コンピュート インフラにネイティブに統合された、コンテナ用の高速で高可用性のある共有ストレージ

コンテナ化されたワークロードが当たり前になり、オーケストレーションには Kubernetesが選ばれるようになったことで、基盤となるインフラを運用・管理する新しい方法が登場しました。この Kubernetes ファーストの世界では、コンピュートやストレージの管理を考えなくて済むことが目標となります。

Spot by NetApp は、Kubernetes や ECS などの異なるオーケストレーション プラットフォームをサポートするサーバーレス コンテナ エンジン「Ocean」で、コンピュート リソースにこのようなメリットを提供します。Ocean を使用することで、開発者はアプリケーションの構築という本来の目的にエネルギーを移すことができ、基盤となるインフラのデプロイ、管理、スケーリングの必要がなくなります。開発者は、指定された要件 (要求されたリソース、ワークロード ラベル、テイスト、トレランス) に従って、クラスター上にアプリケーションを展開し、Ocean は、コスト、可用性、空き予約、特定の制約などの複数の側面を考慮して、適切なインフラを自動的に割り当てます。

Ocean を、AWS と Netapp が新たに提供する Amazon FSx for NetApp ONTAP と組み合わせて使用することで、ストレージレスな体験を楽しむこともできます。FSx for ONTAP は、シンプルで拡張性が高く、完全に管理された共有ファイル システムです。

FSx for ONTAP は、AWS のクラウド サービスで使用され、高可用性の設定 (複数のアベイラビリティゾーン) で展開することができ、シン プロビジョニング、重複排除、バックアップの階層化などの高度な機能を提供します。

コンテナとストレージのファイル システム

コンテナは通常、一過性のものであり、実行に必要なデータを携行します。この移植性は、コンテナに移行する際の最も強力なメリットの一つですが、データ ストレージに関する疑問も生じます。機械学習、人工知能、ビッグデータ プラットフォームなどのデータ中心のワークロードでは、作成したアプリケーション データを保存、アクセス、利用する能力が重要です。このようなタイプのコンテナには、永続的または共有のストレージが必要で、コンテナが不意に停止してもデータが失われる危険性はありません。

Kubernetes では、API リソースである PersistentVolumes と PersistentVolumeClaims でサポートされており、ストレージがどのように消費されているかの詳細を抽象化しています。Container Storage Interface (CSI) と合わせて、Kubernetes のコア コードが持っている以上の新しいストレージ システムをコンテナに公開することができます。

アプリケーションは、ネットワーク ファイル システムを介して共有ボリュームにアクセスできます。ネットワーク ファイル システムでは、ユーザーがボリュームを作成し、複数のコンポーネントでマウントして共有することができます。これらのボリュームは、複数のコンテナやデプロイメント間でデータを永続化する外部ファイル システムの一部として存在します。

人気のあるファイル システムを起動して実行するには、Amazon FSx のようなフルマネージド サービスがあり、簡単でコスト効率の高いサービスを提供しています。Amazon FSx を使用すると、ハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェアの設定、パッチ適用、バックアップなどの時間のかかる管理作業を回避しながら、オープン ソースと商用の両方の人気ファイル システムを使用することができます。高い信頼性でコスト効率の高いキャパシティを提供し、AWS の幅広いサービス ポートフォリオと統合することで、より迅速なイノベーションを実現します。

先日、AWS と NetApp は、数回のクリックで NetApp のファイル システム (Cloud Volumes Ontap – CVO) を消費できる新しい FSx 製品「FSx for ONTAP」を発表しました。

Spot Ocean と FSx for ONTAP でサーバーレスとストレッジレスを実現

FSx for ONTAP を、自己管理型の Kubernetes のストレージ バックエンドとして構成することも、ネットアップの CSI である Astra Trident を使って EKS のようなマネージド サービスを構成することも簡単です。Astra Trident は、ポッドとして Kubernetes クラスターに展開し、Kubernetes 上で動作するワークロードにダイナミックなストレージ オーケストレーション サービスを提供します。Kubernetes ポッドが終了して再起動した場合、ポッドが異なるアベイラビリティー ゾーンで再起動した場合でも、Astra Trident はボリュームを再接続します。

Astra Trident は、コンテナ化されたアプリケーションが、ネットアップの FSx for ONTAPを含むネットアップのストレージ アレイからパーシステント ストレージを迅速かつ容易に消費できるようにします。また、Ocean を使用して実行しているポッドが、Kubernetes の標準 API を使用して FSx for ONTAP ファイル システムに展開されたボリュームにアクセスするように設定することもできます。これにより、お客様は、高可用ファイル システムを必要とするステートフルなワークロードや、共有ストレージへのアクセスを必要とするワークロードを実行することができます。

Ocean、Astra Trident、FSx for ONTAP と合わせて、Kubernetes アプリケーションの実行にマネージド サービスを活用することで、真にサーバーレス、ストレージレスな体験を楽しむことができます。将来的には、Ocean のコスト分析機能を使って、FSx for ONTAP のコストを実行している様々な Kubernetes アプリケーションに割り当てることも期待できます。


参照記事: Fast, highly available, shared storage for containers that natively integrates with your compute infrastructure

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする