新型コロナウイルス感染者数とワクチン接種数データを見える化

今回のブログでは、新型コロナウイルスとワクチン接種数のデータを「見える化」の例として取り上げます。

DX (デジタル トランスフォーメーション) 化にあたり、データの見える化、ダッシュボード化は不可欠なプロセスの 1 つです。今回は、新型コロナウイルス感染者数とワクチン接種者数のデータを用いて、データの見える化を実践してみました。

【データ参照元】

使用ソフトは Altair Panopticon (アルテア パノプティコン) です。

扱いたいデータを、見やすい独自のダッシュボードで自由に見える化できます。様々なデータ形式をサポートしている他、レポートのエクスポートも可能です。

形式の異なる複数のデータを自動で収集し、適切なチャートや形式で見える化し、多数の切り口からデータを分析できるようになります。Panopticon は、静的データだけでなく、リアルタイムデータにも対応しているので、異常などにも即座に気づけます。

その他の事例はこちらからご覧ください。

*本記事は、アルテアエンジニアリング株式会社のブログ投稿文を抜粋・転載したものです。