クラウド コネクティビティの未来はここにある – Kong Konnect の GA 版を提供開始

クラウド ネイティブ時代に向けてゼロから設計されたサービス コネクティビティ プラットフォームである Kong Konnect GA 版の提供を開始したことをお知らせいたします。

私たちは接続された世界で生きています。社内外を問わず、私たちが使用するすべてのアプリケーションは、接続エクスペリエンスを可能にする数十、時には数千のサービスの上に構築され、接続されています。Konnect は、エンドツーエンドのサービス ライフサイクルを提供する唯一のクラウド ネイティブの サービス コネクティビティ プラットフォームです。

Konnect はハイブリッド アーキテクチャを通じて提供されます。Kong Gateway や Kong Ingress Controller などのランタイムのコントロール プレーンはクラウド サービスとしてホストされますが、複数のデータ プレーンは、web インターフェイス、Deaclative Configuration (宣言型構成)、APIベースのインターフェイスを介して100% 一貫した方法で提供されるクラウドまたは kubernetes プロバイダーを通して、顧客が自分の敷地内にある好みの環境にデプロイして自己管理できます。Kong Summit 2020 での最初の発表に続き、本日、Konnectを提供することになりました。それでは、Konnect を簡単にご紹介しましょう。

Runtime Manager で強化されたハイブリッド モード

ランタイムから始めましょう。Kong Gateway ユーザーは、デプロイメント アーキテクチャがゲートウェイ インスタンスを「コントロール プレーン」として指定し、「データ プレーン」インスタンスがサービス データを処理および管理するデータ プロセッシング ゲートウェイのクラスターを形成していることを熟知しています。コントロール プレーンは、異なる地域やクラウド間のデータ プレーンの管理を可能にするためにデータベースを必要とします。さらに、このデータベースは、適切に機能するためにターゲット間で複製される必要があります。

Konnect を使用することで、Konnect ユーザーは Kong Gateway ランタイムとそのデータベース インフラストラクチャのインストールと運用について心配する必要がなくなります。代わりに、ホストされたコントロール プレーンとして Konnect のクラウド アカウントを利用し、どのような環境でも最小限のメンテナンスでステートレス データ プレーン インスタンスを展開することができます。さらに、Konnect Cloud API を通じて、接続されたデータ プレーンの設定を管理することができます。データ プレーンの追加と管理は、”Runtime Manager” と呼ばれる Konnect の機能で行われます。

マイクロサービスのカタログ – レコードのシステム

Konnect の中核をなすのが ServiceHub です。ServiceHub を利用することで、Konnect ユーザーは、組織全体でサービスに触れ、発見、利用、管理、配布ができ、開発のスピードを加速させることができます。さらに、サービスの再利用を可能にすることで、企業のアーキテクトは、サービスの消費性を高め、再利用性を高めることができるため、価値を生み出すまでの時間を短縮できるだけでなく、組織のアプリケーション全体で一貫性のあるエンドユーザー体験を実現することができます。

Konnect ランタイムを介して管理されるすべてのサービスは、ServiceHub 内のサービス バージョンで表す必要があります。

これにより、マイクロ サービスや他のサービスでも、すべてのサービスの正確で一貫性のあるカタログとして機能します。さらに、ランタイムが実装されていないサービス、つまり Kong Gateway ランタイムによってバックアップされていないサービスであっても、ServiceHub で表すことができるため、検索が可能であり、ポータルに公開することもできます。

Portal と Vitals

最後になりましたが、Konnect で Kong の Portal と Vitals の機能をサービスとして提供することで、それらのコンポーネントを管理するための運用負荷を必要とせずに、Kong Gateway ランタイムの運用をさらに簡素化することができます。Vitals Analytics Data は、ServiceHub に追加されたサービスのバージョンごとに収集され、ゲートウェイを介して実装されます。

ServiceHub 内のすべてのサービスは、独自のテーマや色でカスタマイズできるポータルに公開され、開発者やアプリケーションの登録ワークフローとともに、外部の開発者にサービスを正式に公開することができます。

そしてその先へ

今回の Konnect GA 版の提供開始の発表は、Kong のクラウドの旅の始まりに過ぎません。Konnect は、これからエンドユーザーのニーズに対応する能力を加速させるためのプラットフォームとしての役割を果たします。

このコネクティビティの旅で今後も皆さまと一緒に活躍することを楽しみにしています。


Kong Enterprise の概要、価格、およびライセンス体系などの詳細は、こちらを参照してください。デモをご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。


記事参照: 2021 年 2 月 1 日
© Kong Inc. 2021
The Future of Cloud Connectivity is Here: Announcing the General Availability of Kong Konnect