より良い喘息管理への道を切り開く企業のご紹介

喘息の管理の革新は急速に進んでおり、喘息患者は、積極的に自分を守り、症状の引き金を監視し、治療を最適化するために、これまで以上に力を発揮するようになっています。

この記事では、2022年の最も期待されている喘息管理のパイオニアたちをご紹介したいと思います。

喘息管理が重要な理由

喘息には治療法がないため、環境の中の誘因を避け、適切な治療を行うことが患者にとって最善の保護策となります。喘息患者にとって服薬アドヒアランスも非常に重要です。いくつかの研究では、適時服薬が 25% 増加するだけで、成人では症状の悪化リスクを約 10%、小児では 21~68% 低減させることができると報告されています。

環境を活用した喘息治療プロバイダー

空気質の悪さは、喘息患者にとって多くの危険をはらんでいます。EPA が発表した研究によると、屋外で粗大粒子状物質 (PM10 – 2.5) にさらされた子どもは、喘息を発症しやすく、そのために緊急治療室や病院での治療が必要になる可能性が高いと言われています。また、喘息患者がアレルギー性鼻炎を患っていることは非常に多く、人口の約 80% がアレルギー性鼻炎を患っていると言われています。(参照)

以下の企業はいずれも、このような喘息症状の悪化に対する環境の影響や、アレルギー性喘息という共通の現象を認識し、環境データをソリューションに組み込んでいます。

プロペラ・ヘルス – スマートな喘息・COPD 症状の追跡と予防

プロペラ・ヘルスは、吸入器に取り付けるコネクテッドセンサーを開発し、患者が患者用アプリで薬の使用状況を把握できるようにしました。

プロペラ・ヘルスのソリューションは、症状の悪化と相関するリアルタイムの位置情報ベースの環境インテリジェンスを活用することで、各ユーザーの環境トリガーをマッピングしています。アプリに接続された吸入器により、患者は先手を打って薬を服用し、発作を予防したり、症状の重症度を軽減したりすることができます。

プロペラ・ヘルスのスマートセンサーは、使用開始後 1ヶ月で無症状日を 50% 増加、入院を 57% 減少、喘息発作を 79% 減少し、症状が軽減するなど、すでに素晴らしい結果を示しています。

DailyBreath症状リスク予測

DailyBreath アプリは、喘息患者のために、位置情報に基づく環境情報によってアレルゲンや刺激物を避けるための、パーソナライズされた症状予測システムを提供します。

このアプリは、ユーザーがいつどこで喘息発作が起きたかを追跡し、特に敏感な環境誘因を特定することを可能にします。このアプリは、毎日の症状リスク予測を提供し、ユーザーは症状の悪化を引き起こす可能性のあるアレルゲン、刺激物、気象条件を積極的に回避することができます。また、ユーザーは自分の経験を仲間と共有することができ、喘息との付き合い方についてより積極的なアプローチを固め、ユーザーエンゲージメントを高めることに貢献しています。

my mhealth喘息患者のための最適なセルフマネジメント

my mhealth は、Symptonet AI エンジンを搭載したアプリ 「myAsthma」 によって、患者が慢性呼吸器疾患を管理する力を与えます。

myasthma 自己管理アプリは、症状の追跡、位置情報に基づく環境トリガー予測、AI 分析により、患者が吸入器、ネブライザー、その他の喘息治療の使用を最適化するのを支援し、収集したデータに基づいて薬の使用に関する個別のアクション プランを作成するのを支援します。

また、このアプリは臨床医の側でも遠隔患者モニタリングに役立ち、リアルタイムの症状追跡レポートや、地理的地図機能および個々の患者プロフィールを備えた臨床ダッシュボードを提供します。医師は、薬やその他の重要な詳細を確認および変更し、患者側のプラットフォームをリアルタイムで更新することができます。

喘息管理におけるクリエイティブマインド

以下の企業は、症状の度合いを示すグラフやクラウドに接続されたデータ収集などのツールを通じて、ユーザーを惹きつけ、喘息患者に力を与え、発作回数の減少、症状の緩和、患者や医療従事者のコスト削減を実現するためのクリエイティブな方法を見いだしています。

Wizdy Pets子供向けのクリエイティブな喘息管理ツール

Wizdy Pets は、インタラクティブなバーチャル ペット シミュレーターで、子供たちがより良い喘息管理スキルを身につけることを支援します。

Adheriumクラウド接続型服薬アドヒアランス・ソリューション

Adherium の Bluetooth 接続型 Hailie® センサーとアプリは、薬の使用を細かく監視し、リアルタイムにフィードバックを提供することで、重度の喘息や COPD の患者を支援します。

患者はアプリをダウンロードし、吸入器を Adherium のセンサーケースにロックして Bluetooth でペアリングすると、薬の使用状況の把握やリマインダー設定により、症状の悪化防止や発作の回避に役立てることができます。Hailie® センサーは、データをクラウド上に収集および保存し、ウェブサイトを通じて医師にフィードバックを提供します。Adherium のクラウド接続型服薬指導ソリューションは、成人ではコントローラー服薬を 59% 増加、レスキュー薬を 45% 減少、小児の入院を 80% 減少という大きな成果を示しています。

Asthma MD外出先でも喘息をトラッキング

Asthma MD は、洗練された管理アプリと携帯用ピーク フロー メーターを提供し、患者 (またはその保護者) が肺のパフォーマンスを記録し、喘息の症状を追跡できるようにします。

Asthma MD のアプリでは、ユーザーはカスタマイズ可能なトリガー、症状、薬の入力を記録し、症状の重症度とピーク フロー測定値を見やすく視覚化した色分けグラフを作成することができます。さらに、このアプリは重症度別のアクション プランを提供し、ユーザーが匿名でデータを入力し、喘息研究に役立てることができるオンライン集計を行うことができます。また、ユーザーはカスタム アラートとリマインダーを作成し、指定した医師にカルテ ログを送信することができます。

RightBreathe – Web ベースの吸入器データベース

RightBreathe は、検索可能なオンライン リソースとして機能し、英国で認可された吸入器と患者のニーズをマッチングすることに役立ちます。

このサイトでは、呼吸器疾患の状況に応じて異なる吸入器、スペーサー、薬の組み合わせを掲載し、各製品の価格や用法などの詳細情報、説明ビデオも提供しています。また、患者が自分に合った吸入器を見つけやすいように、キーワード検索バーや、地域・国・世界のガイドラインに基づいて結果を絞り込むインタラクティブなポイントも用意されています。

Coherohealthより良い遠隔モニタリングとケア プロバイダーとのつながり

Coherohealth のアプリに接続されたポータブル治療とモニタリング ツールは、ケア プロバイダーが常に最新の情報を入手できるようにします。

Coherohealth は、Bluetooth 対応の吸入器センサーと携帯用スパイロメーターを通じて、喘息やCOPD の患者 (主に子供) がアクティブなライフスタイルを維持できるよう支援するもので、薬の服用状況や肺活量を追跡して患者の電子医療記録をリアルタイムで更新することができます。また、コンパニオン アプリでは、毎日の服薬リマインダーの作成、症状の説明、疑わしい環境要因の記録、両親や友人を介護者として追加し、オンライン ポータルで接続してリモートで監視することができます。

重要なポイント

喘息の管理を成功させるためには、患者にとってそのプロセスを容易にすることが重要です。喘息患者にとって、環境の誘因は大きな脅威です。比較的小さなアレルゲンや刺激物でさえ、深刻な症状の悪化を引き起こすことがあるからです。

BreezoMeter のハイパーローカルかつリアルタイムの大気質情報を活用し、実際の薬の使用や症状の悪化と環境誘因との関連付けを行うことにより、治療を最適化することができるようになります。

BreezoMeter は、この分野で多くのイノベーションが起こり、より多くの治療プロバイダーが健康に焦点を当てた環境インテリジェンスに注目し、喘息患者に新しい生活を提供できることを非常にうれしく思っています。

BreezoMeter が提供する API についてはこちら

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。

記事参照:
© 2022 BreezoMeter
2022 年 5 月 1 日

Companies Leading the Way to Better Asthma Management