今こそ花粉データを統合すべき 10 の理由

2020年に花粉データの統合を検討しているビジネスのために、この記事では、花粉情報を商品やリサーチ、キャンペーンに今すぐ活用すべき 10 の理由をご紹介します。

季節性アレルギーに悩む人が増えている

ACAAI によると、アレルギー性鼻炎はすでに全世界の人口の 10% から 30% の間で発症しています。

現在、特に都市部では花粉症 (またはアレルギー性鼻炎) が増加傾向にあることを示唆されています。フランスを拠点とするある研究では、特定の地域における花粉症の有病率が、2004年の 8% から 2015年には 12% に上昇していることがわかりました。

2025年までには、EU 全人口の半数が季節性アレルギーに悩まされる可能性があると推定されています。

アレルギーの季節がより強くより長くなってきている

研究者たちは、北半球の 17 の異なる場所の花粉データセットから 26年間の平均を分析しました。

分析した場所の 71% で花粉の総発生量が増加し、65% の場所で花粉発生期の長さが世界平均で年間 0.9日増加していることがわかりました。

Bieloryによる別の研究では、花粉数が 2040年までに 2倍になる可能性があることを示唆しています。

花粉情報の需要が高まっている

世界の花粉アレルギー市場は、2019年から 2026年の間に劇的に成長すると予測されています。

この市場の成長に伴い、アレルギー症状の管理や改善に役立つ花粉情報に対する一般の人々の需要が増加しています。BreezoMeter の独自の Pollen API の利用法では、花粉データに対する需要の増加を見ることができます。

この市場の成長に伴い、アレルギー症状の管理や改善に役立つ花粉情報に対する一般の人々からの需要が高まっています。この花粉データの需要の増加は、BreezoMeter 独自の花粉 API の使用データから確認できます。

BreezoMeter のプラットフォームに対する花粉リクエストの増加を示すグラフ

新しい粒状花粉データはビジネスに付加価値を与える

特定の場所の正確な地形、気象、気候条件に基づいて、花粉レベルは 1km ごとに変化する可能性があります。実用的な意思決定のために、広い地域のレベルだけで花粉データを提供するのでは不十分な場合が多くあります。

英国 MetOffice 花粉マップ

英国の MetOffice は、国全体を 16 の非常に大きな地域に分けていますが、これらの地域内では、実際の花粉のレベルは大きく異なる可能性があります。

参照元

BreezoMeterの花粉レポートでは、1km の解像度までの正確なライブ花粉レポートと予測花粉レポートを提供します。さらに、この情報は場所ごとに植物の種類や種ごとに分類されています。

結論: ハイパーローカルで個人に特化した花粉情報があればあるほど、最終消費者や社内研究のための価値が高まります。

BreezoMeter の花粉マップ

業界のリーダーはすでに花粉データを統合している

ALK大正製薬Amcal Pharmacy のようなグローバルな大手企業は、すでに高解像度の花粉データフィードやインサイトを現在および将来の製品ロードマップに活用し始めています。これは、今後の市場の変化を示します。

COVID-19 が花粉データをより重要なものにしている

これまでの研究では、花粉シーズンは呼吸器および心血管疾患による死亡率の一般的な増加と関連していることが示されています。フィニッシュの研究者グループによる研究では、花粉シーズンの突然の開始が呼吸器疾患による死亡率を 20% も増加させることがわかりました。

COVID-19 の時期に花粉に敏感なグループのリスクが増加したことについては、こちらをご覧ください。

パーソナライズされたデータへのアクセスの増加がブランドの差別化に役立つ

パーソナライズされた環境情報の選択肢が増えるにつれ、差別化を図る企業の選択肢も増えています。BreezoMeter では、企業が花粉情報と大気汚染情報のいずれかを統合していることがよくあります。

しかし、人の健康や顧客が関心を寄せることに関しては、花粉と大気汚染は完全に関連しています。

既存の大気質統合を花粉で補完することで、企業は既存の製品やソリューションに新たな洞察層を追加することができます。競合他社は、おそらくまだこれを行っていないでしょう。

パーソナライズされたインサイトがブランドの信頼性の構築に役立つ

今日の消費者の 72% もの人が、パーソナライズされた情報のみを利用しています。この事実は、環境インテリジェンスを利用して適切なメッセージを適切なタイミングで適切な人に届け、驚くべき結果を出している NeutrogenaAmcal Pharmacy によって証明されています。

Amcal Pharmacy は Breezometer の花粉データフィードを使用し、

オーストラリアの通勤者にデータを提供

参照

製品、アプリ、ウェブサイトがより魅力的になる

製品全体のエンゲージメントを高め、製品間のチャーンを削減するための巧妙な方法を探しているプロダクトマネージャーにとって、花粉数データフィードとパーソナライズされたインサイトは、特定のタイプの製品やアプリケーションとの過去のインタラクションを変化させることがわかっています。

アレルギーに悩む顧客に対して、魅力的な花粉のヒートマップとパーソナライズされた推奨事項を統合することで、アレルギーリーダーの ALK はアプリのチャーンレートを 50% 改善しました。

花粉に関するインサイトが製品、マーケティング、ロジスティクス戦略の情報提供に役立つ

私たちの身の回りの環境に対する個人の反応は、環境に基づいてカスタマイズされたソリューションを開発しようとしている企業に課題を提示しています。

今日では、場所固有の花粉データを実際の製品使用や個人の行動と相関させることで、ユーザーによりパーソナライズされたソリューションを開発することができるようになりました。

医療従事者にとっては、ハイパーローカルな花粉情報の履歴、ライブ、予測データは、医療用品がいつどこで必要になるか、どこでマーケティング活動に優先順位をつけるかを計画するのにも役立ちます。

BreezoMeter のクライアントの中には、ライブ花粉インサイトを Adwords のリアルタイム入札に統合し、素晴らしい結果が得られました。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter
2020 年 8 月 11 日
10 Reasons Why Now is the Time to Integrate Pollen Data