API Gateway の Kong が Yahoo! Japan のミドルウェアに採用

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

少し前になりますが、Kong のちゃんと記事になった事例がありますので、ご紹介します。

ヤフーの、データフォレスト構想に向けたミドルウェア活用戦略とは (1/2):メッセージキュー、APIゲートウェイ、FaaS - @IT

KongはAPIアクセスを集中的に受け付け、これを適切なAPIエンドポイントへルーティングする役割を担う。同時に認証・認可機能を提供。このためAPIエンドポイント側では、個々に認証機能を実装する必要がない。

とのこと。これは Kong のような API Gateway を採用する大きな一因になります。API 開発者にはサービスの価値を生む API を開発してほしいのであって、各マイクロサービス側でそれぞれ認証機能を実装してもらうのはもったいない。ということです。

気になった方は

弊社 Kong ページ をご覧ください。

Kong は OSS で開発されており、GitHub のページ は 17,000 以上の Star があります。この OSS 版は CE(Community Edition)として こちら からダウンロードが可能です。

Kong 社のクイックスタートをやってみた日本語ドキュメント Kong ハンズオンドキュメント もありますので、是非触ってみてください。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする