エアクオリティを知る上での低価格センサーの問題

世界中の大気汚染は私たちが呼吸する貴重な空気に影響を及ぼし続けているため、煙の多い空や重い空気の不便さに単に直面しているだけではありません。これは深刻な健康上のリスクであり、特に COPD や喘息などの心臓や肺の病気に苦しんでいる人にとっては大きな問題です。

汚染された都市部に住む世界中の人々の数は、WHO が定める空気品質基準の許容範囲を超えており、驚くべきことに 80% を超えています。

大気汚染の最も懸念されるアスペクトの1つは、その存在が人間の目に常に見えるわけではないが、その壊滅的な健康への影響を無視できないということです。短期的および長期的に大気汚染にさらされると、心臓病、脳卒中、肺疾患、早死のリスクが高まり、喘息発作が増加します。微粒子状物質 (PM 2.5) とオゾンは、健康被害を引き起こす主な原因の 2 つです。この世界的な大気汚染の危険性への重点が高まり続けるにつれて、私たちが呼吸する空気から身を守るために、低コストのエアクオリティ センサーの数も増えています。

低コストのエアクオリティ センサーの増加

低コストのエアクオリティ センサーの設計と製造の緊急性は広まってきており、固定型から携帯型までさまざまです。ただし、データの正確性と完全性は完全ではありません。

低コストのエアクオリティ センサーは、特定の汚染物質のエアクオリティ モニタリングを提供できます。ただし、詳細なエアクオリティ データ分析と高度な QA (品質保証) を実行する能力がなければ、低コストのエアクオリティ センサーの汚染物質の測定値の精度を完全に信頼することはできません。

また、低コストのエアクオリティ センサーがさまざまな種類の主要大気汚染物質を解読できるという保証はありません。これは、各大気汚染物質の正確なレベルを提供する能力を持つのと同じくらい重要です。たとえば、微粒子 (PM) は監視されているがオゾン (O3) は監視されておらず、O3 は高いがセンサーがすべて (PM) は問題ないと言っている場合、特に子供のようなオゾンにすでに敏感な人々には予期しない健康上の問題がある可能性があります。

低コストのエアクオリティ センサーは、エアクオリティ監視の真の必要性を認識させるのに役立ちますが、残念ながら、現在の状態を正確に測定するための高度な技術がありません。

そこで BreezoMeter の屋外エアクオリティ データ ソリューションがどのように役立つのでしょう

BreezoMeter の技術は、手頃な価格の個人用空気質センサーに統合されると、高度なアルゴリズムと機械学習とともにビッグデータ分析を使用して、正確な屋外エアクオリティ分析とリアルタイムのデータを提供します。キャリブレーション、高度なQA、継続的な監視、エアクオリティ データ分析を通じて、BreezoMeter は、価値のある実用的な結果とフィードバックをリアルタイムで生成するデータの正確性を保証する技術を使用します。屋外のエアクオリティはダイナミックで、1 日中変化し続けます。

この正確なエアクオリティ データ分析は、方程式の半分に過ぎません。BreezoMeter はデータを取得し、正確な地域の現在のリアルタイム汚染レベルに基づいてわかりやすいアドバイスと健康に関する推奨事項を提供します。大気汚染のレベルに応じて、屋内にいる場合は窓を閉める、屋外にいる場合は野外活動を避ける、屋外での適度な運動のみを推奨、または屋外にとどまるための推奨最大時間をアドバイスすることができます。

BreezoMeterの技術は、低コストの屋内/屋外エアクオリティ センサーを製造する企業、または消費者に提供する完全な製品ソリューションとしてスマートホーム統合エアクオリティ センサーを求めている屋内家庭用エアクオリティ センサーのメーカーなど、都市計画の政府および自治体に最適です。

低コストのエアクオリティ センサーは、健康に影響を与える主要な汚染物質すべてに対処する能力が限られている中、BreezoMeter の高度な技術は、エンドユーザーにコンテキストを提供し、実用的な健康に関する推奨事項を提供することで、ソリューションの改善に役立ちます。屋内および外出中に呼吸する空気中にあるものを知ることは、私たちの周りにある有害な大気汚染物質への接触を減らす処置をとるための重要な情報です。

正確なリアルタイムでロケーションベースのエアクオリティ データを製品、アプリ、またはテクノロジーに統合することに興味がありますか?お気軽に日本語でご相談ください!

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2019 BreezoMeter

2018 年 6 月 28 日

What’s the problem with low-cost air quality sensors?