2022年冬季オリンピック: 中国の大気汚染対策

2022年の北京冬季オリンピックに向けて、中国では激しい運動時に影響を与えやすい大気汚染を減らすためにあらゆる手段を講じています。果たしてその成果は?

2022年北京冬季オリンピック: 大気汚染問題

世界で最も大気汚染が深刻な都市の一つである北京で開催される 2022年冬季オリンピックは、大気汚染という大きなハードルに直面しています。

1月 23日の時点では、開催地の大気環境はあまり良いとは言えませんでした。

2022年 1月 23日、24日の北京の様子 (BreezoMeter 大気質マップ)

中国はすでに 2014年に「大気汚染との戦い」を宣言し、大気汚染の問題を軽減することに成功しましたが、まだまだ長い道のりを歩んでいます。

数百の汚染物を排出する企業の移転、数千ヘクタールの植樹、イベント全体の電力を賄うための新しい風力および太陽光発電所の建設、さらに、よりカーボンニュートラルな地域を促進するための水素燃料車 700 台の導入など、オリンピック開催期間中に有害排出物を削減するための大きな取り組みが行われています。

中国は 2008年の夏季オリンピックでも同様の大気汚染の問題に取り組みましたが、今回は、パンデミック後の経済回復により排出量が通常よりも増加しているため、より大きな課題となっています。2021年第一四半期の北京の PM2.5 平均は、2019年に比べて 21% 増加しています。

運動時の大気汚染による影響について

大気汚染が私たちの健康に影響を与えること、そして汚染度の高い地域で行動することが私たちにとって良くないことは、すでに知られています。しかし、特に運動時には、呼吸速度を加速させ、深く吸い込み、大量の空気を取り込むことを余儀なくされます。また、運動中は鼻よりも口で呼吸することが多くなります。つまり、呼吸が荒くなると、周囲の有害な汚染物質を吸い込む危険性が高くなるのです。

喘息や糖尿病、心臓や肺に疾患のある方、子供や高齢者にとっては、汚染度の高い場所での運動は特に危険です。

運動中の汚染物質への暴露: 何が起こりうるのか?

EPA は、屋外での運動中に大気汚染にさらされることによる、短期的な健康への影響に関する 16 の科学論文の予備的なレビューを行いました。その結果、半数以上の文献が健康への悪影響を示しており、肺機能の障害が最も一般的であることが分かりました。

また、研究により、運動中に高濃度の大気汚染にさらされると、咳、胸の痛み、呼吸困難、喉の痛み、頭痛、肺機能の低下などを引き起こすことが判明しています。さらに、O3 などの汚染物質の中には、酸化ストレスを生じさせ、肺に直接ダメージを与え、喘息の発症を助長する可能性のあるものもあります。

アスリートが大気汚染を心配する理由

大気汚染の影響を受けない人はいませんが、アスリートにとってはリスクがより高く、パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。

ドイツのプロ サッカー リーグで行われたある研究では、PM10 が 1% 増加すると、サッカー選手のパスの本数で測定されるパフォーマンスが低下することがわかりました。PM10 の濃度が 50 マイクログラム µg/m3 を超えると、パフォーマンスが著しく低下しました。(WHO の推奨する 24時間の最大値は 45 です。)

大気汚染は最高レベルのアスリートにも影響を与えます。2018年、レブロン・ジェームズがカリフォルニアの山火事で頭痛に悩まされ、自宅からの避難も余儀なくされたことは有名な話です。

それでも運動しないよりは運動したほうが良いのでは?

低~中程度の汚染地域で運動する場合、空気質が悪くても、運動による健康へのプラスの効果はあり、運動する価値はあると思います。研究者たちは、大気汚染がもたらす健康リスクがあるにもかかわらず、定期的な運動が高血圧の発症リスクを低減させることを発見しました。高度な運動をする人は、しない人に比べて高血圧のリスクが 13% 低く、中程度の運動しかしない人でも 4% 低いという結果が出ています。

ある研究では、PM2.5 が多いときに屋外で運動頻度を増やした人を調べたところ、まったく体を動かさない人に比べて、心血管疾患のリスクが 33% 増加することがわかりました。

さらに同じ研究で、PM10 のレベルが低~中程度の汚染にさらされた人が運動をしなくなると、定期的な運動を維持している人に比べて、心血管疾患のリスクが 38% または 22% 増加することが明らかになりました。

では一体どうすればいいのでしょうか?

環境に配慮した運動を心がけましょう

呼吸器の専門家がアドバイスするように、屋外での健康的な運動は、環境に配慮しながらできるだけ定期的に行うのがベスト シナリオです。そうすれば、屋外での運動がもたらす健康への効果と、不健康な空気への曝露を最小限に抑えるという、一挙両得の効果が得られます。

アウトドア活動のパイオニアである AllTrails や、フィットネス & ウェルネスウェアのヒット商品 Whoop のようなフィットネス ブランドやソートリーダー (思想的指導者) の中には、すでに屋外で身体活動を行う際にこの広い範囲のコンテキストの重要性を考え、データ駆動型のインサイトを製品に実装しているものもあります。

BreezoMeter は、今後あらゆるフィットネス アプリやプロバイダーが、ユーザーにより良い情報を提供できるように、リアルタイムで予測的な環境インサイトに目を向けるようになると考えています。この情報が手元にあれば、より多くの人が次のようなことができるようになるでしょう。

  • 活動開始前の現在地の屋外の空気質の定期的な確認。
  • 交通量の多い道路や、汚染物質を閉じ込めるような高い建物の少ない、よりクリーンなランニング ルートの選択。
  • 有害な排気ガスを吸い込まないように、自動車の排気ガスの近くを走ることの回避。
  • 汚染ピーク時を確認し、有酸素運動の多い屋外運動よりも屋内活動の選択。
  • 大気汚染の予測に合わせて運動スケジュールを立て、ラッシュアワーの交通渋滞の回避。

BreezoMeter が提供する API についてはこちら

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。

記事参照:
© 2022 BreezoMeter
2022 年 1 月 27 日

2022 Winter Olympics: Will China Cut Down Air Pollution In Time?