マーケットへの新しいアプローチ : 空気清浄機メーカーのブルーエアによるエアクオリティ データの取り入れ

自社製品をより多く使用してもらうために、屋外のエアクオリティ データをコネクテッドデバイスやモバイル アプリに提供しようと思ったことはありますか?

ライバルを上回るには?

空気清浄機メーカーであれば、エアクオリティ データを製品に組み込むことで、製品の利点をアピールできるのではと思うかもしれません。潜在顧客と既存顧客に向けて、顧客が身の回りの空気に関心を持つような新しいアプローチをお探しでしょうか。

米国大手空気清浄機メーカーのブルーエアでは、世界トップクラスの空気清浄機を使って、室内の空気をきれいにすることで、世界中の子供や高齢者を含むすべての人々の生活環境を向上させることを企業理念としています。

アメリカの環境保護庁 (EPA) の統計では、室内のエアクオリティは屋外の周囲のエアクオリティよりも、最大で 5 倍も悪くなる場合があると報告されています。このブログでは、BreezoMeter の共同創設者で環境エンジニアでもある Ziv Lautman 氏からの簡単な対応策を紹介します。

室内の大気汚染のように、通常目には見えない問題をどの様に解決したらよいでしょうか。顧客の健康面に利益をもたらすと同時に、ブランドへのエンゲージメントと製品価値を高め、さらに売上向上とアップセルをもたらすような解決方法があったらどうしますか。

顧客に大気汚染に関する情報を提供し、世界の空気清浄機市場に向けて製品を提供するために、ブルーエアはどの様にインターネット接続とデータを利用しているのでしょうか。

製品の売上を伸ばし、製品知名度を広めるために、ブルーエアが選んだ戦略の 1つとして、BreezoMeter の提供するロケーションベースで、リアルタイムの屋外のエアクオリティ データをモバイル アプリと「Air View」というウェブページに採用しました。

大気汚染は子供たちにとって大きな問題です

ブルーエアは、大気汚染が子供や高齢者、喘息や慢性閉塞性肺疾患 (COPD) などの疾患や呼吸器疾患を持つ人々に大きな影響を与えていることを認識しており、空気清浄機が必要とされる場所に空気清浄機を届けるプロジェクトに参加してきました。例えば、あるロンドンの学校では、各教室にブルーエアの空気清浄機を設置し、以前に増して発生している大気汚染の問題に対応しています。

企業にできること

私たちが吸う空気中に含まれている物質を知らなければ、健康に影響を及ぼす有害な大気汚染物質から身を守ることは困難で、企業や政府、学校や家族を含めて誰も助けてくれません。しかし、必要な場所にリアルタイムで利用可能なエアクオリティ データを統合することで、健康面を気に掛ける人々にとって、より良い選択ができるようなります。インタラクティブな大気汚染ヒートマップを見ることで、大気汚染がどれだけ動きのあるものなのか理解いただけるでしょう。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2019 BreezoMeter

2018 年 10 月 11 日
A Fresh Approach: Blueair’s Integration of Air Quality Data