Microsoft® Word を使用したヘルプ オーサリング ツールの日本語スタート ガイドを公開

Microsoft® Word を使用したオンライン ヘルプ、Web、モバイル、電子書籍およびその他の印刷物をオーサリングおよびパブリッシュするのに最適なソリューションである MadCap 社の Doc-To-Help 4 をより多くのお客様に利用していただけるように、2017年 3月 15日に弊社 Web サイトにて日本語のスタート ガイドを公開しました。それに伴い、Doc-To-Help 4 の便利な新機能を紹介したいと思います。

 3つのダイナミック アドイン モード ― Basic、Full および No Features

今までにない簡易なコンテンツの作成および編集のための新しいダイナミック アドイン モードが追加され、各ドキュメントの種類に必要な機能に基づいた Doc-To-Help リボンが自動的に調整されます。

  • Basic (ベーシック): 最終出力時に使用されるモードで、ドキュメントのアドインが無効な、任意の Doc-To-Help プロジェクトに含まれていない場合や、アドインがドキュメントに関連する Doc-To-Help プロジェクトを見つけることができない場合に使用されます。
  • Full (フル): Doc-To-Help プロジェクトに含まれるすべてのドキュメント用に使用されます。
  • No Features (機能なし): テンプレートとして使用されます。

 3つのパネルによって Microsoft® Word から複数のビルドを直接生成

  • Build パネル: ビルド、リビルド、表示およびビルドのキャンセル、ビルド エラーおよびビルド ログの表示。
  • Progress パネル: ビルド スタータス メッセージとビルド進捗率の表示。
  • Project パネル: Doc-To-Help で頻繁に利用される機能へのアクセス。

 すぐにコンテンツを作成できる新しいテンプレート

  • ポリシーおよび手順書テンプレート
  • マクロを含まないテンプレート
  • ソース テンプレートの更新

 新しいテーマとスタイルシート

アコーディオン、タブおよびレスポンシブの 3つの新しいプロジェクト テーマの利用が可能で、新しいテーマを補完するために 2つのスタイル シートが追加されました。


多数の改良が加えられ、より強化された使いやすさを備えた最新の Doc-To-Help の日本語版スタート ガイドはこちらのページの最新ニュースの欄からご覧ください。

その他 MadCap 製品に関する詳細はこちらの製品ページをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする