UI のダークテーマを搭載したテスト自動化ツール SmartBear TestComplete 15.0 リリース

新バージョンの15.0では、お客様から要望の多かったユーザーインターフェースのダーク テーマの追加、Edge へのテスト拡張機能のシームレスなインストール、OCR機能を使用した Web テストの並列実行、Web ブラウザーの最新バージョンのサポートなどの Web テストの改善とモバイルテストの改善がされています。

TestComplete とは

ユーザーのキー操作、マウス操作を記録して、テスト シナリオを自動生成し、ソフトウェア テストを自動化することで、繰り返しのテストにおいて工数を削減し、短期間で高品質なアプリケーションの提供を可能にします。

デスクトップ、Web、モバイル アプリケーションに対応し、機能/回帰テスト/単体/データ駆動型テストの作成が可能です。TestCompleteは開発ツールに依存しないため、C#、Visual C++、Delphi、Javaデスクトップ アプリなど、作成されたアプリケーションに関係なく、サポートする Windows OS上で動作するアプリケーションの操作を再現し、テストできます。Windows アプリケーション以外にも、Web アプリ、モバイル(Android, iOS) など、幅広いアプリケーションのテストが可能です。

また、スクリーンショットの自動取得機能により、容易にテストの記録時と、テスト結果のエビデンス (証跡) を残すことが可能です。

TestComplete 15.0 の新機能

ダーク テーマ

TestComplete 15 には、お客様から最も要望の多かった機能であるユーザー インターフェイスのダーク テーマが搭載されています。

ダークテーマを試すには、TestComplete のメインメニューから Tools > Options を選択し、General > User Interface > Dark Theme を選択します。

モバイル テストの改善

モバイル端末で開いたテストセッションを、BitBar デバイス クラウドでより簡単に切り替えられるようになりました。モバイル画面では、最近使用したデバイスや接続したデバイスのリストだけでなく、これらのデバイスでテストセッションが開かれたアプリケーションも表示されるようになりました。

Web テストの改善
  • Edge での SmartBear Test 拡張機能のシームレスなインストール。 Chrome 用の SmartBear Test Extension のインストールと同様に、Edge Chromium への拡張機能のインストールもシームレスになりました。このブラウザー用の拡張機能をインストールまたはアップデートするために、TestComplete (または TestExecute) のインストール中に Edge を終了する必要はなくなり、このブラウザーで拡張機能を手動で有効にする必要もなくなりました。
    注意: 拡張機能をインストールする前に Edge Chromium でページを開いていた場合、テスト エンジンがそれらのページにアクセスできるようにするために、ページを再読み込みする必要がある場合があります。
  • 光学式文字認識を使用した Web テストの並列実行。 OCR (光学式文字認識) を使ってオブジェクトを識別する Web テストを、リモート環境で並行して実行できるようになりました。
  • Web ブラウザーの最新バージョンをサポート:

    • Chrome 94
    • Edge Chromium 94
    • Firefox 93

TestComplete の主な機能

UI 操作を自動記録

キャプチャ&リプレイ機能で、キーボードとマウスの操作を記録し、テストシナリオを自動的に作成します。イベントごとのスクリーンショットも自動的に取得されるため、ストーリーボードやエビデンスとしても利用できます。

コードを書かずにテストを作成

テストを作成するにあたり、プログラミングの知識は必要ありません。キーワードテスト機能は、アイコンを並べて操作内容を選択するだけでテストの作成/編集が可能です。初心者でも比較的簡単に作成できます。

スクリーンショットの自動取得

テストの記録時と、再生時の画面のスクリーンショットを自動取得します。テスターが各画面を手動で Excel ファイルに貼り付ける必要はありません。

多彩な検証機能

画面のスクリーンショット、コントロールのプロパティ値、データベース、ファイル等のチェックポイントを設定することで、テストを実行中にアプリケーションの検証が行えます。

外部データの活用

テキストボックスへの入力値や、リストの項目など、テスト内で使用するデータは Excel ファイルや CSV、データベースより取得して活用できます。コードを書かずに GUI 上でデータ駆動型テストの作成が行えます。

クロスブラウザーテスト

ひとつのブラウザーで作成したテストを、Internet Explorer、Edge、Firefox、Chrome のブラウザーで実行可能です。ブラウザーごとにテストを作成する必要はありません。

モバイル アプリケーションの対応

Android, iOS のネイティブ アプリケーション、Web アプリケーション、Xamarin.Forms で作成されたアプリケーションにも対応しています。

TestComplete 製品に関する詳細、無料評価版は、こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする