Kudan AR SDK で AR iOS アプリを作ってみよう〜オブジェクトを回転させる

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

弊社取り扱いの Kudan AR SDK のエントリーです。

SDK のダウンロードは こちら からお申込みください。SDK を使った開発と、個人開発者のリリースは無料でご利用いただけます。企業の方は有料になりますので、@ytabuchi までご連絡ください。

前回は、マーカー上に表示したオブジェクトをピンチできるようにしました。その他の記事については Kudan AR SDK チュートリアル記事まとめ で、まとめていますのでご覧ください。

今回はピンチに続き、回転をできるようにしたいと思います。

現時点でのサンプルは ytabuchi の GitHub に置いてあります。開発を継続していくので現時点でのスナップショットです。

ViewController の編集

MarkerViewController.swift を編集していきます。

Pinch と同様に回転を検知するメソッド UIRotationGestureRecognizer が用意されています。が、操作を簡単にするために UIPanGestureRecognizer を使います。同じように cameraView にアタッチします。

Pinch と同様にパン(スライド)を検知すると、action に指定した rotateNodeUIPanGestureRecognizer が飛んできます。この translation(in: View?) でどれくらい移動したか?の値が取得できるので、開始時点からの移動距離を角度に変換して各ノードに渡しています。

動作イメージ:

https://platform.twitter.com/widgets.js

この後は

マーカーを選択できるようにしたいと思います。

Kudan AR SDK エントリー一覧

Kudan AR SDK チュートリアル記事まとめ | エクセルソフト ブログ

をご覧ください。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする