画像圧縮 SDK の技術とアプリケーション

画像の圧縮は、デジタルの世界ではどこにでもあり、画像圧縮に関して気にしている人は多くいません。例えば、携帯電話の写真の容量が足りない、Webページの読み込みが遅い、画像のピクセル数が多すぎるなど、一般的な圧縮の問題が立ちはだかったとしても、効果的な圧縮技術でこれらの問題を解決できるということを考える人も多くはないかもしれません。

一方、今日のソフトウェア開発者は、より優れた圧縮ソリューションをアプリケーションに組み込むために、多くの時間を費やしています。そのため、エンドユーザーが大容量かつ高精細な画像ファイルを管理しやすくするために、画像圧縮 SDK を頻繁に使用しています。

変わらぬ画像圧縮の必要性

ハードドライブ テクノロジーと簡単にスケーラブルなクラウド ストレージの進歩により、従来のデータ管理に関する多くの懸念が軽減されましたが、大容量の画像ファイルは依然として大きな課題となっています。コンプライアンス上の理由からクラウド ストレージを利用できない企業や、クラウド ストレージのコストが法外に高いと感じる企業も少なくありません。

オンプレミスのストレージを追加することは簡単ですが、この方法はすぐにコストがかさむことになります。多くの場合、冗長性の要件を満たすためには、日常的に必要とされる量よりもはるかに多くのストレージを必要があります。また、物理的なストレージを拡張すると、機器の更新サイクルに負担がかかることになります。

しかし、単に画像を保存することは、データ管理の課題の一部に過ぎません。企業がカスタマイズしたソリューションを導入したとしても、大きなファイルを移動することはより困難なものです。また、画像を安全なプラットフォームで迅速かつ容易に共有できなければ、ユーザーはリスクの高いサードパーティのアプリケーションに頼らざる負えなくなるかもしれません。

画像圧縮によって、画像ファイルの全体的なサイズを小さくし、これらの問題を軽減することができます。画像ファイルを圧縮することで、組織はストレージの可能性を最大限に活用し、より簡単にファイルを共有することができます。また、画像圧縮は、画像の読み込みにかかる時間を短縮することで、Web サイトやアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。

画像の圧縮にはさまざまな方法がありますが、いずれもピクセルデータの全体的なサイズを小さくするために、さまざまなショートカットを使用したアルゴリズムを採用しています。場合によっては、圧縮には画像データの削除が含まれ、これにより画質が劣化したり、元のサイズに戻すことができなくなったりすることがあります(非可逆圧縮)。他の方法として、元の画像データを保持しますが、同じレベルの圧縮を行うことができない技術もあります(可逆圧縮)。

画像圧縮SDKとお客様のアプリケーションについて

市販の画像処理ソフトウェアには多くの圧縮オプションが用意されていますが、多くの企業の場合、中核となるビジネスアプリケーション内で、外部に依存することなく画像ファイルを圧縮する機能を必要としています。画像ファイルを他のプログラムで開くと、時間がかかり、効率的なワークフローが妨げられるだけでなく、セキュリティ リスクやバージョンの混乱を招く可能性があります。

例えば、高解像度の MRI スキャンを他の医療機関に送る必要がある医療機関を考えてみましょう。ファイルが大きすぎて電子的に送付できない場合、誰かが別のプログラムを使ってスキャンを圧縮し、電子メールに添付して送付したり、クラウド プラットフォームで共有したりして、問題を回避できるかもしれません。しかし、機密の画像ファイルが、潜在的に脆弱な第三者のアプリケーションによってアクセスされてしまい、突然、重大なコンプライアンス問題が発生する可能性があります。さらに、圧縮された画像は、 EHR システム内の患者のファイルと関連づけられていなかったり、使用した圧縮技術によって画像の完全性が損なわれたりといった問題が発生する可能性もあります。

ImageGear のような画像圧縮 SDK を使用することで、開発者は、セキュリティ、効率性、品質を損なうことなく、画像ファイルの圧縮および変換機能をアプリケーションに組み込むことができます。最適化された標準ベースの圧縮ライブラリは、TIFF、PDF、PDF/A、JPEG 2000、JPEG、DICOM などのフォーマットをサポートしており、高品質な画像を維持しながら高速な圧縮/解凍機能を実現します。

画像圧縮機能をアプリケーションに直接組み込むことの最大の利点は、サードパーティへの依存がないことです。これは、画像ファイルを収集・管理するソフトウェアにとって、ワークフローに支障をきたさないという点で非常に重要です。画像圧縮 SDK を統合することで、画像ファイルをプログラムで管理しやすいサイズに縮小することができ、自動化プロセスに大きく貢献します。また、画像の圧縮はアプリケーション内で行われるため、ファイルのライフサイクルを通して厳格なバージョン管理やアクセス管理を行うことも容易です。

画像圧縮SDKとオープン ソース ソリューションの比較

多くの開発者は、自分のアプリケーションに画像圧縮機能を組み込む際に、オープン ソースの圧縮ライブラリを利用します。これは一見、簡単で低コストのソリューションのように見えますが、オープン ソースのコーデックは、時間の経過とともに予期せぬ問題を引き起こす可能性があります。多くのコーデックは積極的にメンテナンスされていないため、問題のあるバグが解決されなかったり、セキュリティ上の欠陥が深刻なプライバシー リスクを引き起こしたりする可能性があります。

この問題の有名な例としては、”Cornell Codec” があります。 これは、ロスレス JPEG 圧縮をサポートする最初のオープン ソース ライブラリの 1 つで、広く使われていました。1994 年に開発されたこのライブラリは、MIRI、CT スキャン、X 線などの高解像度医療用画像を圧縮する必要のある多くのヘルスケア アプリケーションにすぐに採用されました。

しかし、このコーデックには問題がありました。Cornell Codec は、画像を DICOMファイル (医療用画像処理アプリケーションで使用される業界標準) に圧縮する際に、解凍すると読めなくなるエラーが発生しました。Cornell Codec はオープンソースのソリューションで、多くのアプリケーションに組み込まれていたため、Accusoft がカスタマーのためにコードベースの回避策を開発するまで、この問題は何年も解決されませんでした。

ImageGear のようなサポート体制の整った画像圧縮 SDK をアプリケーションの圧縮ニーズに合わせて選択することで、開発者は、カスタマーが予期しない問題を引き起こすことのない、実績のあるソリューションを安心して実施することができます。包括的な画像圧縮 SDK のもう 1 つの利点は、ほぼすべてのファイル タイプとユースケースに対応できる、さまざまな圧縮ライブラリを提供していることです。例えば、ImageGear は、JPEG (ロッシー/ロスレス/プログレッシブ)、RAW、ASCII、Deflate など、10 種類以上の独自の画像圧縮タイプをサポートしています。

ImageGear : 単なる画像圧縮 SDK ではありません。

画像圧縮機能は、ImageGear の多くの強力なドキュメントおよび画像処理機能の 1 つにすぎません。コードベースのソリューションである ImageGear は、編集、注釈、表示、スキャン、印刷などの機能に加えて、画像変換やクリーンアップ機能をアプリケーションに素早く統合することができます。この SDK ツールキットは、今日の主要なドキュメントおよび画像ファイル フォーマットの膨大な数をサポートし、ImageGear Medical による医療用画像のサポートも提供しています。無料体験版をダウンロードして、ImageGear があなたのアプリケーションで何ができるかをぜひご覧ください。

参照ブログ記事:

Image Compression SDK Technology and Your Applications

Accusoft ImageGear 製品詳細は、こちら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする