インテル® oneAPI データ並列 C++ (DPC++/C++) コンパイラー

データ並列 C++、C++、C、SYCL、および OpenMP* をサポートする標準ベースのクロスアーキテクチャー・コンパイラーです。

詳細はこちら 評価版はこちら
関連情報
[お知らせ一覧]

ダイレクト・プログラミングを実現するインテル® oneAPI データ並列 (DPC++/C++) コンパイラー

ハイパフォーマンス・コンピューティングに最適化されたインテル oneAPI ベース & HPC ツールキット

インテル® oneAPI DPC++/C++ コンパイラーは、データ並列 C++、C++、C、SYCL、および OpenMP* をサポートする標準ベースのクロスアーキテクチャー・コンパイラーです。

実績のある LLVM コンパイラー・テクノロジーとコンパイラーを主導してきたインテルの経験を活用して、優れたパフォーマンスを実現します。主要なコンパイラー、開発環境、オペレーティング・システムとのシームレスな互換性を提供します。

詳細・新機能 技術情報

コンパイラーを利用する

インテル ® oneAPI DPC++/C++ コンパイラーは、さまざまな最適化向けコンポーネントを含むスイート製品にて提供されています。

インテル® oneAPI ベース・ツールキット

1 つのプログラミング・モデルで複数のアーキテクチャー (CPU、GPU、FPGA) にわたって高いパフォーマンスを発揮できるコードの開発を支援します。

インテル® oneAPI ベース & HPC ツールキット

C/C++、Fortran コンパイラーと MPI 開発ツールにより、CPU およびアクセラレーターまたはそれらのクラスターへ最適化された HPC アプリケーションの開発を支援します。

インテル® oneAPI ベース & IoT ツールキット

さまざまな IoT 開発ツールにより、スマートなコネクテッド・デバイスを構成する優れた IoT アプリケーションの開発を支援します。

インテル® oneAPI ベース & レンダリング・ツールキット

さまざまなレンダリング・ツールにより、優れたビジュアライゼーション・アプリケーションやソリューションの開発を支援します。

バージョン 2022 の機能

主に以下の機能をご利用いただけます。詳細は、リリースノートおよび インテル社公開の情報を参照ください。

  • インテル® oneAPI DPC++/C++ コンパイラーへ、SYCL⋆ 2020 の新機能、OpenMP⋆ 5.x の新機能、および最近リリースされたインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー向けの新しいプラットフォームの最適化を追加。
  • 最近リリースされた、および今後リリースされるインテル®プロセッサー向けの新しいプラットフォームを最適化。
  • Microsoft⋆ Visual Studio 2022 のサポートを追加。

多様なハードウェア・ターゲット間でコードを再利用

データ並列 C++ (DPC++) は、SYCL* とコミュニティーによる拡張を組み込んだ C++ の進化版です。ハードウェア・ターゲット間でコードを再利用し、CPU、 GPU、および FPGA アーキテクチャーで高い生産性とパフォーマンスを実現する一方、アクセラレーター固有のチューニングも可能にします。統合されたインテル® oneAPI DPC++/C++ コンパイラーには、完全な最新の C++ も含まれています。

  • 開発の生産性: カスタムのチューニングを可能にし、単一のソースコードを介して CPU、GPU、FPGA、AI アクセラレーターなどの多様なアーキテクチャーをターゲット
  • 言語標準のサポート: C++17 や SYCL* などの最新の標準や C++20 の初期サポートに基づいて構築され、汎用ラムダ式や可変テンプレートなどの機能の移植性とサポートを保証
  • 業界標準のサポート: GPU オフロード向け OpenMP* 4.5 および 5.0 のサブセットをサポート
  • 信頼できるテクノロジー: 実績のある LLVM コンパイラー・テクノロジーとコンパイラーにおけるインテル社のリーダーシップを活用

FPGA エミュレーションとコンパイル

  • 経験豊富な FPGA 開発者によるアクセラレーション・ワークロードのフィールド・プログラマブル・プラットフォームへのターゲティング
  • インテル® oneAPI ベース・ツールキットのアドオン・オプション

ベンチマーク

本ページに、ドキュメント一覧が表示されない場合は、ご利用のブラウザの JavaScript を ON にしていただくか、 こちらのドキュメント・ページをご覧ください。
インテル® コンパイラー・クラシックの仕様/動作環境については、こちらをご確認ください。

ハードウェア

CPU
  • Intel® Core™ プロセッサー・ファミリー
  • Intel® Xeon® プロセッサー・ファミリー
  • Intel® Xeon® スケーラブル・ プロセッサー・ファミリー
GPU (GEN9 またはそれ以降)
  • インテル® HD グラフィックス 5xx、6xx
  • インテル® UHD グラフィックス 6xx
  • インテル® Iris® Pro グラフィックス 5xx
  • インテル® Iris® Plus グラフィックス 6xx
  • インテル® Xeon® プロセッサー P5xx、P6xx
FPGA カード
  • インテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA 1.2.1 対応) を含むインテル® プログラマブル・アクセラレーション・カード (インテル® PAC) インテル® Arria® 10 GX FPGA 搭載版
  • インテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA 2.0.1 対応) を含むインテル® プログラマブル・アクセラレーション・カード (インテル® PAC) D5005
FPGA カスタム・プラットフォーム
(インテル® Arria® 10 GX およびインテル® Stratix® 10 GX 参照プラットフォームからの移行)
  • インテル® Quartus® Prime ソフトウェア 19.4 を使用したインテル® カスタム・プラットフォーム
  • インテル® Quartus® Prime ソフトウェア 20.2 を使用したインテル® カスタム・プラットフォーム
RAM
  • CPU および GPU 開発: 16GB
  • FPGA 開発:
    • インテル® Arria® 10 FPGA を使用したインテル® PAC の場合 - 48GB
    • インテル® PAC D5005 の場合 (推奨) - 64GB
  • デザインの処理に推奨される物理 RAM と同等の仮想メモリーをもつシステムを構成することを推奨します。
  • 最新の情報は、製品または評価版に同梱されているリリースノートを参照ください。

ソフトウェア


Linux*

CPU ホスト/ターゲット
  • Ubuntu* 18.04 LTS、20.04 LTS
  • Red Hat* Enterprise Linux* 8.x
  • SUSE* Linux* Enterprise Server (SLES)* 15 SP3
  • Fedora⋆ 34
インテル® インテグレーテッド・グラフィックス (GPU)

GEN9 向け:

  • Ubuntu⋆ 18.04 LTS、20.04 LTS
  • Red Hat* Enterprise Linux* 8.x
  • SUSE* Linux* Enterprise Server (SLES)* 15 SP3
  • Linux⋆ カーネル 4.11 またはそれ以降
FPGA
  • Ubuntu⋆ 18.04 LTS、20.04 LTS
  • Red Hat* Enterprise Linux* 8.x
  • SUSE* Linux* Enterprise Server (SLES)* 15 SP3
開発ツール
  • コンパイラーが構築されている配布ライブラリーでサポートされる最小バージョン:GCC⋆ 7.3.0、BINUTILS 2.30、および GLIBC 2.27
  • Eclipse* 開発: Eclipse 4.20 または 4.21
  • GPU 開発:
  • FPGA 開発:
    • oneAPI ベース・ツールキット用インテル® FPGA アドオン (ハードウェアのコンパイルフローをサポート)
    • GCC⋆ 9.3.0
  • インテル® oneAPI DPC++ ライブラリーを使用した開発:
    • 範囲ベースの API を使用するには、GCC⋆ 8.1 (またはそれ以降) または Clang 7 (またはそれ以降) に含まれている C++17 および C++ 標準ライブラリが必要です。
  • 既知の問題は、RHEL および SUSE で Link Time Optimization (LTO) を使用しているときにリンカーエラーが発生することです。この問題を解決するには、binutils の次の最小バージョンがインストールされていることを確認してください。
    • RHEL 8: binutils 2.30-82.el8
  • OpenMP* 開発
    • libffi.so.6 (Ubuntu* 18.04 におけるデフォルトのバージョン)。これより新しいバージョンの OS を使用される場合、libffi.so.6 を別途インストールする必要があります。
インテル統合グラフィックス (GPU) 開発の概要
  • サポートされている Linux* カーネル: 4.11 以降のデプロイメントが必要です。
  • サポートされている Linux* OS:
    • GEN9: Ubuntu* LTS 20.04.3、RHEL 8.x、SUSE 15.x
  • コンパイラーが構築されている配布ライブラリーでサポートされる最小バージョン:GCC⋆ 7.3.0、BINUTILS 2.30、および GLIBC 2.27
  • GNU* GCC*: 7 またはそれ以降
  • Linux* オペレーティングシステム用の汎用 GPU ドライバーからの最新のインテル® GPU ドライバー
  • ハードウェアにアクセスするには、ユーザーは「ビデオ」グループに属している必要があります。以下のコマンドを使用して追加します。
    $ usermod -a -G video $USER

Windows*

CPU ホスト/ターゲット
  • Windows* 10 (64 ビット)
  • Microsoft Windows Server* 2022, 2019, 2016
GPU
  • Windows* 10 (64 ビット)
FPGA
  • Windows* 10 (64 ビット)
    • カスタム・プラットフォームがサポートされています。
    • エミュレーションとレポートフローのみがサポートされています。
  • Microsoft Windows Server* 2016、2019
開発ツール
その他の開発ツール

お知らせ

2021年 12月 23日、インテル® oneAPI 2022 の販売を開始しました。

過去に製品をご購入いただき、現在有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、すぐにバージョン 2022 を無料でダウンロードしてご利用いただけます。

2021年 12月 23日に提供が開始されたインテル® oneAPI 2022 の初期リリースには、最新のインテル® DPC++/C++ コンパイラー 22.0 およびインテル® Fortran コンパイラー 22.0 の英語版が含まれます。日本語版のインテル® コンパイラーをご利用いただく場合、インテル® Parallel Studio XE 製品を引き続きご使用ください。

技術サポートが提供される対象バージョンは製品ごとに異なりますので、サポート対象のバージョンに関する記載をご確認ください。

2020年 12月 8日、インテル® oneAPI 2021 の販売を開始しました。過去に製品をご購入いただき、現在有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、インテル® oneAPI ツールキット製品を無料でダウンロードしてご利用いただけます。

インテル® oneAPI ツールキット製品には、最新インテル® コンパイラー 21.1 の英語版が含まれています。インテル® コンパイラーの日本語版は同梱されていません。日本語版をご利用いただく場合、インテル® Parallel Studio XE 製品を引き続きご使用ください。

また、インテル® oneAPI 2021 をご利用、ご評価いただき、新機能などの新バージョンに関するご意見をお聞かせいただいた方の中から抽選で 30 名様にプレゼントが当たるキャンペーンを実施中です。この機会に、ぜひ最新バージョンをお試しください。

キャンペーンの応募条件に関する詳細につきましては、こちらのキャンペーン専用ページをご参照ください。

FAQ

本ページの「技術情報」タブのリリースノートをご覧ください。

インテル® DPC++/C++ コンパイラーは、インテル® oneAPI ベース・ツールキット以上に含まれています。詳細は、 インテル® oneAPI 製品ページを参照してください。

本ページの「製品機能」タブ、および「技術情報」タブの各種ドキュメントをご覧ください。

いいえ、単体販売はしておりません。
インテル ® DPC++/C++ コンパイラーを同梱するインテル® oneAPI 製品をお買い求めください。

» スイート製品に同梱される 製品・機能一覧はこちら

以下の表の通りです。

インテル® コンパイラー インテル® oneAPI
21.1 2021

いいえ、インテル® oneAPI 製品のすべてのツールキットに同梱されるインテル® DPC++/C++ コンパイラーは英語版のみです。
日本語版のコンパイラーは、インテル® Parallel Studio XE for Windows/Linux に同梱されるインテル® コンパイラー向けにのみ提供されます。

最新版、または旧バージョンのダウンロードは、インテル® レジストレーション・センターで行います。
詳細は以下ページを参照ください。

» 製品登録 & ダウンロード