Word 2019 をサポートした ヘルプ オーサリング ツールの新バージョン MadCap Doc-To-Help 6 の販売を開始

エクセルソフト株式会社(東京都港区)は、米国 MadCap Software 社のヘルプ オーサリングツール「Doc-To-Help 6」を 2019 年 8 月 21 日から日本国内で販売を開始しました。MadCap Doc-To-Help は、使い慣れた Microsoft Word をエディターとして利用し、すばやくオンラインヘルプ、各種マニュアル、電子書籍 EPUB ファイルを作成できるシングルソースのマルチ チャンネル パブリッシング ツールです。
新バージョンでは、Microsoft Word 2019 をサポート、Web ベースのカスタム テーマの作成、高 DPI モニターのサポートなどが追加されました。

製品概要

MadCap Doc-To-Help
Doc-To-Help は、目次やキーワード検索機能を備えた高機能マニュアル、オンラインヘルプを生成できるソフトウェアです。
使い慣れた “章” 単位の Word 環境でのコンテンツ作成およびコンテンツ管理をするユーザーに最適なオーサリング ツールです。製品ヘルプや取扱説明書、各種マニュアルを作成するテクニカルライターから、社内文書を扱う管理部門の方にも簡単にご利用いただける製品です。Doc-To-Help はシングルソースから多数の種類の出力形式を制作できるため、マルチプラットフォーム化も容易に実現できます。

MadCap Doc-To-Help 6 の機能概要

  • Microsoft Word 2019 をサポート: Doc-To-Help は、最新バージョンの Microsoft Word 2019 をサポートします。
  • カスタム テーマから新しい Web ベースのテーマを作成する機能を含む NetHelp の改良 : Doc-To-Help に追加したカスタムテーマに基づいて、新しい NetHelp テーマを作成できるようになりました。また、Web ベースの出力用にカスタム テーマのロゴ画像にカスタム URL または JavaScript リンクを追加できます。
  • セクション 508 コンプライアンスの強化 : セクション 508 アクセシビリティ モードを有効にした NetHelp 出力には、“Skip to Main Content” (メイン コンテンツへスキップ) オプションが含まれるようになりました。 Tab ボタンを使用すると、ページ上のナビゲーション要素をバイパスして、メイン トピック セクションにスキップできます
  • 4K、Retina および高 DPI モニターをサポート : 高 DPI の強化により、ボタンやアイコンなどのユーザー インターフェイスを高解像度モニターで簡単に表示できます。

製品の詳細については、弊社 Web ページをご参照ください。