Axure RP 販売開始!簡単クリック操作で動的なプロトタイプを作成するソフトウェア デザイン ツール!

米社 Axure Software Sokution Inc のプロトタイプ作成ツール、 Axure RP 8 の販売を 弊社でも 9 月より開始しました。今回は、Axure RP 8 の概要と特徴をご紹介します。

Axure RP 8 は、チームと連携して正確にプロジェクトをデザインすることを求められる、ビジネスまた UX プロフェッショナルのためにダイアグラム機能、プロトタイプ機能、仕様書自動生成機能を提供します。大規模なチームまたはエンタープライズ向けには、コラボレーション機能やオンプレミス上に Axure Share をインストールする機能を追加し、ソフトウェア開発作業を能率化します。

Axure RP の 30 日間無償評価版をこちらよりダウンロードすることができます。購入前に、是非、ご評価ください。

Axure RP は、ソフトウェア開発およびプロトタイプ作成作業を向上させるたくさんの機能を提供します。

さまざまなダイアグラムの作成

Axure RP 8 は、図の形をカスタマイズできる「ペン ツール」や 600 を超えるベクターアイコンを備えたライブラリーを提供します。また、Axure RP 8 は、フローダイアグラム (流れ図) にすべての形や画像へコネクタ ポイントを追加したり、配置したりする機能を追加しました。新しい線の端点や曲線コネクタは、更に図をカスタマイズすることができます。

インタラクションおよびアニメーション機能
Axure RP 8 は、イベント、アクション、アニメーション機能と共に主要なプロトタイプ機能を提供します。ウィジェットをひっくり返したり、回転させたり、またアンカーからサイズ変更をしたり、不透明度を設定したりすることができます。また、ウィジェット上で同時にアニメーションを作成できます。さらに、Repeater ウィジェット (*1) での、データ ドリブンなグリッドの作成を更に簡易化しました。
*1: 繰り返されるテキストやイメージのパターンを表示するために、仕様されるウィジェットです。
仕様書作成機能

ウィジェット ノート機能により、テキスト書式をサポートします。ウィジェットやページにコメントを追加することができます。これらのコメントにはタイトル等を付けることができ、Axure RP および HTML 形式のブラウザーから確認することができます。プロジェクトの必要事項や文書の変更点、またはプロジェクトチームメンバーとのコミュニケーション内容などをコメントとして記録し、作業の効率化、必要事項漏れの防止につながります。

テキスト内にあるリンクは、HTML プロトタイプ上でクリックすることができます。この機能により、関連するドキュメントや案件履歴ソリューションをリンク付けできます。さらに、HTML 上のサイドバーは、ページ ノートだけでなく、ページ上にあるすべてのウィジェット ノートも表示します。ノート機能だけでなく、インタラクティブなプロトタイプの流れの特定やドキュメントをアップデートされた状態で管理するのに役立つ新しい Snapshot ウィジェットも提供しています。

共同作業
 Axure RP プロジェクトを投稿するためのクラウド プラットフォーム、Axure Share を利用し、チームプロジェクトをホストすることができます。これにより、共同著者や編集履歴の機能を使用するために SVN サーバーをセットアップする必要はありません。また、エンタープライズ版を利用し、オンプレミス上にプライベート バージョンの Axure Share サーバーをセットアップできます。また、ウィジェット ライブラリーは、チームプロジェクトとして作成でき、Axure Share 上での管理が可能です。Axure RP から、直接ライブラリーを Axure Share から読み込むことができます。これによって、チーム全員が最新バージョンの共有ライブラリ―を所持することを容易にします。
より使い易い UI

Axure RP 8 は、大きなデザインキャンパスを備え、よりクリアなレイアウトを提供し、プロトタイプ作成初心者の方でも安心して使用することができます。たとえば、右側にある [インスペクタ (Inspector)] ペインは、”Widget Properties and Style”、”Page Properties”、”Widget Interactions and Notes” を組み合わせています。これらを一つにまとめることにより、マウスでの選択がより簡単になります。

HTML サイドバー
 HTML プロトタイプの左側にあるサイドバーは、デザイン性の向上およびより拡張可能になりました。たとえば、サイドバー内のコンソール セクションでは、ウィジェットおよびページのイベント、ケース、アクションの 3 つの動作情報を表示します。
エディションおよびライセンス体系

Axure RP は、Pro、Team、Enterprise の 3 つのエディションを提供しています。

Pro: Pro エディションは、Axure RP の全てのプロトタイプ機能、仕様書作成機能を含みます。また、ファイルを Axure RP へ投稿することができ、人数制限なく何人もの人がファイルをレビューできます。
Team: Team は、同時にプロジェクトの作成を行う必要のあるチーム向けに開発されています。Pro の全ての機能に加え、Axuew Share または SVN を利用したチーム プロジェクトの共同著者機能を含みます。
Enterprise: Enterprise は、Team の全ての機能に加え、オンプレミス上の Axure Share サーバーにプロジェクトを公開しチーム プロジェクトをホストする機能を含みます。また、Account Role を管理することができます。

各エディションの機能詳細は、こちらを参照してください。

Axure RP のライセンス体系は、Named User (特定ユーザー) です。Named User 1人につき 1 ラインセスが必要です。ライセンスは、Named User のディバイス上で利用可能です。

登録ユーザーが変更になった場合、同一の企業内であればライセンスの譲渡は可能です。

Axure RP 8 は、永久ライセンスおよび年間サブスクリプションライセンスを提供しています。

永久ライセンス

永久ライセンスは、Axure RP 8 および 8.x に適応されます。
永久ライセンスには期限の制限がなく、追加料金なしに永久的に利用できます。
Pro から Team へのアップグレードには、追加料金が発生します。
永久ライセンスには、サポート メンテナンス プランはありませんが、マイナーアップグレードは無償です (8 から 8.x へ)。
メジャーアップグレードに関しては、別途、追加料金が発生します。

年間サブスクリプション ライセンス

サブスクリプションライセンスは、Axure RP 最新版に適用されます。
サブスクリプションの期間内のみ使用できるライセンスです。
サブスクリプションの期間は一年ごとになります。
サブスクリプションは、サブスクリプション期間内であればマイナー、メジャーアップグレードともに無償で行うことができます。

価格に関する詳細は、こちらを参照してください。

Axure 製品に関する詳細は、こちらを参照してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする