Sketch UI アセットを Axure にエクスポート

Axure RP は、スマホからウェブサービス向けの幅広いデバイスに対応するインタラクティブなプロトタイプをコードなしで作成します。

今回は、Sketch から UI アセットを Axure RP へエクスポートする Sketch プラグインについて紹介します。Sketch プラグインを使用することにより、今までの Sketch から SVG にエクスポートし、エクスポートした SVG を Axure RP へインポートする手間を省き、作業効率を大幅に向上できます。

Axure RP を持っていない方は、まずは 30 日間無償評価版をダウンロードください。

[30 日間無償評価版ダウンロード]

Axure RP を既にお持ちの方は、Sketch-to-Axure プラグインをダウンロードください。

[Sketch-to-Axure プラグインダウンロード]

※ 2018/2/28 に Sketch 49 対応へ更新されています。

以下が Sketch プラグインの主な機能になります。

Sketch プラグインは、オフィスで Sketch を使用する場合のワークフローを、Stetch の API を活用し、能率化することを目指しています。Sketch to Axure プラグインは、より効率の良い、より正確なプロトタイプ作成を手助けします。

現在の Sketch プラグインはベータ版であるため、すべての機能が装備されていませんが、上の画像で表示されている動作が基本的な機能になります。Sketch UI からセレクション (またはすべてのアートボード) をコピーし、1 つのウィジェットとして Axure RP に貼り付けることができます。(プラグインをインストールした後は、Sketch メニュー上で [Plugins][Axure RP] を選択します。) 現在のプラグインでは、同期、アプリケーション間でのライブラリ サポートなどの機能をまだ提供していませんが、随時、現在のベータに機能を追加していく予定です。

是非、Sketch プラグインをダウンロードしワークフローの効率化を体験してください。

[ Sketch to Axure プラグイン ダウンロード]

[ 30 日間無償評価版ダウンロード ]

Axure 製品の詳細は、弊社ウェブサイトよりご覧ください。

[Axure 製品ウェブページを見る]

参照記事:

Axure Forum “Check out our Axure Sketch plugin for bring Sketch assets into Axure RP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする