BreezoMeter はマウントサイナイ病院の喘息増悪に関する研究を支援

今回は、リアルタイムの大気質データがマウントサイナイ病院の喘息に関する大規模な研究に不可欠な要素となった理由をご紹介します。

環境データを活用した喘息の関連研究

マウントサイナイ病院の Icahn School of Medicine の専門家と LifeMap Solutions の第一の目標は、喘息の増悪のさまざまな原因を探ることでした。

大気汚染と花粉が喘息増悪の原因となることが知られているため、研究者たちは位置情報とリアルタイムの大気質情報を統合することにしました。参加者が喘息の症状を定期的に記録するアプリにこの情報を組み込むことで、研究者は喘息の増悪に対する環境の真の影響に関する豊富なデータにアクセスすることができるようになりました。

適切な大気質データ提供者の探索

マウントサイナイ病院と LifeMap は、環境の影響を系統的かつ信頼性の高い方法で測定しなければならないことを認識していました。

当初、研究者たちは、大気質情報を得るためにアメリカ合衆国環境保護庁 (EPA) に頼っていました。 しかし、チームはすぐに、国際的に事業を拡大する際に課題に直面することに気付きました。EPA が提供するのは米国ベースの大気質情報のみであり、世界のほぼすべての国で AQI の算出方法が異なっています。

リアルタイム精度の重要性を認識

EPA の大気質情報には、さらにいくつかの課題がありました。監視ステーションの正確な位置では情報は正確でしたが、リアルタイムではなく、政府の監視ステーションから離れた地域の情報を得るためには簡単に使用することはできませんでした。政府による大気質レポートの詳細については、こちらをご覧ください。

5d31d52

リアルタイムでハイパーローカルな大気質情報にアクセスできなければ、研究者が環境の影響を喘息の増悪に信頼できる方法で結びつけることは困難です。

マウントサイナイ病院と LifeMap は BreezoMeter を選択

研究者たちは、BreezoMeter の大気質の専門家に助けを求めました。研究者たちはすぐに、BreezoMeter が国によって異なる AQI 測定方法、健康に関する推奨事項の標準化作業をすでに完了していたことに気付きました。BreezoMeter は他のプロバイダーとは異なり、ロケーションベースで 1時間ごとに更新される情報も提供しています。

喘息増悪研究の結果は予想以上に良好

Icahn School ofMedicine の AsthmaHealth アプリでは、合計で 8,600人以上の研究参加者が募集され、登録されました。

同研究の広報担当者は、重度の喘息状態の参加者からのエンゲージメントの高さについて、次のように述べています。

「より重症な喘息症状のある患者は、より積極的に関与し、アプリをより頻繁に使用しているようです。
これらのより重症の患者は医学研究に貢献する意欲が高く、個人的に使用することの利点を経験していると仮定でき、また、このアプリを投薬の「リマインダー」として使用し、トリガーと地域の大気質を自己監視することの利点も個人的に体験しました。」

新しいドクター・ダッシュボード

参加者は、喘息の健康アプリが非常に便利であることを知り、過去の健康データを医師と共有するようになりました。その結果、パイロット・スタディの結果、後にドクター・ダッシュボードの作成につながりました。

ダッシュボードは、継続的な臨床研究と個別化された治療を目的として、電子カルテと連携することができます。

Doctor Dashboard on Asthma Health

重要なポイント

マウントサイナイ病院の研究は、相関研究のための高解像度で毎時更新される環境データの価値を伝えています。

これまでになく、臨床チームは、ダイナミックに変化する環境が慢性疾患に与える影響を解読し、その結果を使用して将来の治療イノベーションに役立てることができるようになりました。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter
2020 年 10 月 21 日
How BreezoMeter Powered Mount Sinai Hospital Research into Asthma Exacerbation