開発用の Realm Object Server を立てるには

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

以前 Realm Object Server 1.x のころにインストール用のエントリーを書きましたが、2019年1月現在、Realm Object Server は 3.x になっています。

ROS の無料版はなくなり、1か月の評価版をご利用いただけます。

Realm Object Server はローカルのデータベースを自動的に同期する仕組みを提供するサーバーアプリです。詳しくは 弊社製品ページ をご覧ください。

今回は Docker で評価版を使ってみたいと思います。

評価版申し込み

評価のお申込みは以下にメールアドレスを入力してください。

Get Realm Self Hosted Standard Plan 30-day trial

以下のようなメールが届き、featureToken を入手できます。

インストール

Docker でのインストールドキュメントは以下を参考にしてください。

Install for Development - Server

(最初は Docker に Ubuntu 立てて、ROS をインストールしてライセンスキーを書き換えるスクリプトを作ろうとしていたら Docker のイメージを見つけたのは内緒ですw)

上記ページに記載されている起動スクリプトを実行すると、

info: [auth] Autocreated admin user: realm-admin
info: Realm Object Server has started and is listening on http://0.0.0.0:9080

というようなログが表示され起動されたことがわかります。

が、「control + c」で中断すると、--rm オプションが付いているため docker container ls -a してもいなくなっちゃってますし、ポートが転送されていないのでアクセスもできません。そのため、初回起動時から次のコマンドで実行しましょう。[FEATURE_TOKEN] は先ほど入手したトークンで置き換えてください。

docker pull realm/realm-object-server
##make sure to input your own feature token 
docker run -it --name ros -p 9080:9080 -e SYNC_WORKER_FEATURE_TOKEN="[FEATURE_TOKEN]" realm/realm-object-server

--name ros がコンテナ名を付けるオプションで -p 9080:9080 がポート転送のオプションです。

実行されたら Realm Studio でアクセスできるか確認してみます。

ログイン

Realm Object Server 用のクライアントです。まだお持ちでない方は、こちら からダウンロード、インストールをおこなってください。

起動して、「Connect to Server」をクリックします。

「http://localhost:9080/」のまま、「Connect」をクリックします。

ログインできれば Docker の ros は問題なく動いています。

Realm Studio の使い方は以前書いた Realm Studio について | エクセルソフト ブログ をご覧ください。少しバージョンが古いですが、基本は同じです。

Docker なので、Windows でも動きますよ!

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする