コンテンツ オーサリングツール MadCap Flare と新製品のコンテンツ管理ツール

さまざまな目的、言語、形式に対応したオーサリングとパブリッシュを可能にする MadCap Flare の最新版である「MadCap Flare 2017」を 2017年 1月 17日に日本国内で販売を開始しました。
同時に新製品のクラウドベースのコンテンツ管理ツール「MadCap Central」の販売も開始しました。

MadCap Flare は、直感的なユーザー インターフェイスによるシングル ソース ドキュメントから多言語のコンテンツ作成および管理、既存のオーサリング プロジェクトのインポート、そして幅広いパブリッシュ形式の生成を実現しました。一方、MadCap Central は、プロジェクトとコンテンツを管理し、チームでの Flare のオーサリング機能を拡張します。

MadCap Flare 2017 の新機能

  • 新しいクリーンな XHTML アウトプット
    MadCap 固有のタグだけでなく、スキン、検索、ナビゲーション、その他の追加機能も削除したアウトプットは、MadCap で生成されたファイルに依存しないため、他のシステムでこの単一ソース コンテンツを再利用する必要がある場合に便利です。
  • ダイナミック プレビュー ウィンドウで印刷および HTML5 などを含むアウトプットのライブ表示
    プレビュー ウィンドウが動的になり、XML エディターで作業および変更中に開いたままにすることができます。
  • インポート時に Microsoft Word の等式を MathML に変換
    Office Math Markup Language (Word で利用される形式)をインポート時に (Web 標準および Flare 形式の) MathML に変換します。
  • トピック タイトルと目次エントリーの同期
    Flare の新しいシステム変数を使用すると、目次エントリーがトピック タイトルと同期することが保証され、トピック タイトルが変更されたとき、目次エントリーは自動的に更新されます。
  • 強力なクラウドベースのコンテンツ管理ツール MadCap Central を統合可能

MadCap Central の主な機能

  • プロジェクトとコンテンツを一か所で集中管理
  • クラウドでプロジェクトとコンテンツをホスティング
  • 複数のタスクビューでタスクの追跡と管理
  • アクセスのコントロールとコンテンツの品質を維持するためのユーザー権限の割り当て
  • 効率的にプロジェクトを管理するためにチームでのコラボレーション
  • 迅速かつ容易にビルドを自動化、管理、パブリッシュ
  • カスタマイズ可能なダッシュボードとウィジェットで完全なプロジェクトの可視性を取得
  • スケーラブルで組織の規模に関係なく利用可能

動作環境
MadCap Flare 2017 の推奨システム

CPU Pentium 4 またはそれ以上のプロセッサー
メモリ 4096 MB 以上
OS Windows 7、Windows 8、Windows 10 (32/64 ビット)
必要なソフトウェア Microsoft .NET Framework 4.5.1
出力されるアウトプットにより、必要となるソフトウェアが異なります。詳細は以下の弊社 Web ページをご参照ください。

MadCap 製品の詳細はこちらのページをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする