ヘルスケア (医療) 業界で利用されているバーコード

バーコードを考えるとき、ヘルスケア (医療) 業界での利用はすぐには思い浮かびません。 しかし、バーコードが患者の経験のあらゆる面で使用されていることをご存知ですか? 患者が診察室に入ってから薬局で薬を受け取るまで、医療従事者はバーコードを使用して患者の医療情報をすべて追跡します。

患者の安全性と識別

Healthcare Innovation (ヘルスケアの革新) によると、バーコード技術は患者を安全に保つために欠くことのできない部分です。 バーコードは入院プロセスを合理化し、投薬を追跡し、そして病院に滞在中ずっと患者を識別するのを助けます。 バーコードのリストバンドは、入院時に作成されることが多く、ニーズに基づいて患者の記録を継続的に更新するために使用されます。

このようにして、看護師はバーコードをスキャンするとき、彼らは必要とされる患者の医療記録、薬、および検体サンプルを見ます。 バーコードはまた、看護師がリストバンドをスキャンして薬が投与されたときに医療記録を自動的に更新し、投与量と受領時刻を報告するのに役立ちます。

バーコードには、医療分野でさまざまな使用例があります。 患者の医療記録を閲覧したり、以前の医師のメモを読んだり、投薬情報にアクセスしたりするかどうかにかかわらず、バーコードは患者の特定や介護に役立つのと同じように医師と看護師を支援します。

バーコード投薬管理(BCMA、Barcode Medication Administration)

BCMA は医療機関で処方薬の在庫管理に使用されています。 主にヒューマンエラーを回避するために設置されているバーコードは、医療スタッフが正しい患者に適切なタイミングで適切な薬を投与していることを確認するのに役立ちます。

病院内の薬もこのシステムの下でユニークなバーコードでラベル付けされています。 病院の治療を受けている患者に処方薬が処方されると、その患者のバーコードがスキャンされ、処方箋の付いた医療記録が病院の薬局に電子的に配信されます。

そこから、薬局はバーコードをスキャンし、患者の医療記録から処方箋を入手します。 それは彼らが看護師による投与のために患者のフロアにそれを送る前に彼らが薬の種類、強さ、そして投薬量を知ることを可能にします。

在庫管理

バーコードは患者を安全に保ち、彼らの投薬記録を追跡するだけでなく、スタッフが在庫を管理するのにも役立ちます。 病院が毎日何億円もの医療用品を管理していることは当然のことで、在庫管理は大変なプロセスになっています。

Bar Code Direct によると、バーコードは機器が損傷している場合には、発生源まで機器の一部を追跡することができます。 配送中に破損した場合は、販売代理店に返金または交換を要求できます。 ただし、使用中に損傷した場合は、バーコード テクノロジを使用して、スタッフがその機器を最後に使用した人を追跡することもできます。

在庫を追跡し、各患者が適切な治療を受けられるようにするには、バーコードが不可欠です。 バーコード技術は、入院中に患者に使用されたすべての治療と医療機器を記録することによって訴訟を防ぐことさえできます。

正しい解決策

市場には、バーコードの解決策はいくつかありますが、最先端のテクノロジに支えられているのは 1つだけです。 Accusoft のBarcode Xpress により、ユーザーは 30 種類以上のバーコードを迅速かつ正確に読み取り、書き込み、検出することができます。

実際に、破れたり損傷したバーコードを簡単に読むことさえできます。 競合他社の多くはそういうことはできません。 Accusoft の技術は、ほんの少しのコード行でヘルスケア アプリケーションに簡単に統合できます。 Barcode Xpress が医療ニーズを解決するのにどのように役立つかについての詳細は、製品概要をご覧ください。

無料の評価版

Accusoft Barcode Xpress の無料評価版を試してみてください。 .NET、ActiveX 環境以外でも大丈夫です。 Barcode Xpress には、Java、Linux、お気に入りのモバイルデバイスのバージョンも用意されています。

記事参照:

(2019年 2月 6日) Barcodes for Healthcare Management

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする