タタ・モーターズと TMETC が BreezoMeter と提携し、車内汚染管理の未来を強化するミッションを実施

タタ・グループの 3つの事業は、大気質データの専門家である BreezoMeter とパートナーシップを結び、ドライバーが訪れる場所について情報に基づいた意思決定を可能にしました。

タタ・モーターズ、タタ・モーターズ・ヨーロピアン・テクニカル・センター (TMETC)、およびタタ・エルクシは、位置情報に特化したリアルタイムの世界的な大気汚染、花粉、活動中の火災データを提供する初のプロバイダーである BreezoMeter と提携しました。

360° 環境インサイトでより健康的なドライビング体験を

この動きは、業界内の両組織の目標をさらに強化し、車内の安全と管理の未来を強化するのに役立ちます。これにより、ドライバーは車のダッシュボード上で周辺の大気質に関するリアルタイムの情報を見ることができるようになり、大気汚染レベルや個人の感度に基づいてより良い健康上の意思決定を行うことができるようになります。

大気質指標をリアルタイムで通知

ドライバーは、エアクオリティーが悪いエリアに入るとアラートで通知されます。また、どの都市でも最善のエリアと最悪のエリアをハイライトした大気質マップを提供し、車内の皆を守るために最もクリーンなルートを計画するのに役立ちます。また、窓、サンルーフ、エアコン、ろ過システムを自動的に作動させて、車内に汚染物質を残さないようにするために使用することもできます。

BreezoMeter は 5メートルの精度で、1時間ごとに更新され、全世界をカバーし、4日間の予報を提供します。BreezoMeter の環境レポートと高度な機械学習への多層データアプローチは、タタ・モーターズと TMETC に究極的に適合しました。

「タタ・モーターズおよび TMETC の乗員の安全性と快適性を改善する目的に沿って、システム要件を満たす BreezoMeter の SDK の統合を支援してくれるタタ・エルクシと協力できることを嬉しく思います。」と TMETC の電気・電子部門の責任者である Jon Clark 氏は述べています。

車内汚染管理の改善の必要性

研究によると、平均的なドライバーは、車両と同乗者の両方が定期的に環境上の危険にさらされる環境下で、人生の約 3年間を過ごしていることが明らかになっています。環境問題が深刻化している今、個人の健康と自動車の安全性に関する意識が高まっているため、よりスマートで安全な車内が必要とされています。

「タタ・グループ内の 3つの事業とのパートナーシップは、BreezoMeter にとって、ますます多くの乗員の安全性と快適性を向上させる絶好の機会となります。私たちは、車内の安全性と管理を向上させるという共通の使命を持って前進する中で、モビリティ界の巨人との継続的な関係を楽しみにしています。」と BreezoMeter の CEO である Ran Korber 氏は述べています。

タタ・グループとその子会社

タタ・グループは、技術を駆使した革新的な製品の市場をリードしており、世界中の顧客に最高の車両やコネクテッド・モビリティ・ソリューションを提供しています。

タタ・モーターズはインド最大の OEM 企業であり、統合されたスマートで e-モビリティなソリューションを幅広く提供しています。

一方、TMETC はタタ・モーターズの子会社で、2005年に英国を拠点とする自動車設計・エンジニアリングの卓越したセンターとして設立されました。

TMETC は、主にタタ・モーターズのために研究開発を行っています。TMETC のエンジニアリング専門家チームは、自律型、コネクテッド型、電気自動車、共有型モビリティ (ACES) の世界で、次世代のニーズを満たす自動車技術を開発しています。

タタ・エルクシは、世界をリードするデザインおよびテクノロジーサービス企業です。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter
2020 年 8 月 13 日
Tata Motors and TMETC Engage BreezoMeter in Mission to Enhance the Future of In-Cabin Pollution Management