型16ビットパソコンである.

PC-9801は,独立系ソフト会社(ISV)に開発マシンや技術資料を提供することで販売開始初期に各種アプリケーションが揃ったことなどにより,ビジネス市場を中心に広く受け入れられ,ISV,独立系周辺機器会社(IHV),出版社,ソフト流通業,販売店,システムハウスなどパソコン産業というべき産業構造の形成に大きく寄与し,98文化の基礎を築いた.

IPSJ コンピュータ博物館 – PC-9801

1991年: 最初に日本語化したソフトウェアは「RFFlow」

Windows 3.0 登場後、Windows 用の優れた開発ツールのニーズが高まっていたこともあり、RFF Electronics 社の RFFlow という Windows 用フローチャート描画ソフトを日本語化し、1991年に販売を開始しました。

本製品は人気製品となり、もちろん現在でも販売を続けております!
» チャート描画ツール RFFlow 日本語版

なお、RFF Electronics 社の本社所在地はコロラド州のラブランド。ラブランドは、マラソンのオリンピック選手などが高地トレーニングする場所として有名なボルダ―から、北に車で 20 分程のところに位置し、ロッキー山脈にも近く、自然に囲まれた町です。町のニックネームは、 “Sweetheart City (スイートハート シティ)” 。かわいらしいですね!

1991年: 日本でエクセルソフト株式会社設立!

1991年、海外ソフトウェアとしての日本販売元としてのビジネスが軌道に乗ってきた中、日本における製品の販売とサポートを強化するために東京にエクセルソフト株式会社を設立!

設立後は、海外のソフトウェア販売元との代理店契約や日本語化を米国の XLsoft で、日本市場での販売およびサポートをエクセルソフト株式会社で、という体制を取っています。

そして現在、エクセルソフトがある東京都港区三田のオフィスでは、インテル® ソフトウェア開発製品をはじめとして様々な製品のセミナーを毎月実施しています。

都営浅草線 泉岳寺駅から徒歩 3 分便利なロケーションです。
ぜひご参加をお待ちしております♪
» 開催予定のセミナー一覧はこちら


・・・つづく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする