AWS スポット インスタンスを使用する際に配慮すべき 10 のこと

2009 年に Amazon Web Services がスポット インスタンスの提供を開始して以来、クラウドでワークロードを実行してコストを削減したいスタートアップの間での活用が増えています。近年では、スポット インスタンスを活用してコストを削減したいエンタープライズでの採用が増加しています。エンタープライズでは、スポット インスタンスについてコストを削減する魅力的なオプションと見ていますが、スポット インスタンスに関して混乱するケースがあります。スポット インスタンスはかなりのコストを削減できますが、複雑さと運用のオーバーヘッドも発生します。エンタープライズの IT 担当者が複雑さを理解し、適切な自動化を使用して ROI を最大化することが重要です。

この記事では、エンタープライズの IT 管理者がスポット インスタンスを理解して、使用するのに役立ついくつかの懸念事項をリスト化しました。

スポット インスタンスを使用する際の重要な懸念事項は次のとおりです。

1 コスト削減

2 ビジネスの柔軟性と成長

3 コストとパフォーマンス

4 最適なパフォーマンスを実現するインスタンスの適切なサイズ設定

5 開発者と DevOps の生産性

6 アプリケーションのアーキテクチャ

7 エンタープライズ レベルの SLA

8 マルチ クラウド

9 統合化

10 競争上の優位性

スポット インスタンスを使用する理由とは?

エンタープライズ ユーザーのほとんどは、スポット インスタンスはコストを削減するための方法と考えています。スポット インスタンスは最大 80% のコストを削減できますが、メディアでは注目されていない他にも多くの利点があります。適切な自動化を備えたスポット インスタンスは、DevOps パイプラインを合理化し、ビジネスの実験と革新を可能にし、開発者の生産性を向上させ、俊敏性を高めます。エンタープライズは市場で競争上の優位性を獲得するための戦略の一部としてスポット インスタンスを検討する必要があります。

コスト削減

スポット インスタンスの最大の利点は、顧客に提供するコスト削減です。場合によっては、顧客は 90% ものコスト削減を実現できます。実際、IDC は最近、エンタープライズがスポット インスタンスを使用することで 5 年間で最大 485 万ドルのコストを削減できると推定しています。

ただし、スポット インスタンスでのコンピューティングの一時的な性質は、バッチ処理、メディア レンダリング、特定のイベント ドリブン ワークロード、テスト、特定のステートレス ワークロードなどの限られたユース ケースにその使用を制限しています。 アプリケーションがそのように対応するように設計されていない場合、または適切な自動化が実装されている場合は、混乱を招きます。スポット インスタンスがクラウド プロバイダーによっていつ停止されるかについての必要なインテリジェンスがなくても、自動化の使用は限られています。エンタープライズは単独で、運用戦略を計画するために、この重要な情報にアクセスできません。データの集約とクラウド プロバイダーが過剰なコンピューティング インベントリを管理する方法に関するインサイトに基づいて、スポット インスタンスのプロアクティブな管理を提供するプラットフォームが必要です。

SLAの懸念事項

エンタープライズはより高いレベルの SLA  を必要とし、スポット インスタンスと基本レベルの自動化を使用して SLA レベルを管理することは困難です。エンタープライズ レベルのSLAを維持するには、予測分析を使用したテレメトリと自動化されたアクションが重要です。また、エンタープライズ レベルの SLA を確保するには、スポット、オンデマンド、リザーブド インスタンスの組み合わせを使用することが重要です。

ビジネスの柔軟性と成長

スポット インスタンスを活用することで、エンタープライズは、ビジネスチームが高いコストをかけ、承認を待つことなく実験できるようになります。アイデアはすぐに実現され、遅れることなく顧客とテストできます。

適切な自動化を実施することで、エンタープライズは、ビジネスを強化し、シャドウ IT  なしで成長をリードできます。スポット インスタンスは、ビジネス チームの誰かがいつか新しいアイデアを得られることを期待して、IT が事前にリソースを調達する必要がないため、このエンパワーメントにおいて重要な役割を果たします。

アプリケーション アーキテクチャの懸念事項

通常、スポット インスタンスは、中断後にチェックポイントを設定して続行できるアプリケーション、ステートレス アプリケーション、および他の少数のバッチ処理ジョブに適しています。これにより、スポット インスタンスで使用できるアプリケーションの種類が制限されます。ただし、スポット インスタンスの制限は、テレメトリ駆動型の自動化で管理できます。 SLA を必要とする長時間実行アプリケーションを含む、さまざまなアプリケーション アーキテクチャ向けにスポット インスタンスの使用を拡張することが可能です。たとえば、優れた分析駆動型の自動化でスポット インスタンスを使用すると、Webサービス、長時間実行されるコンテナ アプリケーションなどのケースを使用できます。

