Kong からユニバーサル サービス メッシュ Kuma のご紹介

新しいオープン ソース プロジェクトである Kuma のリリースを発表できることを嬉しく思います。Kuma は、サービス メッシュ用の最新のユニバーサル コントロール プレーンです。 Kuma は、クラウド ネイティブ アプリケーション用に設計された強力なプロキシである Envoy に基づいています。大規模なマイクロサービス アプリケーションの監視、セキュリティ、信頼性がますます重要になるにつれ、サービス メッシュは、クラウド ネイティブ エコシステムにおける重要な実装となり、Envoy が事実上の業界サイドカー プロキシになりました。

Envoy プロキシの作成者である Matt Klein 氏は、「Envoy がテクノロジ コミュニティにこれほどすばやく受け入れられたことはとても喜ばしいことであります。Kuma は Envoy のユース ケースを拡張し、企業によるクラウド ネイティブ アプリケーションの作成、およびサービス メッシュでの管理をより迅速かつ容易にします。」と述べています。

Kuma は、マイクロサービスおよび API だけでなく、L4 および L7 トラフィックを含むネットワーク上のサービスのシームレスな管理を可能にすることにより、第一世代のサービス メッシュ テクノロジの制限に対処します。その高速データ プレーンと高度なコントロール プレーンにより、すべてのチームでの使用と導入が非常に簡単になります。 Kuma は、Kubernetes、仮想マシン、コンテナ、ベア メタル、レガシー環境を含む任意のプラットフォームで実行され、組織全体でより実用的なクラウド ネイティブを実現します。

Kuma は、コードを変更することなく即利用可能で、基礎となるネットワークを安全で信頼性が高く、識別可能なものにし、成熟したコントロール プレーンによって高度なカスタマイズを可能にします。高速データ プレーンと高度なコントロール プレーンの組み合わせにより、ユーザーは、ネイティブ Kubernetes CRD または RESTful API を使用して、わずかなコマンドでアクセス許可を簡単に設定し、メトリックを公開し、ルーティング ルールを設定できます。

Kuma の主な機能

ソフトウェア定義セキュリティ

Kuma は、すべての L4 トラフィックに対して mTLS を有効にします。適切なアクセス制御のために、権限も簡単に設定できます。

強力な生産性機能

Kumaを使用すると、ユーザーはトレースとログを迅速に実装でき、迅速なデバッグのためにメトリックをより適切に分析できます。

高度なルーティングとコントロール

Kuma は、サーキット ブレーカーやヘルス チェックなどのきめ細かいトラフィック コントロール機能を提供し、L4 ルーティングを強化します。

Kuma は、サービス間の通信を簡素化することにより、いつでもどこでもデータを利用できるようにするというビジョンを持ち、Kong によってサポートおよび保守されています。Kuma は、実稼働環境でサービス メッシュを実行している 150 以上の企業組織から学んだ教訓を基に構築されています。また、Kong は Envoy プロジェクトのアップストリームへの貢献を継続する予定です。

#KumaMesh についてもっと知るには?

Kuma の入門ドキュメントを読む
Slack にご参加ください!
Kuma の詳細については、10 月 2〜3 日、サンフランシスコで開催される Kong Summit 2019 をご覧ください。 9 月 31 日までにコード Kuma19 を使用すると 99 ドルで登録ができます。


Kong Enterprise の概要、価格、およびライセンス体系などの詳細は、こちらを参照してください。デモをご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。


記事参照: 2019 年 9 月 10 日
 Marco Palladino
© Kong Inc. 2019
Introducing Kuma: The Universal Service Mesh