並列実行による UI テストの高速化

速度を犠牲にしての品質、または品質を犠牲にしての速度は、開発の過程で直面する課題である可能性があります。 しかし、市場、あなたの業界、そして世界が変化する速度で、品質の高い製品を提供し続けることを躊躇してはいけません。 品質とスピードの両方が重要です。 チームはよりアジャイルになり、作業はよりスケーラブルになり、すべてが完璧な製品をより速く顧客に提供することを目標としています。

QA プロセスに自動テストを組み込むことは、そこに到達するための 1つの方法ですが、テスト自動化がすでに実施されている場合、どうすればより速く進むことができますか? テストプロセスを加速する次のステップは、並列テスト(パラレル テスト) です。 個別のテストを次々に実行するのではなく、並列テストを使用すると、複数の自動テストを同時に実行できます。 これにより、自動テストの実行にかかる時間が大幅に短縮され、スケーラビリティが導入されます。

チームに 50 の自動テストがあり、各テストの実行に約 2 分かかり、合計で 100 分の実行時間になるとします。 ここで、5 つの並列ライセンスがあると想像してください。これらのテストを同時に実行すると、テストの実行時間が 100 分から 20 分になります。 これは簡単に定量化できる ROI (投資利益率) であり、QA チームまたは開発チームに還元される時間が増えることになります。

UI テストに固有の課題の 1 つは、実際のユーザーと同じように、テストを実行してアプリケーションとやり取りするように設計されていることです。 ユーザーが UI で実行するアクションをシミュレートする必要があるため、これらのテストはユーザーセッション全体を引き継ぎます。 並列テストは、同じマシン上でも、合計実行時間を短縮することでテストを高速化する方法です。

TestComplete は、TestComplete テストを並行して実行する 2 つの方法を提供するようになりました。 TestExecute は、物理マシンと仮想マシン間で UI テストを並行して実行できる使いやすい実行ツールです。 また、バージョン 14.6 では、TestComplete Device Cloud テストをクラウドで並行して実行できるようになりました。(注意: TestComplete 14.80 (2021年 4月 13日リリース)クロスプラットフォーム テストでは、Device Cloud アドオンは不要になりました。 cross-platform のテスト機能を Device Cloud アドオンから Web モジュールに移行しました。 これにより、アドオンは不要になり、TestComplete バンドルから削除されました。)

TestExecute と Device Cloud Parallel はどちらも、CI/CD パイプラインに実行を実装します。これだけでも、開発チームはテスト結果をより迅速に取り戻すことができるため、配信を加速するのに役立ちます。 CI/CD を介してリモートで並列テスト実行を設定し、リモートマシンでユーザーセッションを自動的に開始し、プロジェクト全体またはテストのサブセットを実行し、テスト実行ステータスを受信し、トレーサビリティのためのレポートをテスト管理またはレポートシステムに送り返すこともできます。

TestComplete テストをさまざまなプラットフォーム、デバイス、構成のクラウドにスケーリングすることは、テストを加速し、テストカバレッジを拡大するための優れた方法でした。これで、これらのテストをクラウドで並行して実行できるようになり、時間とインフラストラクチャのコストを節約し、テストプロセスに驚異的なスケールを導入できます。

TestComplete は、デスクトップ アプリケーション、Web アプリケーション、モバイル アプリケーションのいずれのテストでも、並列化によって UI テストを高速化することができます。テストのカバレッジを高め、テストにかかる時間を短縮します。品質とスピードの両立を実現します。 今すぐ 30日間の無料評価版でお試しください。 

GUI テスト自動化製品 TestComplete
https://www.xlsoft.com/jp/products/smartbear/testcomplete.html

この資料は、SmartBear の Blog で公開されている「Accelerate Your UI Tests With Parallel Execution」の日本語参考訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする