環境データでビジネスを成長: 何から始めればいい?

新しい形の実用的な環境情報で企業は何ができるのか、どんな価値をもたらすのか。この記事では、2021年にビジネスとして環境データを活用するために知っておくべきことをまとめました。

「環境データ」の定義

環境データとは、何らかの形で環境の状態を示す生のデータを指します。そのデータは、現在のスナップショットの形であったり、時系列での変化を反映していたりします。

環境データの一般的な情報源は何ですか?

NASACDCEPA をはじめとする多くの国や地域の組織が、さまざまな環境生データを保存し、カタログ化して一般に公開しています。政府、政府機関、科学機関は、排出基準の設定、汚染レベルの情報提供、保全活動、持続可能な水管理、さらには経済的影響の測定など、さまざまな環境モニタリング手法を使用しています。

データを収集するための方法の例としては、以下のようなものがあります。

  • 大気汚染監視ステーション
  • 水と土壌のサンプル
  • 野生生物種および植生のモニタリング
  • 海洋調査
  • 地質図
  • 交通観測
  • 気象衛星情報
  • 花粉観測ステーション

環境データ革命

環境科学が正式な学問として確立したのは、17世紀から 18世紀にかけての啓蒙主義の時代でした。もちろん、羽ペンと紙を使ってデータを記録していた頃とは比べ物にならないほど進歩しています。

  • 現在では、人工衛星が地球を周回し、気温、湿度、風、雲量、大気質、山火事などの大気の変化をスキャンし、そのデータを気象予報センターに送信し、気象画像に変換しています。
  • よりスマートな環境監視ネットワーク: 接続された IoT デバイスやセンサーは、低コストでクラウド ソースの環境モニタリングを強化するために使用されています。このような環境監視システムのスマートなネットワークは、機械学習と組み合わせることで、大気質、水質汚染、放射線などの環境要因を効果的かつ効率的に追跡することができます。

ビッグデータと AI が強力な環境予測モデルを生み出した理由

生データは、環境を分析・理解するための優れた基盤となります。しかし、これらの情報を意味のあるインサイトに変換し、エンドユーザーがそれに応じて計画を立てたり行動を調整できるようにする必要があります。

最新の環境モニタリング・予測ツールの進化により、天文学的な量の環境情報を超大規模なデータセットの形で収集・保存できるようになりました。このデータセットをコンピュータで分析することで、これまでにないパターンや傾向、関連性を明らかにすることができます。

  • クライメート・コンピューティングデータ サイエンティストがビッグデータや AI ツールを用いて、「システム・オブ・システム」のアプローチで気候変動を研究・予測します。クライメート・コンピューティングは、様々な分野や研究のアイデアを結びつけ、それらを処理することで、より包括的な情報を提供します。
  • 過去データの復元 – データ サイエンティストは、失われた気候情報を再構築することで、過去の環境データセットにおける観測データのギャップを埋めることができます。
  • 高精度の天気予報欧州の研究者は、機械学習を利用して、さまざまなソースから収集した膨大な環境データを構造化します。複合的なデータをより合理的に処理することで、極めて重要なニーズである超高精度かつハイパーローカルな天気予報を可能にします。

健康に焦点を当てた環境のインサイトと新しいビジネス ユースケース

環境科学と報告は、「パーソナライズされた健康」という約束をようやく実現できる時代に進化してきました。現在、世界のウェルネス市場1.5兆ドルと推定され、年間成長率は最大 10% に達しています。また、異常気象や世界的なパンデミックの発生により、環境への接触が個人の健康に与える影響にこれまで以上に注目が集まっています。

様々な業界の企業が、健康に焦点を当てた環境インテリジェンスに基づいて、新たな革新的なユースケースを開発しています。

a) 環境に配慮した住宅・ビル

スマート空気清浄機や HVAC システムは、リアルタイムおよび予測された環境情報を利用して、顧客に付加価値を提供します。屋外のリアルタイムおよび予測された環境実態に応じて、パフォーマンスやメンテナンスを最適化したり、リモート管理を提供したりします。

b) より良い情報に基づくリスク インデックス

保険会社は、個人の状況を把握し、保険金請求の正確性を検証・最適化するために、環境情報を活用しています。また、気候変動による災害を予測したい保険会社は、環境インテリジェンスを利用して、差し迫った危険を顧客に警告し、資産価値を維持し、損害賠償請求額の増加を回避することができます。

c) 消費者のアプリ体験の向上

  • 天気予報アプリ: 実用的な環境データの種類を増やすことで、気象予報プロバイダーは環境情報の常連としての地位を確立することができます。ユーザーはアプリを頻繁にチェックするようになり、日々の意思決定にアプリが組み込まれるようになり、プロバイダーにとっては収益化や広告の選択肢が増えます。

  • レジャー、フィットネス、ウェルネス アプリ: 例えば、いつ、どこで、どのような運動をすればよいのか、また、ワークアウトや子供との散歩に行くのに最も安全な時間は何時なのかをユーザーに伝えることができます。

d) よりスマートなヘルスケアと臨床研究

  • コネクテッド デバイスと患者用アプリ: 治療者は、薬の使用状況や報告された症状を追跡し、それらを環境データと関連付けることで、個人に合わせた予測的な洞察を得ることができます。また、患者はアラートを受け取り、先手を打って薬を服用したり、周囲環境による症状の悪化を避けるために屋内に留まることができます。
  • コスト削減: パーソナライズされた価値ベースの医療アプローチを採用することで、医師は患者の症状や環境リスクを遠隔監視し、それに応じて治療計画を調整することができます。患者と医療従事者の双方が、直接医師の診察を受ける必要性を減らし、回避可能な入院を防ぐことで、コストを削減することができます。
  • 臨床研究: 研究者は、環境的な誘因と患者の症状やその他の個人的およびライフスタイル的な要因とを関連付けることで、治療効果やアドヒアランスについて情報を提供し、比較することができます。

e) 環境に応じたパーソナライズされた広告・販売

  • ダイナミックな広告配信とメッセージング: 広告代理店は、リアルタイムに予測される環境の変化に基づいて、適切なメッセージを適切なタイミングで適切なオーディエンスに配信することができ、ROI とキャンペーンのエンゲージメントを劇的に向上させることができます。

  • 営業支援ツール: 営業担当者が使用するダッシュボードに環境データを統合することで、製薬会社は医師や医療従事者との商談において、自社のソリューションの必要性と価値をより明確に示すことができます。

f) よりクリーンなルート計画と車内保護

  • 大気汚染を積極的に回避: 安全なルート計画アプリは、環境データをリアルタイムに可視化し、各選択肢の健康リスクをユーザーに伝えるコンテキスト・インサイトを提供します。また、よりクリーンな選択肢を提示し、目的地までの推定時間を比較することで、より健康的なルートを選択するようユーザーに促します。

  • 車内の汚染を防ぐ: アプリやダッシュボードとの連携により、走行ルート上の大気質や天候の変化をリアルタイムにドライバーに知らせることで、車内への汚染物質の侵入を最小限に抑えることができます。また、可視化された環境データマップにより、ドライバーは最もクリーンな都市部を通るルートを計画することができます。(タタ・モーターズがドライバーにどのように車内でよりきれいな空気を提供しているかは、こちらをご覧ください。)

環境インテリジェンスをビジネスに活用するには

2021年の商業現場における環境インサイトの活用事例やメリットの幅は明らかですが、実際にはどこから始めればよいのでしょうか。

環境 API を統合してみましょう!

環境 API は、企業や組織が独自の監視インフラを開発することなく、環境に関する実用的な情報を活用するための最も簡単な方法の一つです。

a) 大気質 API

大気質 API は、アプリ、ダッシュボード、コネクテッド製品に統合することで、屋外の大気汚染をリアルタイムに、また予測してマップ化し、ユーザーに警告することができます。

注目すべき項目: グローバル カバレッジ、1時間ごとの更新、精度検証、汚染物質の多様性、粒度など。

b) 気象データ API

気象データ API を統合することで、リアルタイムの天気予報や日・週単位の予報を提供し、ユーザーがイベントを計画したり、強風や異常気象に備えたりするのに役立ちます。

注目すべき項目: 1時間ごとの予報の更新、可視性、風と気圧、紫外線指数、グローバル モニタリング、ライブマップ画像、気象イベントアラートなど。

c) 火災情報 API

火災情報 API を統合することで、ユーザーの位置情報に基づいて山火事を報告したり、火事の広がりをリアルタイムで報告することができます。煙害による大気質の悪化の警告や、火災による避難の警告など、実用的な情報を得ることができます。

注目すべき項目: 火災の規模、方向、延焼予測、封じ込め率、原因、警報範囲、大気質警報など。

 d) 花粉飛散 API

花粉データ API は、パーソナライズされた毎日の花粉予測、予測的なアレルギー治療薬の警告、患者の転帰を改善する実用的な健康とライフスタイルの洞察など、アレルギー治療ツールを強化するために使用できます。

注目すべき項目: 異なる植物と花粉の種類の分離、ヒートマップによる視覚化、ユニバーサル花粉インデックス、毎日の予測、データソースのクロスバリデーションなど。

BreezoMeter が提供する API についてはこちら

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。

記事参照:
© 2021 BreezoMeter
2021 年 7 月 6 日

Driving Business Growth with Environmental Data: Where Do You Start?