コンピュータ支援翻訳ツール MadCap Lingo 10.2 リリース

パワフルなコンピュータ支援翻訳 (CAT) ツールである MadCap Lingo の新バージョン v10.2 が 2018年 8月 6日にリリースされました。今回のリリースで追加されたさまざまな新機能について紹介します。

Adobe® FrameMaker® 2017 の新しいファイル サポート

MadCap Lingo および MadCap Flare の両方で、Adobe® FrameMaker® 2017 ファイルのサポートを使用して、従来のコンテンツを翻訳できます。

カスタム インストール

インストールのデフォルト設定を使用するか、ドキュメントをローカルにインストールするオプションを含む、インストールの機能をカスタマイズする新しいカスタム設定を使用できます。

検索と置換の強化

検索と置換機能の新しい機能は次のとおりです:

First Result Per File (ファイルごとの最初の結果)

検索結果の表示を制限して、用語が複数回出現してもファイルが 1回だけ表示されるようにします。

Quick Find and Replace (クイック検索と置換) ウィジェット ドロップダウン

新しいドロップダウンでは、特定のフィルタリング オプションが提供されます。

Microsoft® Team Foundation Server 2017 および 2018 サポート

Microsoft® Team Foundation Server 2017 および 2018 の新しいソース管理のサポート。

MadCap Lingo 製品の詳細は、今すぐこちらをチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする