UI と UX の違いとは?

Web デザイン業界ではよく耳にすることの多い UI や UX といった用語は、名前も音の響きも似ているので非常に混同しやすいですよね。そこで今回は UX と UI の定義や、それらの関係について説明したいと思います。

UI と UX とは?

UI は User Interface の略で、Interface とは「接点」を意味します。ユーザーが Web サイトへ訪れた時に表示される内容のすべてが UI となります。たとえば、商品画像の見やすいサイズ、クリックしやすいアイコン、商品やサービスの説明が読みやすいフォントなど、UI とは、視覚的、直観的に、またデザインの側面から、ユーザーと商品やサービスを繋げることを指します。

一方で、UX は User eXperience の略で、Experienceとは「経験」を意味します。商品やサービスを購入する前から、購入手続きが完了するまでの一連の流れの中でユーザーが経験、体験するものが UX となります。たとえば、Web サイトで商品を購入する際に、欲しい商品が簡単に見つかる、速達や受取日時を指定できるオプションもあり、購入翌日には手元に商品が届くなど、ユーザーがサービスを通して得た経験や体験をサービスの側面から捉えることを指します。

ここで UI と UX をオンライン ショップを例にすると、以下のようになるでしょう。

UI

  • 商品が見やすくレイアウトされている。
  • カテゴリーごとに商品が整理されている。
  • 商品の写真が大きく、クリックしやすい。
  • カートへ追加した商品の数をいつでも確認できる。

UX

  • どこにいても商品を購入ができる。
  • 取り扱い商品の数が豊富。
  • 自宅以外を発送先に指定できる。
  • コンビニでの代金支払い、商品の受け取りができる。
  • 速達便や受取日時指定のサービスがある

UI と UX の関係性

ユーザーとサービスや商品との接点が UI となり その接点となる UI を通して、ユーザーが商品やサービスに対してどのような体験や経験をするのかが、UX となります。

UI と UX は一緒に説明されることが多いですが、それぞれの意味や役割は異なります。ただ、これらの用語が示す目的は、ユーザーが使いやすい Web サイトのデザインや、満足するサービス、商品を提供することです。

見た目のかっこいい Web サイトやアプリをデザインしても、ユーザーが使いづらいと感じれば UI のデザインは失敗となります。

また、いくらユーザーが使いやすい UI のデザインを作成したとしても、商品やサービスに対する満足度が低い場合、UX デザインは失敗となります。

UI と UX は別々の役割を果たしますが、ユーザーが UI と UX の両方に満足をした時にはじめて UX と UI のデザインに成功したといえるのではないでしょうか。

まとめ

Web サイトやアプリ上で商品やサービスを提供する際に UX と UI の違いを明確にし、ユーザーが使いやすいデザイン、心地よいサービスを提供することが UI と UX の目的となります。

エクセルソフトでは UI UX のプロトタイプ ツール である Axure  製品や Justinmind  製品を販売しております。

こちらから Axure と Justinmind の機能の比較を確認できますので、お好みのプロトタイプ ツールを使って 最適な UI UX を作成してみてはいかかでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする