サプライチェーンの課題を解決するバーコードの統合方法

COVID-19 のパンデミックは、グローバルなサプライチェーンに影響を与える初めてのパンデミックではないかもしれませんが、これまでの公衆衛生上の危機とは桁違いに大きな影響を及ぼしています。世界中の企業は、リモートワークへの移行と、深刻なサプライチェーンの混乱の克服という 2 つの課題に直面しています。2020 年が終わった今、パンデミックは一時的なものではなく、物流戦略にとっての「ニューノーマル」を表す可能性があることが明らかになりつつあります。

サプライチェーンの 3 つの重要な課題

新しいテクノロジーの導入から、代替ベンダーとの関係構築まで、さまざまな業界の企業が、サプライチェーンに立ちはだかる課題に対応するために、短期的にも長期的にも対策を講じています。その中でも特に注目されているのが、バーコードの統合です。バーコードは、一見すると技術革新の最先端の様には捉えられませんが、毎日 60 億回以上スキャンされており、現代のサプライチェーンマネジメントにおいて非常に重要な役割を果たしています。

ここで、企業が直面している最大の課題をいくつか紹介します。

1. サプライチェーンの可視化

今日のオンデマンド市場では、スピードと柔軟性が競争力の鍵となっています。お客様は商品をより早く届けてほしいと考えており、期待に応えられないブランドは信頼を失ってしまうことも多々あります。オンライン消費者を対象とした 2019 年の調査によると、回答者の 72.7% が、配送の質が低い企業には二度と注文しないと答えています。このような大きなリスクを考えると、組織にとってサプライチェーンの可視性を高いレベルで維持することは非常に重要です。

バーコード技術は、生産や流通の全過程で製品や材料、部品等を追跡することを可能にします。各過程で商品が処理されるたびに、すばやくスキャンして商品のステータスを更新することができます。これらの情報は、在庫追跡ソフトウェアに反映され、企業はサプライチェーンを通過する貨物の動きをより正確に把握することができます。この可視性により、潜在的な問題の特定が容易になり、全体的な物流効率が向上します。

2. デジタル トランスフォーメーション

経済全体でデジタル トランスフォーメーションが重視されているにもかかわらず、多くのサプライチェーンは非効率的なレガシー インフラに阻まれています。サプライチェーン業務を他の部門と統合するためにデジタル ツールを使用している企業は 21% に過ぎず、多くの中小企業が大きな課題に直面しています。小売業界だけでも、不適切なプロセスやデータの断絶により、企業は年間 5,000 億ドル以上の損失を被っています。年末年始や大型連休が近づき、オンラインショッピングが大幅に増加することが予想される場合、その需要に十分なスピードで対応できる完全デジタル化されたサプライチェーンの構築が不可欠となっています。

適切なデジタル技術ツールを導入することで、企業はサプライチェーンを合理化し、より良い意思決定を行うために必要なデータを収集することができます。バーコード統合ソフトウェアは、物流管理の物理的な要素とデジタル的な要素をつなぐ架け橋となるため、このような変革の基盤となります。配送物を瞬時にスキャンして追跡システムに取り込むことで、サプライチェーン全体の豊富なデータポイントを提供し、混乱への対応やより良いプロセスの開発を容易にします。また、バーコード ライブラリには、従来の 1 次元コードと新しい 2 次元コードの両方を迅速かつ正確にスキャン デコードする能力が求められます。

3. 自動化

パンデミックの際、多くの組織が従業員と顧客を感染から守るためにソーシャル ディスタンスのプロトコルを導入したように、サプライチェーンのパフォーマンスにとって自動化はこれまで以上に重要なものとなっています。このような COVID-19 の圧力は、自動化されたソフトウェアとシステムの実装の推進をさらに加速させるでしょう。ガートナー社は、2023 年までに倉庫作業員の30%が協働ロボットに取って代わるであろうと 2019 年に予測しており、それに伴って自動化されたスキャンや在庫管理ツールの需要がさらに高まることが予想されます。

これらの自動化システムが効果的に機能するためには、倉庫や組立ライン、配送センターなどの厳しい作業環境に耐えられる堅牢なソフトウェアが必要です。例えば、破損したバーコードを正確に読み取ることができないバーコード統合は、このような環境では長続きしません。自動化されたシステムを動かすソフトウェアは、様々な状況下で機能し、現場の作業者が常に監視しなくても障害を対処できる適応力を持っていなければいけません。

Barcode Xpress でサプライチェーンを活性化する

真のデジタル サプライチェーンのニーズを満たすソフトウェアを構築することは容易なことではありません。特に、バーコード読み取り機能をサプライチェーン アプリケーションに統合する場合は、その傾向が顕著です。多くのバーコード フォーマットが使用されているため、開発者は、あらゆる業界で使用されている一般的なバーコードタイプと非一般的なバーコードタイプの両方を正確に検出、読み取り、書き込むことができる機能を備えた SDK を必要としています。

Accusoft の Barcode Xpress は、30 種類以上の異なるバーコード タイプを迅速かつ正確に読み書きすることができる、多言語対応のバーコード統合ツールです。堅牢な SDK ソリューションである Barcode Xpress は、ImagXpress のイメージ機能を活用して、他のリーダーでは読めない損傷や破損したバーコードを修復します。

スピード

Barcode Xpress は、1 ページにある複数のバーコードを最大 1,000 ページ/分の速度で検出し、デコードすることができます。バーコードがどこにあるのか、どのような種類のコードなのか、いくつあるのかは関係ありません。バーコードの向きは関係なく、数ミリ秒以内で読み取ることができます。

正確さ

Barcode Xpress は、バーコードを検出するたびに、画像内にエンコードされた情報を提供するだけでなく、高い精度を保証するための信頼値も報告します。また、SDK の画像処理機能により、破損したバーコード、壊れたバーコード、印刷不良のバーコードも読み取ることができます。ブラックノイズ、ホワイトノイズ、消去、低解像度、白線の筋など、バーコードにありがちな問題を再構築し、自動的にスキャンすることで、サプライチェーンの運営を円滑に進めることができます。

汎用性

30 種類以上のバーコードの検出、読み取り、書き込みが可能な Barcode Xpress は、Windows および Linuxベースのオペレーティング システム向けに複数の構成で提供されています。SDK ライブラリは、24 ビットのカラー画像、8 ビットのグレースケール画像、1 ビットの白黒画像をサポートし、さらに ImagXpress との統合により 80 以上の追加画像処理と編集機能を提供しています。

Barcode Xpress を今すぐ体験しよう

導入や活用が容易な Barcode Xpress は、バーコード認識機能を必要とするデスクトップおよび Web アプリケーションのための真のオールインワン ソリューションです。たった数行のコードで、サプライチェーン技術の可能性を最大限に引き出すことができます。

Barcode Xpress の無料体験版でいかにバーコードの統合を容易であるかをご確認ください。

参照ブログ記事:

How Barcode Integration Is Solving Supply Chain Challenges

Accusoft Barcode Xpress 製品詳細は、こちら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする