Spot による 2021 年 Azure のクラウド コスト最適化ガイド

2021 年、パブリッククラウド全体の消費率が 18 % 増加し、その額、3 億 490 万ドルに 達するであろうとガートナー社は予測しています。さらにガートナー社の調査によると多くの組織では、コスト最適化のアプローチが不十分であるために、クラウド・インフラストラクチャーの予算を超過していることがわかっています。

この問題に対処するために、Spot は包括的なクラウドガバナンスを設定するためのベスト プラクティスと、実用的なクラウド コスト管理の両方に焦点を当てた「Microsoft Azure Cost Optimization Guide for 2021」を発表しました。これにより、現在だけでなく将来の    Azure インフラストラクチャーのコストを管理できるようになります。

ここでガイドに掲載されている内容の一部をご紹介します。

Azure クラウド ガバナンス

2021 年のガイドの第 1 セクションでは、組織で Azure クラウドを使用するすべてのユーザーに関係するであろう、クラウドにおけるコスト管理と効率的な使い方を説明しています。         

以下、クラウドガ バナンスのトピックスをご紹介します。

・組織のニーズの把握

・組織間のアライメントの作成

・タグ化とクラウドの料金監視の方法とツールの活用

・コスト削減に対しての査定と優先順位

・現在と将来のコスト削減につながる継続的なプロセスの確立

Azure コスト管理のための実用的なヒントとベストプラクティス

IaaS と PaaS を提供する Azure の膨大なエコシステムの中で、Spot は主に Azure の        コンピュート、ストレージ、およびネットワークインフラストラクチャーのコストを削減する方法にフォーカスしてきました。

これらの領域に対してはコスト最適化の機会を十分に提供しており、ガイドの第 2 セクションではそれらに関する説明をしています。

・Azure の非常に手頃な価格のスポットインスタンスでミッションクリティカルな                   ワークロードの実行を成功させるためには

・Azure のリザーブドインスタンス( RI )の利用率を最大化するために知っておくべきこと

・地域ごとの価格差

・どのように階層化がストレージのコストと可用性に大きく影響するか

・未使用のクラウドリソースの特定と排除

・Azure の B シリーズ VM について

・ネットワークの最適化

・Azure の特別価格提供

Azureのコスト最適化を自動化

クラウド・インフラストラクチャーのコストを削減し、管理するためには、継続的な努力が  必要であり、すでに過度に拡張をしている CloudOps チームの多大な時間を割いてしまう      可能性があります。この課題を解決するために、Spotは独自の機械学習と分析に基づいて構築された Azure 向けの製品を開発しました。これらの製品は、クラウドの可視性やガイダンスの提供だけでなく、スポット VM、リザーブドインスタンス、そして必要に応じて従量課金の 最適な掛け合わせで Azure ワークロードを自動化します。

これらすべての機能を可用性、パフォーマンス、柔軟性を損なうことなく提供し、スケール  アウトしたアプリケーションや Kubernetes ワークロードなどに最適化したインフラストラクチャーを確保します。


Spot の概要、価格、およびライセンス体系などの詳細は、 こちらを参照してください。      評価版のお申込みはこちらよりお問い合わせください。


記事参照                                                                                                                  The Spot.io blog                                                                                                    The 2021 guide to Azure cost optimization