プロトタイピング ツール比較: Justinmind vs Axure vs Mockplus

この記事では、Justinmind、Axure、Mockplus の 3 つのプロトタイピング ツールを比較します。デザイナーにとって、最適なプロトタイピング ツールを選ぶことは最も重要な初めのステップです。

Justinmind

ウィキペディアでは、「Justinmind は、ウェブサイトやモバイル アプリの骨組みとなるワイヤーフレームを高精度で作成するプロトタイピング ツールです。また、ウィジェットのドラッグアンドドロップ、サイズ変更、書式設定、およびインポート / エクスポートを提供します。」と記載されています。

柔軟性のあるプロトタイプピング ツールとして Justinmind は、Mac および Windows をサポートし、クリックによるシンプルなプロトタイプからより複雑なプロトタイプまで幅広く作成します。Justinmind は、Axure よりもモバイル向けのインタラクティブ型プロトタイプ作成に優れています。コーディングやプログラミングの知識不要で、モバイル デバイスのデザインを思い通りに作成できます。また、クリアでモダンなインターフェイスは、上品で論理的なデザイン作成を容易にします。

Justinmind 製品の詳細は、こちらを参照してください。

30 日間の無償評価版をこちらからお申込みいただけます。

Axure

ウィキペディアでは、「Axure RP Pro は、ウエブおよびデスクトップのワイヤーフレームを作成するラピッドプロトタイピングのソフトウェアです。ウィジェットのドラッグアンドドロップ、サイズ変更、書式設定、およびインポート / エクスポートを提供します。」と記載されています。

Axure は、ラピッドプロトタイピング ツールであり、PC またはモバイル デバイスのプロトタイプを作成します。Justinmind よりもモバイル デバイスのプロトタイプは劣りますが、PC のプロトタイプでは一番です。オフィスユーザーや photoshop を利用するユーザーは、Axure を簡単に使いこなせるでしょう。しかし、初めて Axure を使用するユーザーにとっては、使いこなすまでに少し時間が掛かるかもしれません。

Axure 製品の詳細は、こちらを参照してください。

30 日間の無償評価版をこちらからお申込みいただけます。

Mockplus

ウィキペディアでは、「Mockplus は、複雑な UI の簡易化を重視したラピッドプロトタイピングです。簡単なドラッグアンドドロップにより、Mockplus はコンポーネントをページに移動できます。さらに、シンプルで上品なインターフェイスにより、コーディングの知識不要でインタラクティブ型プロトタイプを作成します。」と記載されています。

複数の付属しているコンポーネントおよびアイコン ライブラリーからドラッグアンドドロップするだけでプロトタイプを瞬時に作成します。Mockplus V2.1 以降、インタラクティブ型プロトタイプの作成はますます早くなり、Mockplus に付属しているコンポーネントによって作成されたデザインは完全に可視化されます。また、QR コードの読み取りを使用したモバイル デバイス上でのプロトタイプの確認は、テストにかかる時間を短縮します。

精度比較

プロトタイピング ツールでデザインする際、精度は重要なポイントになります。

低精度のプロトタイピング:

  1. 質が高く、正確なフィードバックの取得
  2. A/B テストに最適
  3. ミスに対する費用の抑制
  4. ページそのものではなく、ページの流れを洗練
  5. ビジュアルデザインではなく、論理的かつ考え抜かれた動作を備えたインターフェイスを作成するインタラクションデザインを重視

高精度のプロトタイピング:

  1. 洗練されたインタラクション
  2. 現実性の高いインターフェイス
  3. 完成版に近い再現度
  4. ユーザーがプロジェクトに密接に関連

まとめ

3 つのプロトタイピング ツールは、それぞれ異なった特長を持ちます。精度は低いですが、プロトタイプ作成の入門としては Mockplus、 精度の高いプロトタイプの作成には Justinmind 、幅広いプロトタイプの作成には Axure が最適です。


Justinmind の詳細は、こちらをご覧ください。30 日間の無償評価版はこちらよりお申込みください。

Axure の詳細は、こちらをご覧ください。30 日間の無償評価版はこちらよりお申込みください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする