Kong Enterprise 0.34 リリース!

多くの新機能と改良を追加した Kong Enterprise の最新バージョン Kong Enterprise 0.34 がリリースされました。また、ユーザー エクスペリエンスを向上する修正も含まれています。

以下、本リリースの主な新機能を紹介します。これから Kong Enterprise を始める人、既に導入済みの人にも興味深い内容となっていると思います。詳細は、Kong の changelog をご覧ください。Happy Konging!

主な新機能

Kong Manager

Kong Enterprise には、チームやサービスを管理する UI を大幅に改良した Kong Manager が追加されました。0.34 の Kong Manager には、以下の機能が含まれています:
  • 新しいナビゲーション システムで、ワークスペース間の移動やワークスペース内のセクション間の移動を簡素化
  • Super Admin コントロールを拡張し、すべてのワークスペース間または個々のレベルで、ワークスペースを作成、ユーザーを割り当て、グローバルな権限を割り当て
  • Swagger ファイルで Kong Enterprise を自動設定
  • デフォルトで Vitals を拡張し、ワークスペースごと、またはグローバルで利用可能
  • Eagle-eye ビューで、一目でワークスペースごとのサービス ボリュームやクラスター間のヘルス データを確認
  • Vitals を一般的なサード パーティ ツール、Prometheus、StatsD、InfluxDB などに拡張可能

Workspaces

Kong Manager には、チーム間で Kong Enterprise の実装を管理できる Workspaces 機能が追加されました。以下、主な機能です:
  • 各ワークスペースでデフォルトのルールを作成したり、必要に応じてカスタムのルールを作成してチーム管理を簡素化
  • 簡単にワークスペースに新しいユーザーを作成、割り当てができ、必要に応じて色やイメージでブランディングも可能
  • サービス、プラグイン、消費量を管理し、さらに特定の仕様に応じた管理も可能
  • Enhanced RBAC を使用して、チームのアクセスを制限したり、必要な機能のみの参照に制限可能
  • ワークスペース独自の管理者を指定し、ガバナンスを管理し、一方でシングル管理者によるボトルネックを回避

開発者ポータル

Kong 開発者ポータルと Kong Manager の統合をより強化し、各ワークスペースに対して個別の開発者ポータルを作成し、シングル ペインのグラスで開発者を管理できるようになりました。以下、主な機能です:
  • 各チームに対して、開発者ポータルを簡単に作成し、ワークスペースで管理可能
  • Kong Manager のインターフェイスから特定の開発者ポータル内でサービスの可視化を制限
  • Kong Manager 内からさまざまな開発者ポータルの実装の違いをコントロール (enable/disable、auth など)
  • Global Search を使用して、開発者は、より簡単に、サービス間、特定の開発者ポータル内で検索が可能

その他、重要な新機能

  • Forward Proxy プラグイン用に HTTPS をサポート
  • ヘルス チェック用に HTTPS をサポート
  • Admin API Audit Log を利用可能
  • Request Termination プラグインを改良
  • ログ プラグインで、リクエストに関するワークスペースの情報を記録
  • API Endpoint で、OAPI 仕様で Routes/Services を自動設定

記事参照:
© Kong Inc. 2018

2018 年 12 月 10 日
Kong Enterprise 0.34 Released!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする