70% の確率で失敗するといわれるデジタル トランスフォーメーションに成功するための 3 つのルール


デジタル トランスフォーメーション (DX) は、IT とビジネスの意思決定を促す原動力であるとされています。しかし、そのうたい文句とは裏腹に、DX はその期待に応えられていないのが現状です。McKinsey & Company によると、DX への投資は急増しているにもかかわらず、企業の業績を向上させるその成功率は 3 分の 1 にも満たないといわれています。

しかしながら、デジタル戦略を効果的に活用できれば、イノベーションを促進する生産性の向上やビジネス洞察力の強化など、ビジネス全体にわたって重要なその恩恵を受けることができます。DX への正しいアプローチが成功のカギとなります。

多くの DX プロジェクトの業績不振の原因は、基盤となるテクノロジにあるわけではありません。むしろ、必要な作業やリソースを過小評価していたり理解していなかったり、データ ガバナンスや経営陣の結束の弱さなど、組織の準備不足が原因であることが多いのです。

この記事では、そういった困難に打ち勝ち、DX を成功させるための 3 つの重要なルールを紹介します。

1. 組織全体の仕事の進め方を理解する

DX では、ビジネス戦略を実行するために組織が使用している、または導入する必要のあるツールやテクノロジを考慮します。これには、情報のリアルタイムな可視化によるデータの有効活用、ワークフローの自動化、チームや戦略的パートナーとのコラボレーションを可能にするツールなどが含まれます。しかし、まずは組織全体の仕事の進め方を理解しないことには、正しいツールやプラットフォームを採用しているかどうかを確認することは困難です。

既存のワークフロー、問題点、ツールを分析することは、従業員の目的を達成し、仕事の重要な課題を解決し、従業員の技術的レベルと能力に適したソリューションを特定するための重要な前提となります。言い換えれば、仕事の進め方を理解することは、人々が使いたいと思うツールを見つけることにつながり、ひいては組織全体でより良い採用を推進することになるのです。

2. 適切なタイミングでの適切な情報へのアクセスを可能にする

DX によって組織全体の情報の流れが改善され、ビジネス部門がデータを活用してより良い結果を得られるようになる一方で、変革の成功は、DX に関連する情報を効果的に発信することにもかかっています。

これは、変革のストーリー、戦略、および戦術を効果的に伝えることから始まります。McKinsey & Company のある分析によると、変革に関連する情報を効果的に伝達した組織は、DX プロジェクトの成功率が 2 倍近くになったということです。

情報をいつ、どのように共有するかも、成功のカギを握っています。組織が、従業員とビジネス パートナーの両方が利用できるセルフサービス型のテクノロジを通じて情報へのアクセを可能にした場合、DX の成功確率は2 倍になる、と McKinsey は指摘しています。

3. 経営陣に可視化、透明性を提供する

企業が大規模な組織改革を行う場合、あらゆる段階で経営陣の賛同が不可欠です。DX への支持を得るための方法は、他の取り組みと何ら変わりはありません。計画の初期段階から具体的なデジタル施策の実行にいたるまで、経営幹部は、関連するすべてのプログラムや施策の可視性と透明性を必要とします。これにより、経営者は、DX の進捗状況や、そのステップによって達成されたビジネス成果を確認することができます。

進捗とイニシアチブを把握することで、直面している課題と達成したマイルストーンについて経営陣の理解を深め、デジタル戦略がビジネス全体の目標に沿ったものであることを経営陣が確認できます。

多くの企業が、DX が簡単ではないことを痛感しています。しかし、ビジネス リーダーは、過去のプロジェクトの業績不振を理由に後戻りするのではなく、将来のプロジェクトを成功させるためにどうすればよいかを考える必要があります。

Smartsheet の業務遂行プラットフォームが、企業や組織がアイデアをインパクトに変える過程でどのように役立っているか、こちらでご覧ください。

©2022. Smartsheet Inc.
Your Digital Transformation Has a 70 Percent Chance of Failing. To Beat the Odds, Try These Three Things