コスト vs 可用性、ワークロード パフォーマンスの管理

スポット インスタンスのみを使用すると、可用性に影響する可能性があり、その結果、それらのインスタンスで実行されるワークロードのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。これを管理するより良い方法は、オンデマンドおよびリザーブド インスタンスと一緒にスポット インスタンスを使用する必要があります。ただし、複数のインスタンス タイプを管理するには、非常に高い運用オーバーヘッドと自動化コストがかかります。複数のインスタンス タイプにわたって自動化し、これらのすべてのインスタンスタイプを管理するための単一のペインを提供するプラットフォームが必要です。

インスタンスの適切なサイズ設定

すべての EC2 価格設定モデルに関連しますが、実行中のアプリケーションに適切なサイズのスポット インスタンスを使用することは、コスト最適化で最適なパフォーマンスを確保するために重要です。たとえば、アプリケーションに基づいて、適切なインスタンスサイズを持ちながら、状態、ロードバランサーなどをその場で管理することが重要です。

エンタープライズでは、これを自動化だけで管理することはできません。スポット、オンデマンド、リザーブド インスタンスから適切なインスタンス サイズを選択し、必要なインフラストラクチャの依存関係を処理できるインテリジェントなプラットフォームが必要です。たとえば、メディア レンダリングにクラウドを使用している場合、低コストで迅速にビデオをレンダリングする必要があります。コストとパフォーマンスの両方で妥協することは最適ではありません。分析によって自動化された自動化は、組織が最適なインスタンス サイズを見つけて、低コストで速度を実現するのに役立ちます。

開発者と DevOps の生産性の向上

開発者は、はるかに低いコストでより多くのスポット インスタンスを使用することで、イノベーションをシームレスに加速できます。ただし、適切なオートメーションがないと、開発者の生産性は大きな打撃を受けます。同様に、スポット インスタンスを活用することで、テストおよびリリース プロセスを取り巻くボトルネックを減らすことで、DevOps ライフサイクルを加速できます。自動化を使用してプロセスを合理化し、摩擦を減らし、スポット インスタンスを使用してよりスムーズな組立ラインを実現することが重要です。CI / CD はスポット インスタンスの非常に優れたユースケースであり、コードの一部が DevOps パイプラインを通過する際の自動化により摩擦が解消されます。IDC は、生産性の向上により、組織に5 年間で最大 272 万ドルのコストを削減できると推定しています。

マルチ クラウドの使用

エンタープライズにおけるマルチ クラウドの採用は劇的に増加しています。エンタープライズの CIOは、単一のクラウド プロバイダーで利用可能なものに妥協することなく、開発者がアプリケーションのニーズに合った適切なサービスを使用できるようにしたいと考えています。マルチ クラウドは、現代のエンタープライズのニーズを満たしています。

さらに、企業が他の企業を買収すると、買収した企業の開発者のニーズを満たすために複数のクラウド プロバイダーをサポートする必要があります。ただし、複数のクラウド プロバイダーを管理することは簡単ではなく、それでもスポット インスタンスによって提供されるコスト削減を保証できます。

統合に関する懸念事項

エンタープライズは、Terraform、Chef、Puppet、Ansible などの複数のインフラストラクチャ自動化ツールを使用します。既存のワークフローとテンプレートが保持されるように、スポット インスタンスからのコスト削減を活用するプラットフォームをこれらのツールと統合する必要があります。

競争上の優位性

ビジネスのスピードで運営されている現代のエンタープライズは、その変革の基本的な柱として俊敏性とコスト削減を実現しています。今日のエンタープライズはコスト削減が能力とともに競争上の優位性を獲得する上で重要な役割を果たすことを認識しています。 非常に高い生産コストで製品を市場に迅速に投入するのは理にかなっていません。エンタープライズは、市場で価格競争しなければなりません。スポット インスタンスは、この競争上の優位性のギャップを埋め、インテリジェントな自動化を備えたスポット インスタンスを活用することで、競争力のある価格設定でイノベーションを提供できます。

この記事では、コスト削減のためにスポット インスタンスを採用するための重要な懸念事項を紹介しました。

Spotinst Elastigroup は、エンタープライズ対応のクラウド ワークロード自動化プラットフォームを使用して、これらすべての懸念事項に完全に対応しています。Elastigroupは、パフォーマンス、可用性を犠牲にすることなく、追加の運用オーバーヘッドなしで、スポット インスタンスを使用して大幅なコスト最適化を実現するように設計されています。


Spotinst Elasticgroup、Ocean の概要、価格、およびライセンス体系などの詳細は、
こちらを参照してください。評価版のお申込みはこちらよりお問い合わせください。


記事参照:
© Spotinst 2019

2019 年 09 月 05 日
10 Things to Consider While Using Spot Instances