この夏!ついに Axure RP の最新バージョン v9 がリリースされます

Axure は今年で 16 年目を迎え、今までに 8 つのメジャーリリースを行ってきました。

その中でも、プロトタイプ共有サービスである Axure Share は、ヘルスサービスやファイナンスの分野で活躍をする Axure Share エンタープライズを追加するなどこれまで大幅に改良されてきました。

そして、この夏新たに Axure RP バージョン 9 がリリース予定です。プロトタイプ作成を充実させるためのツールが大幅に改善されています。

デザインを見直し構成を改めたことで、より楽しく、パワフルなプロトタイプ作成を実現する Axure RP 9。新しいハードウェアによるレンダリング エンジン、ファイルの素早い保管および読み込みを可能にするファイル構成、スムーズな拡大や編集を実現するための効率化されたキャンバスが追加されます。これまでに Axure RP が提供してきたプロトタイプ機能や文章化機能が今回の新バージョンでは大幅に改良されています。

誰でもわかる簡単な操作方法

インタラクションの設定方法が変更され、より直観的な設定が可能になります。

すべてのデザインを可能にする細部に渡る充実した設定機能

文字間のスペース、取り消し線や上付き文字などの文字体裁の設定を向上しました。放射状グラデーションや HSV を使用して色の作成をできるようになります。図形の背景としての画像、画像フィルターや高画質の画像をプロトタイプ上で使用することができます。高機能なスナップやディスタンス ガイド、シングル キーによる図形描画のショートカットやより正確なベクター編集が追加されます。

さらに、Axure-to-Sketch プラグインを使用して、Sketch からより高精度なコピーおよび貼り付け機能が使用できるようになります。

充実したプロトタイプの表示

最新ブラウザー向けに最適化され、最新のワークフロー向けにデザインされた新しいプロトタイプ プレーヤー上でプロトタイプをより分かりやすく確認することができるようになります。ドキュメンテーションを確認しながら、モバイルおよびデスクトップのプロトタイプを表示し、UI/UX の確認をすることができるようになります。

用途に合わせたドキュメンテーションのカスタマイズ

ノートを整理し UI 要素に割り当て、スクリーン上で注釈を追加できます。これにより、プロトタイプの作成を行いながらも、ドキュメンテーションを常に更新することができます。さらに、プロトタイプが完成すれば、即座にブラウザーを通して開発者に仕様書を届けることができます。

アイデアと同時にプロトタイプ作成

ブレインストーミング、改良されたライブラリ管理、簡易化された調整可能なビュー、調整可能かつ何度も繰り返し使用できるマスター機能、ダイナミックパネルのインライン編集の機能を提供しアイデアを動く形にします。

Axure RP 9 が正式リリースされ次第、本ブログでお知らせいたします。

Axure RP の 30 日間無償体験版を提供しております。是非、お試しください。

[ 30 日間無償評価版ダウンロード ]

Axure RP 製品の詳細は、弊社ウェブサイトよりご覧ください。

[Axure RP 製品ウェブページを見る]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする