ソースコードを解析する賢いプログラミング エディター

C/C++、C#、Java、Objective-C などのプログラム言語を解析できるプログラム コード
エディター/ブラウザーである Source Insight の新バージョン、Source Insight 4.0 の
販売を開始しました。Source Insight 4.0 は、編集作業中にプログラムを解析して、参照ツリー、クラス階層、コール ツリーを表示できるので、既存のソースコードを理解することが容易になります。

Source Insight 4.0 の新機能

  • Unicode サポート。
  • C/C++、 C#、 Java、 およびその他の言語の言語解析の強化。
  • Objective-C、 Python、 PHP、 XML、 および JSON ファイルをビルトインでサポート。
  • .NET アセンブリ、Java JAR ファイル、Include ファイルなどの外部ソースからシンボルをインポート。
  • 位置と外観を制御できる折りたたみ可能なコード ブロック。
  • ファイルとディレクトリの比較 (差分)。
  • C/C++ および C# などの中括弧の言語で動作する コード ビューティファイア (整形)。
  • 通常のスクロールバーにように位置を示すだけでなく、ファイルの鳥瞰図を提供する新しい概要スクローラー。 現在の関数の境界を表示し、長い関数内での位置を確認可能。
  • プロジェクト ソースを HTML サイトにエクスポート可能。
  • その他多数の改良。

        

(左:折りたたみ可能なコード ブロック / 右:概要スクローラー)

動作環境

OS Windows Vista、7、8/8.1、10
Windows Server 2008、2012

製品の詳細はこちらのページからご覧ください。