BreezoMeter の Wildfire Tracker+ で火災の季節に備えよう

BreezoMeter の Wildfire Tracker+ は、山火事情報をリアルタイムで検知、抑制、抽出し、山火事から学び、影響を受けるすべての人々の安全と安心の向上を目標に、過去の状況と現在の状況の両方に基づいた意思決定を行うために必要なツールを提供します。この記事では、新たにリリースされた Wildfire Tracker+ の機能について、より詳しくご紹介します。

高まる山火事インテリジェンスの必要性

米国カリフォルニア州の焼失面積は 2022年の初めから 4月 1日までに前年同時期と比べ 82% も増加しています。

今年初めの IPCC レポートで指摘されているように、気候変動による火災気象の激しさと頻度の増加により、山火事シーズンの悪化が大きな懸念事項となっています。 山火事の影響地域にいる個人にとっては、炎そのものと同様に、有毒な煙を吸い込んだり、空気の質が悪くなったりすることで、致命的な被害を受ける危険性があります。

気候変動の影響は恐ろしいものです。このような災害が発生した場合、多くの人は自分ではどうすることもできないと感じるかもしれません。しかし、山火事のリスクに対して責任を持ち、備えることは、新しい常識となりつつあり、山火事がもたらす壊滅的な影響を減少させる鍵になります。技術の進歩により、エネルギー、公共事業、保険会社など、ユーザーに最新の情報を提供する必要のある企業に対して新しい情報提供方法を提供する新しいソフトウェア システムが登場しました。また、公共安全を担当する機関など、危険にさらされている地域の人々に直接情報を提供し、オンデマンドで提供することが求められています。

Wildfire Tracker+ のユニークな点は?

山火事情報を提供するプラットフォームは数多くありますが、BreezoMeter の Wildfire Tracker+ は、山火事の初期検知から、ダイナミックな天候や雲の状況、異なる気候や植生環境の中で山火事周辺を継続的に追跡し、最終的に鎮火するまで、あらゆるフェーズをカバーする独自のグローバル ソリューションを提供しています。Wildfire Tracker+ では、BreezoMeter の大気質と花粉に関する実証済みの専門知識を活用し、その環境知識と高度な AI 機能を組み合わせています。

BreezoMeter の Wildfire Tracker+ は、環境情報と地域ソースからの火災データを含む様々なソースからのデータを活用し、クラス最高のソリューションと顧客フレンドリーな統合プロセスでグローバルな山火事データとインサイトを提供します。単一のエンドツーエンド ソリューションを購入する最大のメリットは、異なるシステムに情報を統合したり転送したりするオーバーヘッドがないことです。

それでは、Wildfire Tracker+ のユニークな機能のいくつかを見てみましょう。

BreezoMeter の山火事ローカル検知についての理解

山火事でよくある問題は、特に遠隔地や困難な地形では発見が遅れがちなことです。発見されたときにはすでに広範囲に広がっており、鎮火までに時間がかかってしまいます。BreezoMeter は、複数の情報源と衛星データを組み合わせることで、火災をできるだけ早く発見することを可能にします。火災の座標を示すアラートを即座に送信し、火災の影響を受ける地域を明確に定義したポリゴンで地図上にリアルタイムに表示します。

火の通り道とその先を図示

山火事が危険なのは、その荒々しさにあります。いったん火がつくと、さまざまな速度で広がり、数秒のうちに方向を変えるため、火災を予測し、封じ込めるのは困難です。BreezoMeter の Wildfire Tracker+ は、火災データを継続的に更新し、火災の正確な位置をリアルタイムで地図上に表示します。住民が炎に接近していることを認識し、自動車を被災地や道路に近づけないようにし、企業が利益を守るために必要な情報を提供することができます。さらに、火災を追跡するだけではありません。Locate & Track 機能では、火災の周囲に特定の半径を設定して、人や車の動きを監視し、安全かつ無傷であることを確認することも可能です。

Screenshot from BreezoMeter's Wildfire Tracker

焼け跡の地図

山火事が完全に消し止められたとしても、倒木や物的損害で危険な状態になることがあります。そこで登場したのが Burnt Area 機能です。焼け跡を正確に把握することで、避けるべき場所や、すでに被害を受けている場所を特定することができます。

過去の山火事情報による深い洞察

世界中で山火事の検出、追跡、分析が進む中、Wildfire Tracker+ は過去のデータに簡単にアクセスできるようになりました。過去のデータを使用することで、山火事の行動を比較し、山火事統計を分析し、過去の山火事による被害状況にアクセスすることができます。山火事が新たな日常となる中、先進技術を駆使して山火事をコントロールし、山火事とともに生きる術を身につけることは、私たちにとって大きなメリットとなります。

BreezoMeter の Wildfire Tracker+ でコントロールを取り戻そう

Wildfire Tracker+ は、企業、組織、政府機関が不確実性を減らし、リスクを迅速に特定・評価し、テクノロジーの活用により意思決定の質と有効性を向上させることを支援します。Wildfire Tracker+ がどのように人命救助と財産保護に役立つか、お気軽にお問い合わせください。

Wildfire Tracker+ 製品ページこちら

BreezoMeter が提供する API についてはこちら

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。

記事参照:
© 2022 BreezoMeter
2022 年 5 月 9 日

Prepare for Fire Season with BreezoMeter’s Wildfire Tracker+