金融の未来のモダン化: Finastra 社の事例

Finastra 社には、金融の世界をオープンにするという野心的な目標があります。Finastra 社のテクノロジー担当 SVP である Joey White 氏は次のように述べています。

「金融の未来はオープンです。銀行内のクローズ システムはすべて、デジタルの未来に対応するためオープンにする必要があります。」

同氏にとってオープンとは、知らないことを理解すること、具体的には、特定の利用形態を理解すること、そして、変化こそが唯一の不変であることを意味します。銀行やその他の金融機関は、独自の IP を最優先にする必要があったため、長い間クローズ システムに依存してきました。ファックス メーカーが存続できたのは、銀行がクローズ システムに依存していたからです。

しかし、あらゆる産業が DX (デジタル トランスフォーメーション) の現実に直面し、COVID-19 のパンデミックによりその傾向が加速する中、銀行もこのダイナミックな変化と無縁ではありません。世界で最も信頼され、規制されている産業の 1 つである銀行は、顧客へのサービスと顧客ファーストの姿勢を維持する必要性を認識していますが、その方法は変化しています。直接消費者にサービスを提供しているか、第三者を通じてサービスを提供しているかにかかわらず、消費者の信頼を維持しながら進化し、適応することが、近年ますます求められています。

決裁、融資、財務および金融取引、デジタルおよびリテール バンキングにまたがるソリューションとサービスを提供する Finastra 社は、銀行がフィンテック企業やその他のエコシステム パートナーと容易に連携できるようにする必要があると考えていました。また、新たに登場したユースケースとして、銀行がサードパーティのアプリケーションに自社を売り込めるようにする必要がありました。

この双方向のプロセスを強化するには、API と発見可能性が必要ですが、そのためには (従来はクローズである) バックエンド システムをオープンにする必要があります。Finastra 社にとってこれは、従来のサービス モデルから、開発者が運用を管理し、すべてを自動化して顧客に可能な限り最高のエクスペリエンスを日常的に提供するという、配信重視の考え方への意識変革を意味しました。銀行の窓口担当者から経営陣、口座保有者、他の組織の開発者まで、同社のソリューションに関わるすべての人に快適なエクスペリエンスを提供することが同社の目標です。

エンドユーザー エクスペリエンスを成功の指標とすることで、Finastra 社は最近 DevPortal Awards の Best Findability of Products in a Devportal 賞と Best Overall Enterprise Developer Portal 賞を受賞しました。彼らが扱う API の複雑さを考えると、これは信じられないほどの偉業であり、Joey White 氏と彼のチームの懸命な働きの証です。

このオープン バンキングの世界は、API とコネクティビティに大きく依存しており、これらはこの業界の DX において重要な役割を担っています。Finastra 社は、最も経験豊富なエンジニアを集めて毎年シンクタンクを開催しており、コネクティビティは一貫して重要な議題となっています。

Joey White 氏は次のように述べています。

「銀行の運営を維持するために必要な大規模な取引を可能にする信頼関係を築くには、複数のプロジェクト、イノベーション、時間が必要であるため、銀行と銀行をつなぐことは非常に大きな課題です。さらに、接続の監査やオープン/クローズが常に必要なため、コネクティビティを維持することが最大の課題です。」

Kong の API ゲートウェイとサービス メッシュを一緒に使用することで、これらの重要な接続のセキュリティ、暗号化、信頼を強化および制御できます。

将来を見据えて、Finastra 社では、クラウド ネイティブ サービスや最新のテクノロジ スタックを含む DevOps を次の重点分野と見ています。金融サービス業界では、DevOps が自動化とコスト最適化の鍵となり、同社が目指すような成果を実現することができます。

クラウド ネイティブ サービスと自動化を利用することで、毎日何百ものリリースの配信が可能になり、顧客が機能と修正を迅速に受け取れるようになり、顧客エクスペリエンスが劇的に変化します。また、これまで以上に複雑な API と近代的な銀行システムにより、BaaS (Banking as a Service) を促進します。BaaS を実現するには、リクエスト/レスポンスにとどまらず、データを利用して金融機関のサービスを強化し、API で何ができるかにより一層注力する必要があります。

Joey White 氏は、次のように述べています。

「Finastra は、テスト、絶え間ないリリース、そしてテクノロジを心から受け入れ、エンジニアリング主導の会社になりました。」

Kong が提供するコネクティビティにより、Finastra 社の未来は明るく、その目標は達成可能です。


Kong Enterprise の概要、価格、およびライセンス体系などの詳細は、こちらを参照してください。


記事参照: 2022 年 4 月 27 日

© Kong Inc. 2022
Modernizing the Future of Finance: A Kong-versation With Finastra