COVID-19 ワクチン配布を改善するヘルスケア分野のバーコード

 

安全かつ効果的な COVID-19 ワクチンをファイザー社とモデルナ社が 1 年足らずで開発したことは、近年の医学界における偉業のひとつです。しかし、ワクチンが利用可能となった今、医療業界と政府当局は、国民に迅速かつ効率的にワクチンの配布を行わなければいけないという新たな課題に直面しています。この課題は、ワクチンの開発と同様、とても気の遠くなるようなものです。

その中で、ヘルスケアのサプライチェーンと患者の記録用にバーコードを使用することは、ワクチン配布における様々な課題解決に大きく貢献するでしょう。医療用バーコードはすでに多くのアプリケーションに使用されています。まだデジタル トランスフォーメーションの導入を行っていない組織にとって、バーコード処理の統合は、高まるワクチン配布への需要に対応できる可能性を大いに広げます。

医療バーコードがワクチン配布の課題を解決する 4 つの方法

1, サプライチェーンの精度向上による無駄の削除

ワクチンの製造、または配布には高額な費用が掛かるため、無駄が発生することへ懸念することは当然のことです。ファイザー社及び、モデルナ社のワクチンはそれぞれ、製造後、出荷時には低温で保存する必要があります (ファイザー社は約 -75℃、モデルナ社は約 -20℃)。 一度、投与のために冷蔵庫に移してしまうと、再冷凍することはできません。モデルナ社のワクチンは 30 日間冷蔵可能 (バイアルに穴が開いてない状態) ですが、ファイザー社のワクチンは 6時間以内に使用しなければならず、6 時間を超えた場合は、破棄をしなければいけません。さらなる問題として、ファイザー社の保冷輸送容器には 975 本のマルチドーズ・バイアル (4,875 回分) が入るのに対し、モデルナ社のワクチンは 1 箱に 10 本のバイアル (100 回分) しか入れることができません。

また、正確な在庫数と出荷の追跡ができなければ、医療機関は一つの場所に過剰供給してしまったり、他の場所では供給不足になってしまったりしかねません。最悪なケースでは、未使用の医薬品が他の場所に移動、供給されず、破棄されてしまうことです。サプライチェーン全体で、医療用バーコードスキャンを導入することで、医療機関は出荷プロセスにおいてより効率的な流通を実現することができます。また、配送先に適切な保管場所はあるかどうか、事前に確認することで、冷蔵庫の空きがないためにワクチンが無駄になる可能性を避けることができます。

2, 投与記録の改善

現在、承認されているワクチンの配布における重大な課題の一つとして、複数回投与必要とされていることです。また化学成分や投与量は同じですが、一定の間隔をあけて、投与しなければいけないという問題があります。FDA によると、その間隔はファイザー社のワクチンは 21 日、モデルナ社のワクチンは 28 日とされています。医療機関は効率よくワクチンを提供するために、だれが1 回目のワクチンを投与されたか、2 回目の投与に向けてどれくらいのワクチンを出荷すべきか正確に記録しなければいけません。

医療用バーコードを読み込み、印刷する機能によって、ワクチン提供者は患者がワクチン接種のどの段階にいるのか迅速に把握し、正確な時期に 2 回目のワクチン接種を行うことができます。ワクチンに互換性がないことを考えると、この機能は特に重要なものとなってきます。例えば、1 回目にファイザー社のワクチン接種を受けた患者は、2 回目にモデルナ社のワクチンの接種を受けるべきではありません (例外的な状況を除く) 。初回ワクチン接種後に特定のバーコードを作成し、患者の健康記録に添付することで、医療機関は迅速かつ、容易に患者への正しいワクチンを判別し、それらを患者へ提供することができます。

3, 必要な医療機器を手元に

ワクチン配布はただ輸送することだけではありません。ワクチン投与には保護具、バイアル、ゴム栓、注射器、針、アルコール綿など、様々な医療機器が必要となってきます。今回のパンデミックで医療機関サプライチェーンは大きな負担を負っているため、ワクチンが到着したとしても、同時に医療機関が必要なものすべてを揃えられるわけではありません。さらに、全体的な予防接種のペースが上がるにつれて、正確な数の医療機器を取り揃えておくことはとても重要になってくるでしょう。特に、医療機関が多くの場所で予防接種をするとなればなおさらです。

医療機関におけるバーコードはサプライチェーンの様々な要素間の接続を確立するために重要です。医療用バーコードを統合することで、医療機関はワクチン投与に必要なすべての医療機器をほぼリアルタイムで追跡し、取り揃えることができます。同じバーコードを患者の記録に組み込むことで、最新の在庫数を把握することができ、病院や医療施設がワクチン投与の際、必要な機器不足を防ぐことができます。

4, 従来のサプライチェーンを超えた配布の拡大

大都市でのワクチン配布は困難なことですが、サービスの行き届いていない地域へのワクチン配布は別の課題があります。これらの地域では、医療製品を迅速かつ、広範囲に配送するためのサプライチェーンのインフラが整っていません。医療提供者がこれらの地域に進出ためには、地域社会との連携が可能な遠隔地の配送センターや治療センターを設置するためのテクノロジーツールが必要となってきます。

ヘルスケア分野でのバーコードはワクチンの輸送や、患者の記録を可視化するために必要ですが、特定の地域では、フィールドワーカーがより多くの力を発揮し、コントロールできるよう、モバイル医療バーコードの統合システムが必要になります。破損していたり、壊れているバーコードを読み取ることができる堅牢で信頼性の高いバーコード統合システムは、地方のデジタル インフラへの限界を乗り越えるために必要不可欠となってくるでしょう。

Barcode Xpress でヘルスケアにおけるバーコードの可能性を拡げる

Accusoft の Barcode Xpress SDK インテグレーションは、画像が破損していたり、壊れていたり、不完全なものであっても、ヘルスケア アプリケーションの 30 種類以上のバーコードの読み取り、書き込み、検出する手助けをします。毎分最大 1,000 ページもの速度で、複数のバーコードを読み取ることができる Barcode Xpress は医療機関がサプライチェーンや患者の記録を効率よく管理するのに役立ちます。Barcode Xpress Mobile は iOS または Android デバイスを強力なバーコードスキャナに変えることができ、同じ機能をさらに拡張することができます。

COVID-19 の配布は 21 世紀の最も偉大な物流事業でひとつです。医療機関でバーコードの使用を拡大することは、提供者は無駄を削減し、ワクチンを必要としている患者へ効率よく届け、サプライチェーンの透明性を高めることができます。人々の暮らしが元に戻り、このパンデミックを乗り越えるために、Accusoft の Barcode Xpress がどのように医療業界のインフラの課題を解決できるか、ご覧いただけたかと思います。ぜひ Accusoftの Barcode SDK のハンズオンデモを今すぐお試しください。

参照ブログ記事:

How Barcoding in Healthcare Can Improve COVID-19 Vaccine Distribution

Accusoft Barcode Xpress 製品詳細は、こちら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする