テストを始めるには:自動化すべきテスト ケース

製品の品質を確保するためには、テストが重要なステップとなります。アプリケーションが正しく動作するかどうかをテストすることは非常に重要です。そうでなければ、お客様が購入したり、使い続けたりする可能性は低くなります。 ソフトウェアのテストは重要ではありますが、反復的なプロセスであり、機能や性能の革新を実現する作業に使いたい時間やリソースを必要とすることがあります。そこで登場するのが、テストの自動化です。テストを自動化するために、チームはツールを使って時間のかかるテストを自動的に実行します。これにより、貴重な時間とリソースが解放されると同時に、ソフトウェアの品質も向上します。  

しかし、すべてのテストを自動化できるわけではありません。そのため、どのようなテストケースが自動化によって最も恩恵を受けるのかを判断するのに時間をかけることが重要です。  

どのテストケースを自動化すべきか?  

テストの自動化を成功させたいのであれば、自動化されたテストを最大限に活用するための計画を立てる必要があります。 すべてのテストを自動化できるわけではないので、早い段階で自動化すべきテストケースを選択することが、自動化計画を作成する上で重要なステップとなります。 

どのテストケースを自動化するかを決める際に、ゼロから始める必要はありません。自動化すべきテストをどのように選択するかを含め、自動化テストには定義されたベストプラクティスがあります。ここでは、自動化によってプロセスを最も効率化できるテストの種類について、一般的なチェックリストを用意しました。ここでは、以下の点に注意してください。 

  • 複数のビルドで繰り返し実行されるテスト
  • ヒューマンエラーが発生しやすいテスト
  • 複数のデータセットを必要とするテスト
  • 頻繁に使用される機能で、高リスクの状態を引き起こすもの
  • 手動での実行が不可能なテスト
  • 複数の異なるハードウェアやソフトウェアのプラットフォームや構成で実行されるテスト
  • 手動でのテストに多大な労力と時間がかかるテスト

手動テストがまだ最適な場合を知る 

負荷テストやパフォーマンステストのように、手動で行うことが不可能なテストもあります。その他のテストでは、自動化が可能な場合もありますが、短時間で済むことを考えると、そもそも自動化されたテストを作成するために必要な投資には見合わないでしょう。  

場合によっては、手動が最適なこともあります。 たとえば、非常に新しいアプリで作業する場合、頻繁に変更される可能性があります。自動化が早すぎると、時間の投資が不十分になります。

特に複雑な機能をテストする場合、テストの自動化は非常に難しい場合があります。 ここでは、慎重に計画を立て、初期の時間とコストの投資が、後で節約できる潜在的な時間を上回ってしまうリスクを評価する必要があります。

同様に、UX の全体的な使いやすさやルックアンドフィールなどには、手動による人間によるテストが必要です。 結局のところ、エンドユーザーは人間になります!

ブレークダウンしましょう。

自動化が有効なテストの種類がわかったところで、アプリケーションの開発プロセスの中でそれがどのようなものかを見てみましょう。テストは一般的に4つの開発段階に分けられます。単体テスト、統合テスト、システムテスト、そして受け入れテストです。  

これらの段階を順番に見て、自動化がどこに役立つかを見てみましょう。

1.単体テスト

単体テストは、アプリケーションのテスト可能な最小の部分を個別に独立してテストして、正しく動作していることを確認するときに行われます。 これらのテストは通常、コードの記述時にバグを見つけるコストが後でバグを検出して修正するよりもかなり安価であるため、できるだけ早くエラーを見つけることを目的として開発者によって実行されます。

単体テストは手動で行うこともできますが、通常は自動化されています。単体テストは、テスト駆動開発(TDD)手法の一部であり、開発者はまず失敗する単体テストを書くことが求められます。その後、テストが合格するまでアプリケーションを変更するためにコードを書きます。失敗するテストを書くことは、開発者にすべての可能な入力、エラー、出力を考慮することを強制するため、重要です。 

2.統合テスト

統合テストでは、異なるソフトウェアモジュールを組み合わせてグループとしてテストし、統合されたユニット間の相互作用における問題点を明らかにします。 統合テストを自動化する際、多くの DevOps チームが採用しているベストプラクティスは、統合テストをビルドプロセスにできるだけ近づけて、重要なフィードバックをより早く得られるようにする「Shift Leftテスト」です。  

3.システムテスト

システムテストには、ソフトウェア全体(ソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク)を構築時の要件に照らして検証するために使用される、数多くのソフトウェアテストの種類があります。異なるタイプのテスト(機能テスト、データドリブンテスト、キーワードテスト、回帰テスト、ブラックボックステスト、スモークテストなど)を実施して、システムテストを完了します。 このステップでは、テストの種類によって自動化の方法が異なります。  

たとえば、機能テストでは、各機能が規定のビジネス要件を満たし、期待通りに動作するかどうかを検証します。 これらのテストは、記録と再生の機能を持つツールを使って簡単に自動化することができます。 

回帰テストは、システムに加えられた最近のコード変更が、機能に悪影響を与えていないことを確認するために使用されます。このタイプのテストでは、新しいテストケースを作成するのではなく、以前に作成したテストケースの全部または一部を選択して再実行します。回帰テストは、自動化が可能なテストの好例です。 

4. 受入テスト 

受け入れテストの目的は、ソフトウェアが提供されたビジネス要件に適合しているかどうかを確認することです。受け入れテストでは、ソフトウェアプログラムの個々の内部部品ではなく、システム全体の入力と出力に焦点を当てます。 4つの段階の中で、この段階は自動化が最も難しい段階の1つであることが分かります。なぜなら、成功の基準は主観的なものだからです。  

結論

チームや組織は、市場の要求に応えるためにアプリケーションや製品をより早く送り出すことに常に努力していますが、品質を確保するために開発プロセスをできるだけ効率化する方法を見つけることは非常に有益です。開発を加速するためには、テストの自動化がますます重要になってきています。テストは非常に複雑で多面的なプロセスであるため、自動化戦略をどこから始めればよいのかを知るのは難しいことです。幸いなことに、自動化テストの初心者が自動化戦略を始める際に従うべき基準があります。テストの自動化は、テストケースが反復的であったり、高リスクであったり、手動で実行するのが難しい場合に最も有効です。 自動化すべきテストを特定したら、自動化計画を具体化し、それを使用することに着手できます。  

このブログでは、あなたやあなたのチームが、どのテストケースを自動化すべきかを評価するためのステップを開始する方法について、簡単な洞察を得られたことを願っています。 それでは、自動化をお楽しみください。 

GUI テスト自動化製品 TestComplete の製品詳細はこちら

TestComplete 30日間無料評価版ダウンロードは、こちら

このブログは、SmartBear の Blog で公開されている「How to Get Started Testing: Best Test Cases to Automate」の日本語参考訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする