RESTサービスを触る際の必須ツールPostmanを使ってみました

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

先日、API ManagementツールのKONGを触ってみた | エクセルソフト ブログというエントリーを書きましたが、curl や Httpie を使用することで API を叩いていました。REST を叩くなら Postman がおすすめだよ。と教えてもらいましたので、触ってみました。

インストール&ユーザー登録

Postman のサイトにアクセスして、使用している OS 用のインストーラーをダウンロードします。

起動すると、ユーザー登録が促されますので、そのまま登録します。

最初の画面です。多機能だとは思うのですが、とりあえずは枠に URL を入力して「Send」ボタンをクリックすれば OK です。

使ってみよう

以下の KONG への POST を Postman でやってみましょう。

送信方式を POST にし、右側の欄に URL を入力し、data として渡していた「name=test」などをそのまま bodykeyvalue として入力していきます。

ステータスコードも右側に出て、リターンの Body が表示されています。Header もチェックできますね。ちなみに、上記の画面は Ubuntu なので Linux でもしっかり動いていることが分かります。

次は以下の GET リクエストを Postman から送ってみましょう。

こんな感じになります。

戻り値の JSON の Body は Pretty で見やすく表示されていますが、以下のように生データとしてコピーすることもできます。

もう少し

POST で form-data を送る場合は、POST を選択し、Bodyform-data を選んで key と value を入力して Send します。

Content-type: application/json を指定したい場合は、Bodyraw を選択し、右側のドロップダウンから JSON (application/json) を選択して、JSON を直接入力します。(自動で HeaderContent-type: application/json が指定されます。)結果は以下のようになります。

Token の使い方まだ調べていないので後で触ってみたいと思います。

なかなか使いやすいですね!今後の API のテストは、この Postman を使用して行っていこうかと思います。

次のステップ

API あるけど認証やロギングなどの機能を追加するの大変そう。という方は、OSS 版も用意されている API Management ツールの Kong を試してみてください。

簡単なハンズオンも GitHub に用意しました。

API のテストがしたいなって方は TestServer – 開発者向け API テスト自動化ツール をお試しください。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする