ロンドンに現れた、大気汚染で咳をするテディーベア「Toxic Toby」

このふわふわなテディーベアがこんなところで何をしているの?なぜ咳をしているの?

一見すると、このかわいいクマのぬいぐるみは、なぜロンドン中心街のにぎやかな交差点にいるのかと皆が思うでしょう。これは、英国広告代理店の McCann London による啓発キャンペーンで、BreezoMeter が提供するリアルタイムで、ロケーションベースのエアクオリティの情報を活用し、ロンドンの街を覆っている大気汚染の状況と、それによる健康への注意をロンドンの人々に呼び掛けています。

大気汚染は、世界中の人々の健康に影響を及ぼしている一番の環境問題です。BreezoMeter のビジョンは、環境データを民主化することで、世界中の人々が、呼吸をする際に身体に有害な物質を体内に取り込んでしまう危険から守ることです。大気汚染は私たち全員の健康に影響を及ぼしますが、子供やお年寄り、妊娠している女性、喘息や COPD などの心疾患や呼吸器疾患を持つ方々は、大気質の悪さによってさらに影響を受けます。

McCann London は、は、大気質データのエキスパートである BreezoMeter と協力し、ロンドンで最も交通量の多い街角に、献花と共にこのクマのぬいぐるみを設置し、毎年 9,400 人もの人々が大気汚染に関連した原因 (サイレントキラー) により、早すぎる死を迎えているという事実への意識を喚起しました。

しかし、これは普通の献花ではありません。“Toxic Toby” という可愛いクマのぬいぐるみは、きれいな空気を吸うという人権のために戦っているのです。Toby は BreezoMeter のリアルタイムでロケーションベースの大気質データに接続されており、大気汚染が危険なレベルに達すると、Tobyが咳をする仕組みになっています。

Toxic Toby は Twitter にもつながっており、彼のメッセージをより大きく、より遠くに届け、人々に状況を知らせます。Toxic Toby が咳をする度に、大気汚染が危険なレベルに達したことを警告するための自動ツイートが送信され、人々に直ちに行動する必要があることを知らせます。Toxic Toby はロンドンの大気汚染のレベルが EU の推奨する規制値を定期的に超えてしまう汚染率が高い場所の街灯に設置されました

このプロジェクトの目的は、BreezoMeter の高度な技術とToby の感情に訴える力を利用し、環境汚染による健康への悪影響について、一般の人々の認識を高めることでした。ロンドンの自治体は、ロンドンを汚染している有害な空気への対策を強化する必要があり、大気汚染が自動車事故の約 40 倍もの死者数を生み出しているという厳しい現実に直面しています。

BreezoMeter の CEO 兼共同創設者の Ran Korber は、次のように説明しています。

「大気汚染に関連する問題に対処するには2つの方法があり、それらは最近のニュースでますます一般的になっています。一つ目は、実際の汚染の排出量を減らすことです。これには時間と献身的な努力だけでなく、議会や企業も協力した「チームとしての努力」が必要です。二つ目は、並行して私たちが行う必要がありますが、私たちが空気中に含まれているものを知っていれば、私たち一人一人が健康のために、より良い選択ができるということです。」

「大気汚染は非常に動的で、一日を通して常に変化します。この Toxic Toby のような啓発キャンペーンを通じて、大気質データを民主化し、意識を高めることで、子供たちを遊ばせるタイミングや場所、職場や学校への行き方を選択できるようになります。政府が適切な対応を行い、毎日の小さくても適切な判断の積み重ねが、将来的に大きな違いとなります。世界中の誰もがきれいで健康な空気を吸う権利を持っているのです。」

McCann London の CCO (チーフ クリエイティブ オフィサー) である Laurence Thomson は次のように述べています。「ロンドンの大気汚染レベルは、健康面において危険なレベルに達しています。私たち全員は、毎日汚染された空気にさらされており、健康で安心して生活できる状況にありません。最新のロンドン交通局のデータによると、116 人が道路交通事故で命を落としていますが、その一方で 9,400 人が大気汚染に関連する病気で亡くなっています。私たちは献花と共に設置されたこのかわいいテディー ベアによって、ロンドンの大気汚染問題に注目が集まり、市民を目覚めさせてくれると思います。」

Toxic Toby のキャンペーンに携わった McCann London の James Crosby と Will Cottamは、次のように述べています。「公害の問題は、目には見えません。しかし、Toxic Toby は人々に公害とそれによる影響を示し、無視できないものにしています。かわいいぬいぐるみと咳をして警告する仕組みの組み合わせは効果的でした。更に、BreezoMeter のリアルタイムでロケーションベースの大気汚染データと組み合わせることにより、私たちは行動を起こせるようになり、大きな問題を抱える地域を対象にして重要なメッセージを広めることができました。」

このキャンペーンでは、どの様にしてメディア企業がリアルタイムでロケーションベースの大気質データを活用して、適切なタイミングで、必要な場所や人々に向けて、知識や影響を与えることができるかを実証しています。大気汚染と同様に、広告は動的であり、適切な時と場所で消費者にアプローチすることは、次回の販売およびエンゲージメントの維持にとって重要です。企業は、間違った場面で、または間違ったターゲットに間違った製品を宣伝したくないことは確かです。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2019 BreezoMeter

2018 年 9 月 26 日
Toxic Toby Hits the Streets of London, and Starts Coughing