医療会社は大気汚染データを使用して喘息で苦しむ人々を支援

私たちは毎日平均 23,000 回の呼吸をしています。喘息で苦しむ人々は、呼吸をするたびに胸部の圧迫感、咳、喘鳴などを伴い、痛みを感じる場合もあります。

喘息と大気汚染の間には強い関連性があり、イギリスでは 3 人のうち 2 人の喘息患者が、空気質が悪いと喘息の症状が悪化すると訴えています。

そのような理由から、イギリスの呼吸器メーカーの AIRBRIO は、”AIRBRIO® Respiratory Management System” という新しい呼吸器管理システムとモバイルアプリで BreezoMeter データを使用しています。そして、患者の喘息と大気質の関係性を確認することが可能となりました。

喘息と大気汚染の関係

米国では、2500 万人近くの喘息患者がいますが、症状、原因、そして重症度は人様々です。その為、喘息を 1 つの病気として治療することが困難で、治療の効果も薄くなってしまうのが現実です。

AIRBRIO は、喘息患者のスペーサーおよび吸引器に接続する小型の電子機器です。患者がスペーサーを吸入器と一緒に使用すると、AIRBRIO は時間、投与量、および吸入速度に関するデータを記録し、Bluetooth を通じてユーザーの携帯アプリに直接送信します。

これは喘息治療に関するデータを構築し、患者がより良い医療を受け、喘息を管理するのを助けるための素晴らしいツールです。しかし、BreezoMeter の汚染データとの接点はどこでしょうか。

AIRBRIO は、AIRBRIO 呼吸管理システムとモバイルアプリに BreezoMeter の汚染データを組み込みました。大気質の測定値と喘息治療を組み合わせることで、大気汚染が喘息患者の症状に与える影響について、よりまとまったデータを構築します。喘息患者の症状と周囲の現在の大気質を一致させることで、AIRBRIO チームは、一人一人の患者に対する大気汚染の影響について、詳細を知ることができます。

喘息と戦うための大気汚染情報

AIRBRIO が BreezoMeter を使用することを決めた理由の 1 つは、ハイパーローカル (超ローカル) のデータを提供していることです。

BreezoMeter では、政府機関の監視局を使用して汚染レベルを測定するだけでなく、衛星データ、交通情報、気象条件と組み合わせて、ユーザーがいるその場の汚染レベルを測定しています。この機能は、喘息患者に対する汚染レベルの影響を正確にレポートするための鍵です。

しかし BreezoMeter は汚染レベルを測定するだけではありません。BreezoMeter では、各地域における最も高い汚染物質も調べます。それが地上レベルのオゾンであったり、細かい塵の粒子であったり、または花粉を引き起こすアレルゲンであろうと、BreezoMeter の機械学習分散アルゴリズムは、あなたがどこにいても問題の原因をお知らせします。

これは喘息患者と医療専門家の双方にとって有益な情報になります。患者の呼吸が特定の汚染物質の周囲で悪化している場合、AIRBRIO であれば、その情報を結びつけることができ、喘息症状を短期または長期で軽減するのに役立ちます。

患者のための安全なデータ

AIRBRIO が患者のデータを保存すると、そのデータは安全なクラウド ベースのストレージに保存されます。患者は自分のデータにアクセスして、健康管理医を見せたり、家族と共有することで、自分の状態を知らせることができます。AIRBRIO のデータ分析はまた、各患者の健康レポートとして、症状の傾向と潜在的な問題についてお知らせします。更に、BreezoMeter のデータを使用して、患者や医療専門家に実用的な医療アドバイスも提供しています。

マウントサイナイ医科大学と LifeMap Solutions 社の iPhone 喘息アプリ

BreezoMeter のデータを喘息治療に活用しているのは、AIRBRIO 社だけではありません。

マウントサイナイ医科大学と LifeMap Solutions 社の専門家が独自の喘息アプリを開発したとき、2つの目標がありました。一つは、喘息患者が自分の状態をよりよく理解し、治療するためのパーソナル アシスタント アプリを作ること、もう一つは、喘息に関する大規模研究を実施することでした。

彼らは、アプリに使用する大気質データのプロバイダーを選択する際、グローバル対応、500m 四方での精度、花粉を含むさまざまな種類の汚染物質を確認できるという点で、 Breezometer を採用することに決めました。

このアプリは、使用した 8,000 人の患者にとっても、またマウントサイナイの研究にとっても、大きな成功を収めました。喘息患者は、その場の汚染レベルと自身の症状を引き起こす汚染レベルを比較することで、薬を服用するお知らせを受けたり、セルフモニタリング ツールとして、このアプリを使っています。

BreezoMeter のデータで、より良い医療機器を提供

AIRBRIO の呼吸に関する技術は最先端であり、患者とその医療従事者による喘息の管理方法に良い変化をもたらすことが考えられます。AIRBRIO は、BreezoMeter の汚染データを取り入れ、患者の投薬データを含んだ情報を統合することにより、患者の期待に応えています。

個々の患者に密着した地域で、関連する大気質データを提供することで、医療関連メーカーは自らの多角化と顧客ロイヤルティの向上が期待できます。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2019 BreezoMeter

2017 年 11 月 11 日
Medical Company Uses Pollution Data to Help Asthma Sufferers