次世代の FinTech (フィンテック) 投資ソリューションを迅速にビルドするためのヒント


投資テクノロジーの世界は、投資市場の動きとほぼ同じ速さで進んでいます。適切な FinTech ツールがなければ、今日の個人投資家は最新の金融トレンドから取り残されてしまう可能性があります。そのため、主要な金融サービスへのアクセスを拡大したいと考えている開発者にとって、FinTech 投資アプリケーションは再び重要なポイントとなっています。

FinTech 投資ソリューションの歴史と影響

FinTech 産業の一部として、「Invest-tech (投資テック)」は、革新的な投資管理技術の波を指すこともあります。これらの技術は、意欲的な投資家が新たな機会を生かすために必要な情報や金融サービスを提供するのに役立っています。他の多くの FinTech アプリケーションと同様に、投資ソフトウェアツールは、金融市場へのアクセスを拡大し、消費者が自分の投資判断を直接コントロールできるようにする上で、極めて重要な役割を果たしています。

初期の FinTech 投資市場の多くは、洗練されたアルゴリズムを用いて顧客に投資ガイダンスを提供する「ロボアドバイザー」サービスによって牽引されました。このブームは 2010 年代半ばにピークを迎え、2014 年には記録的な 81 の投資技術ソリューションが市場に登場しました。それ以降は、金融サービス分野の既存企業が有望な企業の買収に動いたため、ローンチの数は減少しています。

多くの場合、これらの買収は、既存のデジタル機能を拡張したり、既存の投資顧客の新たな基盤を確保するために行われました。典型的な FinTech 投資のユーザーは若く、資産も少ないため、多くの新興企業の利益率は単純に低すぎ、顧客獲得にかかるコストも高すぎました。このような背景から、業界の中心は徐々に B2B 市場へと移行していますが、クラウドソーシングによる投資プラットフォームは多くの個人投資家の間で根強い人気があります。 

FinTech 投資ソリューションの現状

FinTech 投資プラットフォームは、COVID-19 パンデミックの後、在宅勤務の義務化と蓄積された貯蓄が相まって個人投資家の増加を引き起こし、人々の意識に再び戻ってきました。2020 年上半期の株式市場の動きに占める個人投資家の割合は 19.5% で、前年から約 5% 増加しました。特に取引の多い日には、個人投資家が市場活動の実に 25% を占めています。

新興企業や金融サービス業界の既存プレイヤーによるモバイル FinTech アプリのおかげで、これまで以上に多くの人々が投資機会にアクセスできるようになり、市場に大きな混乱が生じています。例えば、2021 年初頭に物議を醸した GameStop 株の駆け込み需要は、アクセスしやすいこれらのプラットフォームが投資動向にどれほどの影響を与えるかを示しました。

特に、デジタル機能を拡張して成長市場に参入しようとしている既存の企業からは、このような個人投資家の復活が、FinTech 投資アプリへの新たな関心を呼び起こす可能性があります。

FinTech 投資体験の向上

最新の FinTech アプリケーションを開発する開発者にとって、より良い投資体験を提供するために注目すべき重要な機能がいくつかあります。 

データとポートフォリオの共有

投資ポートフォリオのデータに必要に応じてアクセスできることは貴重ですが、顧客は当然のことながらそのデータのセキュリティに懸念を抱きます。小売り投資アプリを開発する場合でも、管理されたデジタル保管庫を構築する場合でも、開発者は個人情報を安全に閲覧する方法を提供する必要があります。これは、デジタル ドキュメントの場合に特に重要です。閲覧のために外部アプリケーションに依存したり、デフォルトのブラウザビューアを使用したりすると、権限のないユーザーに情報が漏洩する可能性があります。開発者は、セキュアなネイティブビューイング機能を統合することで、投資ポートフォリオのデータを保護されたアプリケーション環境で確実に維持することができます。

独自のリサーチの保護

投資会社と協力することの主な利点の 1 つは、財務上の意思決定を行う際に、投資会社の市場調査にアクセスできることです。多くの場合、財務予測は、スプレッドシートに組み込まれた独自の計算式を用いて算出されます。しかし、スプレッドシートには、セキュリティや互換性の面で多くの問題があります。たとえワークブックが安全に共有されていたとしても、誰かがセル内に埋め込まれた独自の計算式をコピーして別の目的で使用することを阻止できないことが多いのです。 FinTech 開発者は、何年もかけて苦心して開発した貴重な計算式を損なうことなく、スプレッドシートを利用できるようにする方法を必要としています。

データキャプチャーの改善

適切な投資を行うためには、適切な情報が必要です。データはさまざまなソースから得られますが、多くの場合、データを収集して分析しなければ、その情報を活用することはできません。 データ収集のプロセスを自動化することで、その情報をより早くお客様に届けることができます。例えば、税務申告書のような構造化されたフォームからデータを自動的に抽出することで、顧客情報を迅速に更新することができる。また、スキャンしたドキュメントは、光学式文字認識 (OCR) を使って検索可能な PDF に変換することができます。これにより、AI を搭載したツールで、トレンドや潜在的な機会を探すためにデータを簡単にふるいにかけることができます。

適切な FinTech 投資統合の選択

成功する FinTech アプリケーションを構築するためには、開発者は競合他社に差をつける革新的なツールを構築すると同時に、経験や専門知識の範囲外の日常的な機能を実装する必要があります。 ドキュメントの表示、注釈、ファイル変換などの機能は、プラットフォームに不可欠な要素ですが、ゼロから構築するには時間と開発リソースがかかります。 SDK や API を利用することで、開発者は本来のソフトウェア開発の目的を損なうことなく、新しい機能を迅速に導入することができます。

Accusoft は、長年にわたり FinTech 投資プラットフォームと協力しており、開発者が、お客様が期待する表示や画像処理技術を犠牲にすることなく、強力な InsureTech アプリケーションを構築できるよう支援しています。

PrizmDoc Viewer : セキュアな HTML5 の閲覧、注釈、変換、再編集機能を Web ベースのアプリケーションに追加し、開発者はプライバシーを損なうことなく閲覧体験のあらゆる側面をコントロールすることができます。

PrizmDoc Cells : アプリケーションに XLSX のフルサポートを提供し、ソースファイルを公開したり、独自の数式にユーザーがアクセスしたりコピーしたりすることなく、Excel ワークブックを安全にアップロードして共有することが可能になります。

FormSuite : フォームテンプレートの識別やデータ抽出機能をアプリケーションに追加することができ、ワークフローの自動化や効率化を容易に実現する汎用性の高いフォーム SDK です。

ImageGear : 変換および圧縮ツールに加えて、スキャンしたドキュメントを検索可能なテキストに変換するフルページ OCR を提供します。

Accusoft が、次世代の投資技術プラットフォームを推進する FinTech 開発者をどのように支援しているか、詳しくはこちらをご覧ください。

FinTech ソリューション用 API および SDK カタログ

参照ブログ記事 (開発元の Accusoft 社ブログ):  Building the Next Generation of FinTech Investment Solutions